人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新生……って、いうかもう別バンド? いいアルバム作るなら名前なんてどうでもいいのになぁ…


Karnataka 「The Gathering Light」'10c0072376_23253649.jpg


約7年程前に解散してしまったハズだったUKシンフォグレ系バンドが、中心人物のb以外のメンバーを一新して蘇り、通算4枚目のアルバムを届けてくれました。

まず、ジャケからして美しい。
“やはりシンフォ系にはこうあって欲しい”というような、コレは期待出来そうと思わせるジャケだ。
で、内容の方もうれしい事に、予想通りに素晴らしい作品でした。

IONAほどトラッドトラッドしておらず、他のフィメールシンフォ系のようにシンフォシンフォもし過ぎておらず、グレ系というカテゴライズが間違ってるんじゃないか、ってくらい難しい事は何もしてない、ごく普通にシンプルでストレートな楽曲なのですが、しっとりドリーミーなVoと泣きまくりのG、そしてキラキラと煌びやかなシンセが美しく絡み合い、なんとも物悲しく艶やかな唯一無二のシンフォロックを描き出しているのは、さすがベテランの貫禄といった所か。

アルバムを聞き終えて耳に残ったのが、Voをホガーズにチェンジして売れ線へちょっと方向転換した当時のマリリオンのような、ポップでリリカルなKeyの音色が個人的には嬉しく、そして特に印象的でしたね。
まぁ、メンバーが違うんだから当然なのですが、新加入のGとKeyが以前のKarnatakaには感じられなかった華やかさを演出し、抜群にいい仕事してるように感じました。

勿論、新フロントマンのVoリサ嬢も、ポップで非常にメロディアスな楽曲を可憐に歌い上げ、いい仕事はしてるのですが、なにせ元々フィメールVoが自分は苦手なもので、特にコレ! というような印象は受けませんでした……ファンの方、申し訳ない(汗

所でどうもハッキリしないのですが、伝え聞くゴシップによると約7年前に準メンバーのバック・コーラス兼フルートだった、アン・マリー・ヘルダーを正式メンバーに昇格させたのがこのバンドの不運の始まりだったようで、まるで第三期パープルよろしく、元々のフロントマン(いや、ウーマンか)であるメインVoレイチェルとどちらが声を聞かせるかでいがみ合い、最終的にバンドからアンは脱退してしまうのですが、パープルと違ったのがアンがKarnatakaから出ていく時、レイチェルとベース(bとVoは夫婦)を除く残りの全メンバー(ギター 、ドラム、シンセ)を引き連れて新バンドPanic Roomを結成(したたかな女だなぁ…)してしまった、というウソのようなホントのお話が事の顛末のようです。

普通なら、その残されたメンバーの2人が新たにメンバー補充して新生Karnatakaを始動させる所なのですが、Voのレイチェルは以前にここで紹介したThe Reasonigに現在在籍している事からも分かるように既にKarnatakaに在籍(バンドのゴタゴタが原因なのか、その後bとVoは離婚してしまったのです…)しておらず、結局b以外の全メンバーがKarnatakaから脱退してしまった、という事になり、バンドはそのまま解散してしまった訳だったのですが、(その後、bの彼は彼で新しいバンドを立ち上げた模様だったハズなんだけどなぁ…)何がどうしたのか今回こうして7年ぶりにメンバーを一新して新生Karnataka(つーかもうそれって完全に別バンドだよねぇ…)として新譜を届けてくれた訳だし、まぁ良しとしましょうか。

しかし、全メンバーが出て行くって、Vo&Bの夫婦のバンド内での行動に他のメンバーがウンザリしてたのか、それとも音楽的な方向性で前々から揉めていたのか、どっちにしろ中心メンバーのbがかなり嫌われてたんじゃないのかなぁ…とかって、これまでの経過から想像しちゃいました。
また同じような事がまた起らない事を祈って、新作を待ちましょうか…
by malilion | 2010-02-25 23:25 | 音楽 | Trackback

