人気ブログランキング |

<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古かろうと新しかろうと安定のメロディアスサウンドを届けてくれる北欧ソロアーティスト PEOが新作をリリース!

c0072376_00340571.jpgLIMITED EDITION(Feat.Peo) 「No More Running」'17

古くは北欧HRバンド AXIAのヴォーカリストとしてマニアには知られた存在な、スウェーデン・ソロアーティスト Peo Pettersson関連の作品が同時に二枚リリースされたのを即GET!

LIMITED EDITIONは、NOCTURNE ALLIANCE等と同じくPeoが2000年代初頭に数多くコラボしていた創作活動の一つで、それ以前の80年代中期から Dan Bostroem(G)とのコラボ・ユニットであるKINGS & DREAMSの方が14年に一足先に音源発表を果たした訳だが、こうしてやっと噂の音源がリリースされる事になったのを喜びたい。

と言うか、Peoさん一体どれだけコラボしてるのか正直把握しきれないくらい昔からコツコツと多方面で創作活動していて(汗)、まだまだ陽の目を見てない音源が多数ある模様で、そっちも早く聞かせていただきたいものである…

ジャケにクレジット等が一切ないので参加メンツ等について不明(ジャケ裏にメンバー写真はあるけど…)なので録音時期など仔細は全く不明です(汗

さらにバンドサイトも無い模様で、きっとかなり長い期間をかけてコツコツ録音された古い音源の集合体なのでしょう。

サウンドの方は全体的に80年代中期風の北欧HR(多分にスリージーでロックンロール成分あり)と言う感触で、残念な事にリードヴォーカルをPeoがとっていない楽曲も多数含まれている('A`)
というか、もしかしてフューチャリングPeoとはなっているが、本作においてはPeoはギタリスト兼サイドヴォーカリストというスタンスで(!?)参加しているのかも?

なので、メロハー・アーティストのPeoのソロ作を気に入っていた方にとっては、いつもの求めている音とはかなりズレているサウンドと言える…

とは言え、Peoがリードヴォーカルをとる楽曲では、ちょっとヘヴィで70年代HR風味が香るオルガンが唸りを上げ、ハードなギターがブルージーに噎び泣くものの総じてキャッチーでスピーディな北欧メロハー・サウンドを聞く事も出来き、レイドバックしたそのレトロ風味なサウンド好きな方やPeoが最初期に参加していた北欧HRバンドAXIAのサウンドなんかが気に入っていた方なら多少趣は違うものの古典HRなのできっと御気に召すのじゃないかと。

まぁ、リードヴォーカリストのベシャっとツブれたようなダーティーな錆声は好き嫌いが分かれるのは間違いない。
カントリーとかブルーズとかにはマッチしそうな声なんですけどね…メロハーにはちょっとキツいなぁ…('A`)

なんだかんだ苦言を呈しましたがあくまでメロハー好きという観点からだけで、むしろPeoどうこう無しでパープル系な疾走する70年代UK風HR(北欧ミュージシャンはホント好きですなぁ)が好きな方(元ネタが透けて見えてるのが微笑ましい)はチェックしても損は無い一枚と言えるでしょう。

c0072376_00343620.jpgPEO & ROD WEST 「Two Worlds」'17

続いては、北欧メロハーの名盤の誉れ高いPeoのソロ・デビュー作「Look What I've Started」'95 を共作し、4thアルバム「Better Not Forget」'09でも一緒にプロデュースをしていたお馴染みオーストラリアのライター Rod West氏との再びのコラボレーション作をご紹介。

本作ではPeoはギター、キーボード、ヴォーカルとここの所の幾枚かのアルバムで他人に任せていたパートもしっかりプレイしている他は、リズム隊の二人だけ参加の3ピースバンド体制で製作されている初期風の造りで、それも影響しているのかデビュー・ソロ作に近い感触を覚え、シンプルでストレート、そして爽快でキャッチーな所謂Peoファンが彼に求めているだろうリラックスしたポップロック作だ。

幾分かポピュラーミュージックに寄ったAOR風サウンドなので少々ロックテイストは弱めでメロハー作とは言い難いかもしれないが、相変わらずの抜群に巧い歌声と北欧ミュージシャン特有の透明感あるメロディアスな楽曲が十分に堪能出来るのは間違いない。

