人気ブログランキング |

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

北欧お助けマン自身のプロジェクト・バンド作は当然高品質なのです(`ω´* )


RADIOACTIVE 「Legacy」'15 c0072376_1033386.jpg

今月久しぶりに新譜が発売された彼等の旧譜をコンプリートし、さらに未発表新曲3曲(日本盤ボートラも本作は完全収録)を追加した全43曲入り3枚組セットがリリースされたのでGET!

毎度豪華なゲストが招かれる事でメロディアスHR&AORファンに有名なスウェーデン出身のギター兼キーボード奏者(北欧お助けマン) Tommy Denander率いるメロディアスHRプロジェクトで、内容の方は既に方々で評価されてるので触れませんが、メロハー・ファンなら押さえておいて損は無い一品ですね。

Steve Lukatherや Jeff PorcaroをはじめTOTOのメンバーが殆ど全員参加している点や、ソロ・バンド・プロジェクトと方々に引っ張りだこな実力派シンガー Thomas VikstromやLAST AUTUMN'S DREAMの Mikael Erlandsson、ALIENのオリジナルVoの Jim Jidhed、そして Yngwie Malmsteenや Marcel Jacobの所謂RISING FORCE関連や北欧系の有名所、アメリカン・ロック系だとHOUSE OF LORDSのシンガー James ChristianやJOURNEYの Neal Schon、KISSでお馴染みな Bruce Kulick、Ken Tamplin結成バンドのMAGDALLANやUNRULY CHILDの三代目Voとして歌声を聞かせた Philip Bardowellなどなど注目ポイントが多すぎるプロジェクトなのですよねぇ~

他にもMSGで有名な Gary BardenやBLUE MURDEやWHITESNAKEで有名なフレットレスベースの名手 Tony Franklin、BON JOVIやDIRTY LOOPS楽曲提供で有名な北欧作曲家 Andreas Carlsson等々、参加ミュージシャンが多すぎて列挙しきれない程なので、品質さえ高ければバンド作にこだわらないという方や、ゲストミュージシャンに興味がある方は是非チェックして見て下さい。

そうそうブックレットの楽曲クレジットにミスがあってボーナスの新曲の収録順がミスプリントされていますが、裏ジャケのクレジットが正解です。

言うまでも無くアルバム自体の質も高品質なので、決して裏切られる事はないですよ!
by malilion | 2015-03-27 10:27 | 音楽 | Trackback

巧いヴォーカリストが歌うJOURNEYトリビュート作の出来が悪い訳がない!


ROB MORATTI 「Tribute To Journey」'15 c0072376_15514614.jpg

カナダの大御所プログレ・ポップバンドSAGAに短期間在籍し、たった一枚アルバムを残して脱退してしまった他、自身のメロハーバンドFINAL FRONTIERやAOR系ソロ作でメロハー・ファンにはお馴染みなカナダ人シンガー Rob MorattiによるJOURNEYトリビュートアルバムがリリースされたので即GET。

マイナーなデビュー・バンドのMORATTIの頃からその歌声を聞けばJOURNEYへの憧憬アリアリだったのが丸分かりでしたし、ファンならばこうしてJOURNEYトリビュート作を彼がリリースしたとしても少しも驚かないでしょう。

で、内容の方は殆どオリジナルに忠実でアレンジ等コレといって特筆するような所はありません。
強いてあげると、同じ曲を似せて演奏する事でJOURNEYのオリジナルメンバーのプレイヤー・スキルの高さが浮き彫りにされて、改めてその素晴らしさを再認識出来た事かなぁ?(汗

Rob Morattiの歌声は Steve Perryに比べてより朗らかでシャープな印象を受けますが、本家に比べて深みや黒っぽいフィーリングが足りないように思えます。
まぁ、どっちが良いか悪いかではなくソコは好みの問題って事で。

ハイトーン・パートの歌声は、かなり頑張ってクリソツに近づけてるのが微笑ましいですね(w

収録曲もお馴染みのヒットソングばかりですので、彼のファンならずともJOURNEYファンならチェックしてみてもいいかも。

01. Separate Ways
02. Only The Young
03. Don't Stop Believin'
04. Faithfully
05. Ask The Lonely
06. Who's Cryin' Now
07. Lovin' Touchin' Squeezin'
08. Stone In Love
09. Anyway You Want It
10. Why Can't This Night Go On Forever
11. Be Good To Yourself
12. Mother Father

1000枚限定盤という事なので、お求めの方はお早目に。
因みに私のは368枚目でした(w
by malilion | 2015-03-25 15:48 | 音楽 | Trackback