フレッシュな新人らしい音を期待してたのに…


DREAMLAND「EXIT49」'09c0072376_1744843.jpg

前作から2年ぶりに、HAMMERFALLのシンガーJoacim Cansに見いだされたバンドとして鳴り物入りでデビューした、Sweden産メロパワバンドの通算3作目が久しぶりに届けられた。

で、新作だぁ! と喜んだのも束の間、何!? なんなの、このくらぁーいジャケは???
ジャケイメージが前2作と違うのでもしや……これは路線変更を意味してるのだろうか?
一抹の不安を感じつつ、CDをスタートすると……

一聴して妙な違和感を感じる。
いつも通りな、キャッチーなメロディ・ラインにスピーディなサウンドで、前作と変わらぬ正統派(と、言うにはちょっと軽い)ヘヴィ・メタルを踏襲している、ハズなんだけど……
なんだろうか? と思いつつ聞き込んでいくと、明らかに前作まであった溌剌としたフレッシュなエネルギーみたいなモノがかなり減退しているのだ。

確かにちょっとジャーマンぽい、とか北欧メロパワっぽいとか、そこかしこに何々っぽいぞ、みたいな要素は伺えたけれど、ソコがいい具合に新人バンドの勢いを感じさせる疾走感を産んでたのになぁ…前作までかなり有望な新人パワメタバンドと思ってただけに、この微妙な変化はかなりのショック。

まぁ、好意的に捉えると何々っぽいという借り物要素が薄れて、勢い任せなトコを改め、落ち着いた王道直球勝負の彼等なりなオリジナリティを今回前面に押し出してきた、という事なのかもしれない…でも、そのオリジナリティがスリリングじゃない、って事じゃ、ホント玉に瑕どころの話じゃないよなぁ。

そんな訳でなのかVoメロ(元々熱唱タイプじゃないのも原因か)が今まで以上に淡泊で単調に聞こえ、元よりスピードに傾いてた訳でもない楽曲も全体的にミッドテンポが中心になり、余計にメリハリの無い単調な(ヒネリの無い野郎声のシンガロングが影響してるのかも?)アルバムになってしまっているのがなんとも……

曲による質のばらつき等も無く、楽曲もコンパクトにまとまっていて、新人らしからぬ総じて平均的な出来、と言えるのが今回は完全に裏目(今までにコレ、というキラーチューンも無いし…)に出て、『地味な、捉え所の少ない』というように(今回はアレンジ力不足?)思えてしまって……決してどこかに問題のあるアルバムでなく、むしろ手堅い印象を受けるのが、逆に災いしたという事だろうか?

まだ3枚目の若いバンドなので、もう少しバランス無視してでもいいから、勢い任せとか色々冒険して欲しいのですけど……まぁ、次作で挽回する事を期待してます。
by malilion | 2010-02-22 17:05 | 音楽 | Trackback

ハモンド&ナイフ&ミク、で一発で気に入りました♪


Tiny Symphony「Liberator」'09c0072376_19155725.jpg

ジャケからして既に色物扱いされちゃうだろう事を敢えて承知で今回コレをプッシュ! 因みにこのプロジェクトの2ndです。

いや、冗談抜きでかなりイイですよ、コレ! 「あー…好きなんだろうなぁ」って、よく分かる、アレンジからサンプルと、なんでもかんでもグロプレファンなら2828しながら聞ける事間違いなし!! しっかし、ロゴとかレーベルデザインとか、もうね爆笑モノですよ(w オマケにミクの持ってるショルダーKeyに「モーグ」の文字がしっかりあって泣かせる!
余りに興味深かったので、取り扱い店が少ない中、わざわざ某目白のグレ総本山店へ出向いて1st&2nd買い込んできましたから(w なんか特典小冊子ついてて儲けた♪

「あ、別に音源だけでいいよ」って、人はサイトで音源DLの案内もしてるようなので、そちらをどうぞ。
でもグロプレファンなら現物を持ってないと安心出来ないでしょ? 普通そうだよね? ていうか音楽ファンならジャケ無しブツ無しなんて、考えられないんだけど。