スピーディーで爽快なロックテイストは弱まっているが、替わって落ち着いたアダルトな雰囲気と深い味わいが表現された大人なサウンドで個人的には大変良いアルバムだと思うのですが、初期の彼のソロ作のサウンドが好きな方には少々物足りなく感じられるかもと予想も出来るので、後はご自身の耳でチェックして、コレは“アリ!”なのか“ナシ!”なのかジャッジされるのが宜しいかと。

二枚とも相変わらずのR製CDなのが悲しいですが、このR盤が売れて資金が貯まったなら是非ちゃんとしたデュプリ盤をリリースしてくれる事を祈って…



by malilion | 2017-08-25 00:21 | 音楽 | Trackback

USAシンフォ FOREVER TWELVEに元MARS HOLLOWのフロントマンが加入して久しぶりの新譜リリース!

c0072376_00375375.jpgFOREVER TWELVE 「Home」'17

7年ぶりの新作となったアメリカ産シンフォ・バンドの4thがリリースされたので即GET!

この短くないインターバルの影響でかメンバーチェンジが勃発した模様で、ヴォーカリストが女性から男性へチェンジし、ベーシスト不在の4人組としてこの新作は製作されている。

新たにフロントマンに招かれたのは、YESへの憧憬を隠さぬサウンドを聞かせたUSAプログレバンドMARS HOLLOWに在籍していた John Baker(Vo、G)で、12年リリースのシングルの時点でゲストヴォーカルとしてその歌声を既に披露していたが、当時はまだMARS HOLLOWが解散するかしないかの瀬戸際だった為かヘルプ扱いだったのだろうが、今回こうして晴れて正式メンバーとしてその歌声を届けてくれたのをまずは祝福したい。

元MARS HOLLOWのリズム隊は一足先に新バンドHELIOPOLISを結成してアルバムデビューを果たし、そのバンドメイトも BOX OF SHAMANSのデビュー作までリリースしている訳だが、少々遅れてではあるが元MARS HOLLOWのフロントマンであった John Bakerもこうして再び表舞台で活動を再開したのを見ると、何気にMARS HOLLOWって後々2010年代USAシンフォ・バンドの歴史的に重要なバンドっていう位置づけになったりして(w

さて、フィメール・ヴォーカルのシンフォ・バンドとして以前から彼等のファンだった方にとっては一番の注目点だろう新フロントマン John Bakerの歌声だが、MARS HOLLOWはYES系シンフォ・バンドだったものの定番のアンダーソン症候群(地声が似てない。若干、高音域で似せてなかくもなかったかもだけど…)ではなく、シャウトする事もガナる事も無く高めの中性的な地声で柔和な歌声を聞かせるユーロポンプ系スタイルだった訳だが、本作では若干高音を多様するような歌い方に変化し、前作までは可憐なフィメールヴォーカルに野暮ったい野郎声の多重ヴォーカル・パートやバックコーラスが絡む楽曲も多々聴かれたが、この新作ではMARS HOLLOWでは聞けなかったヴォーカル多重録音のYES的一人コーラス(他メンバーの下手糞コーラスを捨て去ったのは英断!)を John Bakerが披露し、専任ヴォーカリスト故かヴォーカル・パフォーマンスは以前以上に張り切っているのが分かる。

USAプログレ・バンドは昔からYES影響下にあるバンドが多くこのバンドもその例に漏れない(GとかBが露骨…)訳だが、それだけでなくMARILLION、CLEPSYDRA、FLAMBOROUGH HEAD等の近年のシンフォ系バンドの影響もチラつくモダンなサウンドが特徴で、この新作もUSAシンフォ・バンドらしいスピード感と、テクニカルでエモーショナルなギターと繊細で華麗な音色を響かせるキーボードが絡み合いながら屈折した展開を見せる楽曲でありつつ妙なヘヴィさの無い、アメリカ産らしい抜けの良い透明感あるクリアサウンドを披露しているので旧来からのファンもご安心いただけるかと。

と言うか、男性ヴォーカルになった事でかバックのサウンドもその歌声に負けんばかりにパワフルでシャープなモダン・サウンドへ一気に数段上のレベルへステップアップし、これまでのインディ臭いアンダーグラウンド臭が一気に払拭される相乗効果も生み出す事になったのは予想外でした(*´ω` *)

