正統派の為の正統派による正統派のバンド!(≧▽≦)


NOCTURNAL RITES「The 8th Sin」'07c0072376_114100.jpg

目新しさを表現しにくいオーソドックスな正統派スタイルながら、徹底的に良メロと重厚な王道メタルサウンドを貫く、北欧スウェーデンのメロディックメタルバンド(断じてメロスピじゃない!)の第8作目が堂々の登場!

イントロ20秒でメロ好きメタラーなら一発ノックアウト必至のマジ脱糞モノの出来!
まだ未聴なら速攻試聴すべし! 胸を躍らせる強烈なフックに打ちのめされて即購入のコンボが炸裂するのは間違いない!

さすがは安易な疾走に頼らない、現存する新世代正統派随一のA級バンド!
コンパクトな中に凝縮され研ぎ澄まされた美メロと、屈強で強烈なフック、そして質の高い楽曲が相まって、これでもかと攻めてくる!
メタリックでタフなリフと、熱く叙情的なメロに彩られた威風堂々たる作風は前作同様で、初期にあったメロスピにありがちなマスターベーション的な長ったらしいソロや安っぽい扇情的なだけのメロディ(ソレはソレでB級好きには大好物なんだけど…)と完全に決別し、心に響く劇的な展開と、熱い高揚感を与えまくる楽曲が満載でマジ最高!
やっぱNOCTURNAL RITESこうでないとーーッ!!

現在の彼等は正統派愛好家から尋常でない期待を寄せられてるだろうけど、この新作はそういったユーザーの欲求に完璧に応えられる傑作アルバムだと思う。
なにせ抜群の歌メロが冴えまくり、キャッチーで分厚いコーラスとめくるめくツインギターのハモリとスリリングなメロ展開、そして華麗に舞うKeyという、字面の通りなホントまんまで良いトコ取りなサウンドなんだもの。コレが不評なわけがない。
HMの持つ勇壮さ、北欧メタルの持つクリスタルの如きメロの輝き、ツボを押さえた泣きのGソロ等々、いいトコ上げだしたらホントにキリがないくらい申し分ない出来だ。
荒削りでメタリックなリフをタフ&グルゥビィに奏でつつも、昨今のメロデスのような轟音で音空間をツブす稚拙さは皆無で、全体を90年代的なモダンさで包み込みながら真っ向から正統派のスタイルにこだわり、厳しく困難極まりない王道を突き進むその姿、そのスケールのデカさといったら、もうカッコ良すぎて悶絶!

ミッドテンポ系チューンで固めたアルバムなのに、リズミックな楽曲やキャッチーな歌メロで中だるみなんて一切感じさせないのも特筆すべきだと思う。
ハスキーでザラついた感触の強力ヴォイスが、切なく荒々しくメロディを圧倒的な歌唱力で歌い上げ、サビに至るまでの高騰感とスリリングな緊張感がたまらんのですよ、ホント。
それにヘビィなリフの向こうで薄っすらと聞こえるバッキングKeyの音がいかにも北欧のバンドという煌めきと爽快感を感じさせて、北欧好きには堪らんのよねぇ。
この「薄っすらkey」が有ると無いじゃエライ違いなんだなぁ~~
どのチューンでもしっかりと「静と動」「剛と柔」のドラマティックなコントラストが描き出され、ツボを押さえたそのソングライティングは毎度ながら見事と言う他ない。
スピードや勢いで誤魔化す事無くメロディーの質でここまで勝負出来るとは、やはりこのバンドのセンスは抜群だ。
このままいけば、間違いなくソナタを抜いて欧州№1バンドになるのは確定でしょ。
てか、現時点でも個人的にNOCTURNAL RITESの方がトータルでソナタに勝ってると思うもの。

テクニカルかつドラマティックなその神がかったサウンドが、そう遠からず全メタル信者の琴線を刺激しまくって、彼等を歴史にその名を残す名バンドの一つに必ずやする事だろう。
現在、最もクオリティの高い正統派HMを産み出せる数少ないバンドの筆頭、NOCTURNAL RITESの新譜は全メロ好きメタラー必聴盤だ!!
[PR]
by malilion | 2007-06-29 01:11 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/6403277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 安心のTHRESHOLD節! ... まさかの白狼、復活劇! 21年... >>