しかし、意外な事に巷であれだけハードロックに始まり、電波系の病んだ曲や80年代ディスコまで幅広くカバーして表現されてるヴォーカロイドですが、コレがなかなかグロプレモノは無いんですよね。
需要が無い、理解が少ない、ってのが最たる理由だろうけど……まぁ、グロプレっていうと折角のヴォーカルが重視されない形態な音楽なんで、元々ヴォーカロイド使いの人と相容れないというのもあるかもしれないけどさ。

実際、ジャケで主張してるようにEL&P好きをターゲットにしてるかのような音で、その筋の方なら文句なく楽しめるアルバムだと思いますが、高らかに鳴り響くKeyに比べて、やはり若干Voメロは弱い、というか引っかかりが少ないのが難点といえば難点か。
でも人間に唄わせて残念なおっさん声聞かされる事がままある(汗)グロプレ系ならばこそ、声の綺麗さは折り紙付のヴォーカロイドを採用したのはいいアイディアだと思いますけどね。

アニメファンや同人系漫画好きな方、そしてヴォーカロイドファンにどれだけこのアルバムが訴求するか(何も知らんミクファンがジャケに釣られて買って、ポイ、されそうではある…)皆目見当つかないし、元々取り扱いされてる量も少ないようなので、早めにGETしておく事をお薦めします。

巷に溢れるヴォーカロイドモノ同人音楽CDの低レベルな粗悪品に飽きた方に是非!!

次はリズム隊、生音で採って欲しいなぁ…いえ、スタジオ代とかセッティングめんどいのは分かるけど…
by malilion | 2010-02-13 19:16 | 音楽 | Trackback

ライオンが消えたわけは……


c0072376_349210.jpg
NARNIA「COURSE OF A GENERATION」'09

前作『Enter The Gate』から約3年半ぶりとなる通算6枚目オリジナル・アルバムが久々に届けられました。

今作はなんといってもVoで創立メンバーの1人であったクリスチャン・リヴェル脱退後の初のアルバムという事で、良くも悪くも彼等のファンはこの新作の出来に注目してたんじゃないでしょうか?

んで、MIND EYEなどにも参加していた経歴をもつGerman Pascualを新Voとして迎えた訳だけど、その声質は前任者クリスチャンとほぼ同タイプで、違いとしては前任者のクリスチャンが高音になるとヒープばりの、か細い(ヨレヨレ?)ファルセット(モーデスト・アトラクションではいい味を出してたけど…)を多用してたのに対して、新Voゲルマンは高音を余り多用せず、低音から中域がパワフルでよく延びる(例えるならロニー・J・ディオ・タイプな感じだろうか?)声で朗々と歌い上げる感じなので、今回のダークでヘヴィな方向性にはぴったりだと思う。

とはいえ、良い事ばかりでもなく、ファンタジーの象徴だったお約束のライオンがジャケから姿を消した事からも伺えるように、以前のインギーの曲を訴えられてもおかしくないレベルでコピーしまくってた(失笑)あの煌びやかさや華麗さ、そして繊細さはすっかり影を潜め、ググッとダークでタフなイメージが強目な音に方向修正されてしまった上に、派手なインタープレイらしきものも聞こえてこず、残念ながら地味なイメージ(クリスチャン・メタルなのにダークとは此如何に!?)になった事は否めない。

ピーコだなんだと騒がれたものの、何かしら注目を集めるようなセールスポイントが欲しいのだが、今のこのバンドの音には面白みというか、このバンドならではの個性というか、音というモノが消え失せてしまったように思えるのが残念ではある…

前作ではプログレ・メタルへの色気も伺えたけど、今回は自身の力量(頼むよ、ホント)も冷静に鑑みて、ドラマティックさ(keyのイントロ・アレンジとかでね)に重点を置きつつ、真っ向勝負のストレートでヘビィな方向で来たのが功を奏したのか、オリジナルVoの脱退という危機を巧く乗り切ったように思え、とりあえず今作に置いてはVo交代の影響は顕著には表れていない模様で一安心といったところか。