今回のメンバーチェンジはバンド存続の危機が好機に転じた良い例なのでしょうが、ただ良い事ばかりでもなく、以前の女性がフロントマンだった頃はバンドサウンドはYESの影響が色濃く窺えようとも聞こえてくる可憐な歌声で幾分その印象が薄れていた訳だが、男性ヴォーカルになってロック的なダイナミスクがサウンドに生まれると類型的なYES系サウンドへ接近して聞こえるというネガティヴな問題も露骨に前面へ浮かび上がってきてしまっているので、そこは以降の大きな課題と言えるでしょう。

まぁ、YES系シンフォ・サウンドはプログレ好きにはウケの良いジャンルというか一つの売れ筋カテゴリーなので、それはそれで有りっちゃ有りとも言えるんですけどね…(汗

本作では John Bakerはヴォーカルに専念しギターは一切プレイしていないが、もしかしたらLIVE等では音の厚みを出す為やよりテクニカルな楽曲をパフォームする為にプレイするかもしれない(プログレ・バンドのインストパート中ヴォーカリストは暇だものね…)ので、次作でその辺りがどうなるかも注目したい点だ。



by malilion | 2017-08-24 00:32 | 音楽 | Trackback

ベテランHRバンドの意地を見た! LUCIFER'S FRIENDの新作!('(゚∀゚∩

c0072376_00041431.jpgLUCIFER'S FRIEND 「Too Late For Hate」'16

URIAH HEEP二代目ヴォーカリスト John Lawtonが元在籍したバンドとしても有名なドイツの古参HRバンドの再々結成後初の純然たる新作を、かなーり遅れてGETしたのでご紹介。

以前ここで紹介した再々結成第一弾「Awakening」'15 が肩慣らし的な過去曲リマスターBEST+新曲4曲という変則的なアルバムで、収録されていた新曲の出来が今一つパッとしなかったので購入を躊躇っていた訳だが、この新作を聞いた方ならそれは杞憂だと即理解されるはず。

本作からキーボーディスト Jogi Wichmannを新たに迎え、昔ながらの五人編成バンド(オリジナルメンツ3人+新人2人)へ体制を整えたのも何かの科学反応を誘発させたのか、BEST盤収録の新曲のつまらなさが嘘のような充実の内容で、適度にハードでありつつ、キャッチー且つコンパクトでフック満載な古典HRのメロディアス・チューン(しかも、ちゃっかりモダンなアレンジもされてる!)がズラリと並ぶなかなかの力作となっている。

ただ売りの一つだった John Lawtonのハイトーン・ヴォイスはさすがに年齢的にもう聞く事は叶わないが、その代わりといってはなんだが実に深みある中音域のメインの歌唱法にチェンジしていて、その艶やかで魅力的な歌声はハイトーンが無くとも凡百のヴォーカリストなんぞ敵わない巧さと味を醸し出し、さすがはベテランといった貫禄を見せつけている('(゚∀゚∩

最先端のHMサウンドではないし、特に凝った展開の曲がある訳ではないが、じっくり聞き込むとオーソドックスな展開の楽曲のそこかしこに顔をだす細かなアレンジだったり、バックのコーラスだったり、キーボードの使い方や後ろでリズムを刻むギターだったりの音色やアレンジ等々に地味に拘りまくりな跡が窺える、これまで音楽性を拡散させてきたベテランならではの小技がしっかり効いている力作と言えましょう。

1970年アルバム・デビューなのでメンバーフォトを見るまでも無くオリジナルメンツは皆好々爺然としていて以前のようなスピードチューンはさすがに厳しいのか収録されておらずミッドテンポな楽曲ばかりなのでその手を求める方には向かないのは明らかだが、ベテランならではの絶妙なアレンジの効いた古典メロディアスHRサウンドをじっくり味わえる方になら、絶対に気に入って貰える一枚だ。

最近のハードでファストなサウンドを聞き慣れている方には少々刺激が足りない音かもしれないが、ちょいちょいモダンなアレンジ(地味にキーボーディストの小技が効いている)も顔をだして、簡単に懐メロバンドにはならんぞ!と、リーダー Peter Hesslein(G、Key)の現役への拘りとプライドが感じられて実に微笑ましいのです(*´ω` *)

