人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

雨、雨、雨……('A`) カビる…

いつまでたっても雨模様なグズついたお天気じゃ、部屋からなかなか出られない。
そんなアンニュイな午後の一時にお薦めなのがカナダのマイナー叙情派シンフォバンドの3rd、RED SAND「Human Trafficking」'07デス。c0072376_2049507.jpg
相変わらずジャケはダサダサで(メンバーこれでなんでOKなんだ? せめてIQくらいのレベルになってくれ…)ホント美意識を疑う程泣けてくるわけですが、中身の方は極上の叙情派シンフォサウンドで、相変わらずな癒されまくりんぐなんでご安心を。
今までにも増してマリリオンモロ意識してるだろ、お前!(w ってな、泣きまくりの切ないGもシンフォニック&スペイシーなKeyも最高です♪ 地味に後でブイブイ唸ってるBもカッチョイイ!(タウラス・ベースペダルはお約束♪)
これでVoがもうちょい巧ければなぁ……ペンドラゴンレベルじゃ…(´;ω;`)ブワッ
とはいえ、本家本元のマリリオンが違う次元にいってしまった今、かっての彼等のような叙情的な美メロ満載の彼等にはなにがなんでも頑張って欲しいんですよねぇ…ホント…
by malilion | 2007-07-19 20:52 | 音楽 | Trackback(1)

サヨナラ80年代の麗しい想い出と共に…BON JOVIよ ノシ


台風なんで、まったり自室で懐かしいバンドの新譜を聴いてます。
前作『Have A Nice Day』以来、2年ぶりのアルバムとなる通算10枚目のアルバム、Bon Jovi「Lost Highway」'07 デス。c0072376_17375288.jpg

正直、アルバム聞き通すのがツライくらい地味。
程よく洗練された曲が多く、かといってAOR程のフックもメロディも無い、仕事や通勤時のBGM扱いが精一杯ですな。
軽快かつアコースティカルな感触の、良く言えば土着的で枯れた味わいを醸したアダルトな感じ……っていうか、なにせ退屈('A`)
カントリー風味? 関係ないよ。何しても、今の彼等はつまんないもの。

聞きやすいっちゃ聞きやすいけど、なんですかこのヌルい音は?
かってのようなガツンと来るフックのあるリフは皆無って、どんだけー…orz
まぁ、もうハードロックでもなんでもないんでしょうけど、とにかく旧来のファンにはヌル過ぎる。
あ。もうとっくに昔の弾ける明るくポップなボンジョビが好きだったファンは居なくなってるか…

ホント、思い起こせばAXIAのカセットテープ(!)のCMやってた頃の彼等が一番輝いてたなぁ。
もう昔のバンドとは別バンドとして見切りをつけた方が精神衛生上いいね。
ベースが抜けてからの彼等は、個人的には既に死んだバンドです。
それでも「Keep The Faith」までは許せたのにな…

なんか輸入盤店には、向こうのスーパーでしか売られてない限定版とかも入ってきてるらしいんで、熱狂的なファンの方はGETして下さい。
彼等の応援よろしく。私はもうコレで最後です。
サヨナラ、80年代の良き想い出と共に。
by malilion | 2007-07-15 17:36 | 音楽 | Trackback

やっぱブルースはダイハードでしょ!

ダイハード4を観てきた!
いやぁ、こっちの期待通りの出来で大満足ですよ。
最近は金を払った価値以下の映画が多いなか、代金以上の満足感を与えてくれる久々の超期待作ですわ。
まだ観てない人でアクションモノが好きな方はGO!
つまんないTVなんて観てる場合じゃないよ! 大画面であの迫力とアクションを味わえ!

しかし、1作目と比べるとブルースの変わりように…
ホント、髪って容姿の重要な要素なのねぇん、って再確認しましたわ(汗

なんか本国でも4公開前にネットで一般ファンと会話して、散々に「ハゲを認めろ!」とか言われちゃったとか。ひでぇ(w

まぁ、そんな事関係ないくらいダイハード4は楽しめる超娯楽大作でした。
by malilion | 2007-07-10 14:57 | Trackback

安心のTHRESHOLD節! 最近、ベテラン作が不毛だったからなぁ…('A`)


のっけからガッツリ骨太なファストリフが飛び出すドライブ感バリバリのGとテクニカルなKey、そして心地よい爽快なコーラスが印象的なTHRESHOLD節を全面に散りばめた久々の新作は、間違いなくこの素晴らしいバンドの近年屈指の傑作アルバムだ!!c0072376_22573977.jpg

日本盤が出なくなって久しい(今作は出る!)、コンスタントなペースでアルバムをリリースし続ける、まもなく20年目を迎えるUKのベテランプログレメタルバンドTHRESHOLD、快心の通算8作目ッス。
初回限定EUR盤デジパックにはボートラが1曲あるんで、ファンはチェケラー!
もうかなり前に購入してたんだけど、最近まであんまり聞き込めてなくて今頃って、どんだけー。

まぁ、彼等は毎度毎度クドイくらいヘビィで、血沸き肉踊る曲展開とコッテリ濃厚なロマンティックさ、そして予想を上回るキャッチーなメロディアスさを詰め込んでくるんで、最近の期待ハズレにガクブルしてた私としては「奴等ならハズレは無い!」と、安心し取っておいたってのが本音ですけど。
で、予想通りでした(w

しかし、このバンドほど過小評価されているバンドもないと思う。
サウンドも曲展開もタフでハードエッジが効いてるし、男気溢れる浪漫と燃え盛るドラマ性をこれでもか! と盛り込む怒濤の演出でグイグイ聴かせる、抜群の安定感あるプログレ・メタルバンドなのに……
何故、日本では全くと言っていいほど無名なのか? 夢劇場のフォロワーじゃないから?
夢劇場ほど長ったらしくもヘビィ過ぎもせず、クイーンズライクよりもキャッチーでテクニカルな、いかにも美旋律好きな日本人向けの音が受けないのは甚だ不可解だ。
まぁ、ルックスの問題ではあるまい。夢劇場もライクも似たようなもんだしね(w
……まさか、B級スラッシュバンドと名前のせいで間違えられてる!?

音作りのセンスの良さ、アレンジの瑞々しさ、サビの透明感と奥行き、思わず息を呑むコーラスワークと、総じて全てのレベルが高く、コンスタントにまとまっているバンドではあるが中途半端な印象は皆無!
元々テクニカルさや複雑な展開よりも完全にメロディに重心を置いたスタイルだけど、ぶっちゃけ、やってることの普遍性では難解なだけのオナニーバンドに成り下がってる夢劇場なんて足元にも及ばない高レベルなバンドだと思う。
例えて言うならASIAのような、難しい事を難しく感じさせずにさらり、と馴染みやすい曲として心地よく聞かせるような感じだろうか?
ヘビィでソリッドなGとさり気なく良メロや小技を刻むKeyをいわゆるプログレ形態をメタルフォーマットに溶け込ませ、ハーモニーとグルーヴを整合させたキャッチーな独自サウンドは正に稀有なる存在だ!!
by malilion | 2007-07-04 23:01 | 音楽 | Trackback(3)