再結成って夢、無残な結果になる事が多いんスよね…('A`)


HARLEQUIN 「Waking the Jester」'07 c0072376_2132725.jpg

CHINA SKYの再結成作を聞いていて、同じように再結成で音が変わってダメになったバンドがあったなぁ、と思い出して今日はHARLEQUINの最新スタジオ作(09年のLIVE作以降、音源発表は無いよね?)を聞いておりました。

70年代後期に結成され80年代中期に解散し、アメリカン・プログレハードとAORの中間のような良いトコ取りした産業ロック&ハードポップ風の高品質な4枚のアルバムを残しているカナディアン・ハードポップ・バンドの彼等、再結成前の作品は今の所2枚CD化しているのでそのサウンドを耳にした事がある方も多いはず。

で、この再結成作の方ですが、2004年にオリジナル・メンバーでヴォーカリストだった George BelangerがHarlequin II としてソロ・プロジェクト(?)の格好でアルバムを発表した後、新メンバー4人(Dsはセッションマン?)を集め、オリジナル・バンド名のHarlequinを晴れて名乗り(権利問題をクリアしたんでしょうね)本作を2007年にリリースしたんですよね…

その後、2009年に「On/Q Live」なるLIVEアルバムを同じメンツでリリースして以降の動向は不明です。
音源リリースからかなり間が空いていますし、すでにバンドは…かもしれません。サイトは残ってるけどね…

まぁ、ヴォーカルだけ同じでバックのメンツが全く違うし、流行してる音楽形態も様変わりしてるから当然なのですが、オリジナルバンドのサウンドの面影は皆無と言っていいこの再結成作を最初聞いた時『アレ? 間違えて違うバンドのCD入れたっけ!?』と数秒、混乱したのを思い出します。

ダークで如何にもグランジを意識してる風な生っぽいサウンドとダルな雰囲気、ワイルドでラフなコーラスに荒っぽいヴォーカルの歌い声、ロックンロール調な埃っぽい曲調、と、以前の彼等のサウンドの特徴だったメロディアスさも煌びやさも欠片も残っておりませんでした…Keyプレイヤもメンバーに名を連ねているものの存在感は皆無で、コレじゃ以前のファンも手を出さないよなぁ…('A`)

かってのツインGの片割れでメインソングライターだった G Willowsが一曲だけギターソロを披露しているものの、楽曲の雰囲気に変化はありません…

解散以前の3rd「One False Move」は2012年にリマスターでCD化されているので、もしかしたら残りの未CD化作も未評価な名盤として何れCD化されてリリースされるかもしれませんが、再結成後の彼等の作品はきっとこのまま歴史の闇に消えていくように思えます…orz
by malilion | 2015-03-24 02:06 | 音楽 | Trackback

夢よもう一度! とはならなかった模様…(つд`)


CHINA SKY 「II」'15 c0072376_1917185.jpg

'88年にメロディアスHRファンから名作の呼び声の高いアルバム『CHINA SKY』をたった一作残して消えた米フロリダ産メロディアスHRバンドが、まさかの再結成し復活作をリリースしたので即GET!

デビュー作時はVo&G&Bの3人組だったが、本作ではオリジナルのV&Bに加え新ギタリストを迎え、Key入り5人組バンドとして27年ぶりに活動再開。

1stアルバムのキャッチーな分厚いコーラスに造り込まれ磨き抜かれたブライト・サウンドがモロにJOURNEY、SURVIVORを彷彿とさせる如何にもラジオ受けしそうな80年代産業ロック路線だったが、流石にこれだけインターバルが経過したのが影響したのか、本作2ndでは楽曲全体にまったり感と枯れた味わいが増し、爽快感を失ったのと引き換えに哀愁漂う渋みが効いたAOR路線サウンドに様変わりしてしまった。

ポップでフック満載の歌メロ、コンパクトで無駄の無い楽曲、そしてメジャー感ある上質なプロダクションと、金の掛かった高品質サウンドの露骨な産業ロック路線を期待する向きには正直ガッカリな出来に聞こえる事だろう。

老兵は消えゆくのみ…とは言いたくないが、楽曲の質もプレイも、そしてプロダクションも含めて今の新人メロハー・バンドに及ばない出来なので、彼等の1stを知らないメロハー・ファンは無理して購入する必要は無い一作に思える……ちょっと残念だ('A`)

彼等の1stアルバムをお持ちで、コレクターズアイテムとして彼等のカタログを揃えておきたいというマニアにのみお薦めな一枚でした。
by malilion | 2015-03-21 19:12 | 音楽 | Trackback