これが最終作と言われても驚かぬベテランの彼等ですが、出来る事ならもう少し活動を続けて新たな一枚を一日でも早く届けて欲しいものであります。



by malilion | 2017-08-21 23:57 | 音楽 | Trackback

TNT+STRYPER=ANGELICAってイメージのバンドご存じ?

c0072376_20070444.jpgANGELICA 「Walkin'in Faith」'90

初代KANSASフロントマン Steve Walshのソロ新曲「Born In Fire」が英ラジオ番組『Steve Price Rock Show』で解禁された。

カナダの4人組CCM系メロハー・バンドANGELICAの2ndに参加していた二代目ヴォーカリスト Jerome Mazzをフィーチャー(存在感余り無いけど…)したハードにドライヴィンするキャッチーな新曲で、11月に発売されるという前ソロ作から5年ぶりのソロ・アルバムに収録される予定らしい。

との最新情報を目にして、本日は久しぶりにカナダ人ギタリスト Dennis Cameron率いるCCM系メロハー・プロジェクトバンドANGELICAを引っ張り出して聞いておりました。

このANGELICA、デビュー当時はイマイチ不明な点が多く、1stのバンドメンツが並ぶインナーの写真を見ると Andy Lyon(Vo)、Scott Ernest(Ds)、Robert Pallen(B)、Dennis Cameron(G)の4人が収まっているのですが、実際アルバムに納められている歌声はDRIVERプロジェクト(Rudy Sarzo、Tommy Aldridge、Tony MacAlpine、Rob Rock)でその歌声を披露していた、後にIMPELLITTERIで長らくフロントマンを務める事になる Rob Rockと何故か一曲だけ 当時SHOUTで活動中の Ken Tamplinが歌声を披露しているというクレジットとパフォーマーが一致していない怪作で当時『一体コレはどういう事なんだ?』と頭を悩ましたものでした(汗

まぁ、後にDennis Cameronが語った所によると、デビュー作をカリフォルニア州コスタ・メサで89年に録音していた当時、まだまだ経験不足だった各メンバー、特にヴォーカリスト Andy Lyonのヴォーカル録りとプロデュースに力を貸してくれるよう同好のクリスチャンメタル・ミュージシャン Ken Tamplinを招いたもののそのプッシュに Andy Lyonが燃え尽きてしまい、急遽 Ken Tamplin人脈の Rob Rockを招いてヴォーカル録音を行った、というのが真相のようです。
それで責任を感じたのか Ken Tamplinも一曲で歌声を披露してたんですね…

面白いのは Ken Tamplinの提案ではヘルプで呼べるクリスチャン・ミュージシャンのヴォーカリストは二人いて、一人は Rob Rock、もう一人はALLIESでの活動の後ソロ・アーティストへ転向するアノ Bob Carlisleだったという事で、もし Dennis Cameronが Bob CarlisleをチョイスしていたらANGELICAの活動にその後どういう展開が待ち受けていたのかと妄想してしまいますねぇ…

恐らくその時点では Andy Lyonの心の傷が癒えてフロントマンに復帰させようと思ってメンバーショットとクレジットは元のまま(Rob Rockは完全にヘルプで加入するつもり皆無だった)にしておいたんでしょうが、結果的に自身のヴォーカルレベルと Rob Rockの歌声の差を無残にもハッキリと自覚させられ歌声をレコードに残すことなく脱退してしまい、続く2ndで Jerome Mazzが加入(Dsは居ない状態で2ndは製作されている)する、という経緯なのでしょう。

パワフルで野太い地声でハイトーンもこなす濃い目な歌声の Rob Rockと打って変わって、甘い声質な Jerome Mazzのクリアなハイトーン・ヴォーカル(ちょい John Elefanteに似てる?)は如何にもCCM系という声なので、Steve Walshの上から下までカバーするパワフルな歌声とかなりの音域で被ってしまい、「Born In Fire」ではイマイチその真価を発揮出来ていないように聞こえますが、まぁメインは Steve Walshの歌声なんでそれも当然っちゃ当然ですけど…(汗