以前にもお伝えした通り当初は日本盤のリリースも予定されていたが、結局レーベル倒産でその話もポシャってしまい、残念ながら現在までに新たな日本盤発売元は決定していない模様なので、恐らくこのまま外盤のみのリリースという事になると思われる。

方向性の変わった彼等の音がここ日本でどう受け入れられ、評価されるのか見てみたかった気もするものの、このレベルなら国内盤発売は無くてもいいかも、とも思ったりして…(汗

因みにアメリカ盤(ボーナス曲有)とユーロ盤では収録曲に差がある模様なのでご注意を。
by malilion | 2010-02-11 03:48 | 音楽 | Trackback

正にお宝音源発掘、って感じでしょうね。コレは。

THE HEAT 「UNTOLD STORY VOL.I」'07c0072376_18435293.jpg

数年前に巷で話題になってたUSA産業ロックバンドの未発表音源を自主で初CD化したブツを今頃購入して、寒すぎるここ2、3日ぐるんぐるんリピートして聞いておりました。

すでにバンドは消失してるアーカイブモノ音源らしくパート1、2という趣もへったくれもないさすがアメ公なアルバムタイトルの2部作でリリースされ、本作は'85~'87年の音源を収録したパート1です。

実は、最近中心メンバーのGリストのソロ音源集も(CD-R音源)同じようにリリースされて、そっち先に聞いて元バンドの音も欲しくなって購入したんですけどね。

全くの無名バンドの恐らくデモのリマスタリングなのでしょうが、途中音がヨレたり、ノイズやフェードアウトが荒っぽかったりと、音質的にも完璧とは言えないものの、内容は実に素晴らしいの一言。
自主制作モノ大好きな産業ロック&メロハー・ファンなら間違いなく気に入る、コーラスばりばりのミドルからハイトーンがよく延びるVoをメインにしたキャッチーでフック満載のトラックが詰め込まれた優れものアイテムで、こんないい音源を残すバンドでも契約してデビュー出来なかったのか、と改めてアメリカの層の厚さを痛感しますね。

まぁ、アルバムのジャケセンスと音源の編集等、あまりにも大雑把すぎるアメ公の雑な仕事(なんでフォトが全部白黒なのん!?)に言いたいコトは山ほどあるけど、死んだ子の歳を数えてもしょうがない、ってコトで…
by malilion | 2010-02-07 18:44 | 音楽 | Trackback

まさかの品が今頃入手!! 

BYRON「same」'91 c0072376_20215791.jpg

おいィ!? TOTOの「PAST TO PRESENT 1977-1990」収録の2曲のみでリードボーカルを取り、その後のツアーにも参加したものの、元々コロンビア側からの紹介で半ば強制的にメンバーとして加入させられたたそうで、予想通りというかなんというかベスト盤を残して早々にグループを抜け(解雇?)ちゃった、あのJean-Michel Byronのソロが今頃入手出来たので、余りのよろこびが鬼になって早速ご紹介をば!

あのTOTOの4代目Voなのに、参加作がBEST盤のみというコトだけで巷の受けも悪く、しかもメチャ影が薄いってのが信じられません。
だって、初の外国人メンバーでTOTO唯一のアフリカ人(南アフリカ出身)ってコトと、あのルックスに加えてLIVEでの奇妙な踊り(PVでも確認出来るw)を見たら、誰も彼を忘れないんじゃないかってくらい強烈なインパクトあったんだけどなぁ(w

まぁ、冗談はさておき、極短い在籍期間ではあったけれど、紛れもなくTOTOのメンバーだったJEAN-MICHEL BYRONの、当時いくら探しても入手出来なかった彼の、恐らくデッドストックと思われる唯一のSOLO ALBUM「BYRON」が転がり込んできて、大歓喜ですよ。ホント。