CCM系HMに共通なキャッチーなメロディと分厚くクリアなコーラス、そしてコンパクトな楽曲の中で光りを放つ Dennis Cameronのテクニカルなギターというコンセプトは、再びフロントマンを Drewなるアメリカ人シンガーにチェンジした続く3rd(国内盤も出た!)「Rock,Stock&Barre」'91、4th「Time Is All It Takes」'92でもデビュー以来一貫して変わりないので、彼等の4枚あるどのアルバムを聞いて気に入って他のアルバムを買おうかと悩まれている方がいても、問題なく他のアルバムもお薦めできるレベルです。

個人的には一番HMらしい音像でストレートでパワフルな歯切れ良い1stより、よりポップでキャッチーさが増したこのマイルドで爽快なサウンドのCCM系メロハーな2ndの方が好みのアルバムですね。

薦めておいてなんですが、あえて苦言を申しますと、3rdはちょっとベースが五月蠅いし自己主張し過ぎかな、と…後、横ノリなアメリカン・ロック要素が増えてストレートな爽快感が後退してるように感じます。
4thは、バンド崩壊の影響か一気にドライで作りモノ臭い安っぽい音になってポップさやキャッチーさがメインでない所謂時流を意識したパワフルなサウンドになってしまい、これまで彼等を好ましく思わせていた耳を惹く歌メロや楽曲のフック、そして爽快感というものが減退してしまったのが少々残念でした。

Dennis Cameron的にはやっとメンツ固まってバンド体制になった3rdからが本当の出発だと思っている模様ですが…でも、続く4thでデビュー以来の盟友だったはずの Robert Pallenさえ脱退し、Drewと二人だけのデュオ体制になってしい、結局は終始プロジェクトというイメージも実態も覆せなかったんですよね…(つд`)



by malilion | 2017-08-09 20:02 | 音楽 | Trackback

過去と今、そして未来…未来あるの? GLASS TIGERのBEST

c0072376_23500753.jpgGLASS TIGER 「Then Now Next」'12

ちょい前に紹介したカナダのハードポップバンドの今の所、最新作BESTを購入したのでご紹介。

タイトルが示す通り、数曲の新曲といつもの代表曲(のシングルバージョンとラジオエディット)を納めたBEST盤なのでアルバムを既に持っているファンでも安心して手が出せる品です。

で、注目は新曲の出来ですが、初期の雰囲気に近い感覚もありつつ今風なモダンなアレンジを成されたキャッチーでコンパクトな佳曲ばかりで、なかなかそつない手堅い仕上がりになっております。

旧曲の方もリマスタされて今の耳で聞いても遜色ないレベルに磨かれているし、その上シングルバージョンでアッサリ聞けるので、彼等を知る入門盤にはいいかもしれません。

個人的には殆ど別曲のように仕上がっている、バックの音をググッと抑えた男女ツインのコーラスがメインな『Thin Red Line』の仕上がりは元曲以上にしっとりとした雰囲気が漂う極上の完成度で、BEST盤と侮れない(20周年記念版1stに収録)一曲でした。

Track Listing
1. I’m Still Searching (Single Version)
2. Thin Red Line (Reverence Mix)
3. My Song (Single Version)
4. Diamond Sun (Single Version)
5. I Take It Back
6. I Will Be There (Single Version)
7. My Town (Single Version)
8. Love Is On The Way
9. Someday (Single Version)
10. Healing Hands (Radio Edit)
11. Animal Heart
12. Don’t Forget Me (When I'm Gone) (Single Version)
13. Stand Up (Give Yourself A Hand)
14. So Blind (Radio Edit)
15. You’ve Got To Hide Your Love Away


しかし、出すBEST毎に必ず未発表音源やバージョン違い、そして新曲等を収録してくる彼等…ホントはそろそろ純然たる新曲のみを納めた新譜をリリースしたいんじゃないの? と、思える活発な活動を続けておりますね。

さらに新曲はちゃっかりラジオエディット版も納められているので、ちゃんとシングル版を買わないとフル版は手に入らないというコレクター泣かせな仕様…orz

一番売れたデビュー作も20周年版やバージョン違いを集めた別版もあったりで、なんだかんだと商根逞しい彼等なのです…



by malilion | 2017-08-07 23:43 | 音楽 | Trackback