なにせ印象が薄いのと、TOTO公式ですら表記されてないという扱いの為か、アルバムの出来もごく普通なAOR作(多少、出身が出身なんでアフリカンな民族音楽的アプローチあるけど)なんでか、まだ一度も再発された事はなく、お店のタタキ文句じゃないけど、TOTOファンなら間違いなく手にいれておきたいオリジナル盤奇跡の入荷品ですよね。

やや線の細い声なものの綺麗な歌声で、強制とはいえ流石にあのルカサーやジェフ・ポーカロのおメガネに叶ったシンガーといったトコでしょうか? まぁ、TOTOに置いてはアノルックスが災いして首切りにあったんじゃないのかなぁ、とか余計な詮索もしちゃうのですが…彼の最近の活動はよく分かってませんが、是非新作を聴いてみたいですね。
by malilion | 2010-02-05 20:22 | 音楽 | Trackback

永い眠りから覚めた期待の新星……って、ほどルーキーでもないか?w


AZRAEL 「DREAM ON」'10c0072376_2113085.jpg

基本はHELLOWEEN~ANGRAの流れにある典型的な日本人好きのするメロスピ・ジャパメタルバンドの、前作から約6年半ぶりとなる通算4作目のアルバムがやっとこリリース。

ジャパメタといっても全曲英詞で唄われており、Keyをフィーチュアした曲では北欧メタル的な透明感も感じさせたりするので、いわゆる典型的なジャパメタとは言えないだろう。
まぁ、この英詞を唄うトコが国内ファン層の支持、不支持が別れたりするポイントだろうし、それでも前作までのメインソングライターの脱退がアナウンスされ、一部で新作の出来を心配する声もあったとか、なかったとか…した後に、長いインターバルを経て、こうして解散せず新作をリリースしたのは立派だと思う。
なにせ、どんなに良作をリリースするバンドでも、金銭的サポートが満足に得られず、すぐ解散しちゃうのが日本メタル界の常なんでね…

前作もそうだったけど今作もまた、よく練られた良質のメロディーが矢継ぎ早に繰り出される、これぞジャパメタという美メロの楽曲が目白押しで、デカデカとジャケにも表記されてるように海外でのマスタリングも功を奏したのか、プレイレベルが著しくアップしたのか、「音の良さ」と「演奏陣のレベルアップ」が際立って聞こえる良作となったのは間違いないだろう。

やっぱりスネア裏打ちのツーバスドコドコに、天を衝くハイトーンボイスが轟く疾走曲は最高にかっちょいいものなのだ! まぁ『相変わらずソレかよ』って言われる事もしばしばですけどね。いいものはいいんだからしょうがない!

ただ、バンドの結成当初からずーっと気になってるんだけど、今作じゃ随分と太くなったように聞こえるものの、まだまだ線の細い、このへチョイ(失礼!)無理矢理鼻にかかったハイトーンを搾り出すようなVoの声がいただけないんだよなぁ、このバンド……個人的にこの歌い方はハイトーンでもロートーンでもかなり嫌いだ。

元々地声はキレイだし、普通にポップスやフォークを唄うんだったら爽やかで透明感ある声質がピッタリなんだろうけど、如何せんメタルというジャンルだとパワー不足なのは否めない…しかも、メロスピとなるとその線の細さがハイトーンをがなり立てれば立てる程に、バックのオケが充実すればする程に目立って目立ってねぇ…余計にチープでマイナー臭くなるんだよね。

まぁ、これは楽曲を創ってる側にも問題あるので、一概にVoだけを責められないだろうけど、それでもそんなに無理させてたっかい声張り上げさせなくてもいいのに、勿体ない……とか、思っちゃうんですよね。

なんか散々コキ降ろしておいてなんだけど、彼等の哀愁漂うマイナー調のメロディや叙情的でありながら明朗かつキャッチーな曲等は好きなんですよ。ただ、この声が……っていうだけ。
by malilion | 2010-02-03 02:14 | 音楽 | Trackback(1)