人気ブログランキング | 話題のタグを見る

極上の美旋律を最高のミュージシャン達で! Escape Musicオーナー Khalil Turk氏の趣味全開企画第二弾が早くもリリース!!

極上の美旋律を最高のミュージシャン達で! Escape Musicオーナー Khalil Turk氏の趣味全開企画第二弾が早くもリリース!!_c0072376_17193282.jpg
TURKISH DELIGHT 「Volume Two -Khalil Turk & Friends-」'23

90年代初めに今は亡きドイツのLong Island Recordsスカウトマンとして音楽業界歴をスタートさせ、その後に英国メロハー専レーベル Escape Musicを立ち上げ数多くのアーティスト達を発掘、育成してきたオーナー Khalil Turk氏の幅広い人脈をフル活用し主導するメロハー・プロジェクトの第二弾が前作から僅か9ヶ月で早くもリリースされたので即GET!

自身の苗字をもじったタイトルに合わせたジャケットの粉砂糖をまぶしたゼリー(Turkish Delightはトルコ菓子)に群がる蟻(メロハー・ファン)が再びあしらわれたジャケットが目印なのも前作と変りなく、Khalil Turk氏が自身の趣味を全開にして、楽曲全てを選び、お気に入りなミュージシャン達を集めて自分好みなサウンドを詰め込んで完成させた超マニアックな企画盤の続編だ。

前作も多数のゲストミュージシャンを招いた夢の共演企画盤だったが、今回も前作以上に超豪華で強力な、メロハー・ファンなら一度は目にした事がある著名ミュージシャンばかりがその名をゲストミュージシャンのクレジットに連ねており、この強者達が揃って不味いモノが出来上がる訳がない、という安心安定印バッチリな造りとなっております。

Steve Morris (HEARTLAND、ex:EXPORT、ex:Ian Gillan BAND)、Steve Newman (NEWMAN、COMPASS) 、Tommy Denander (RADIOACTIVE)が前作同様引き続き本作でもソングライティングで参加しており、加えて今回は新たなアーティスト達が招かれ楽曲制作に尽力している。

元SHY~現LIONHEARTのフロントマンで、PHENOMENAやSIGNAL RED、THE SWEETなど様々なプロジェクトやバンドに参加してきた英国人シンガー Lee Smallや古くはCITY BOYに始まり、KANSAS脱退後に Steve Walshが結成したアメリカンHRバンドSTREETS、近年はメロハー寄りなSEVENT KEY、STEELHOUSE LANE、そして自身のバンドSLAMERと数多のバンドに在籍し何十枚もアルバムをリリースしてきた英国人ベテラン・ギタリスト Mike Slamer、北欧スウェーデンのデスメタル・バンドUNLEASHEDのベテラン・ギタリストで、近年は Erik Martensson率いる北欧メロハー・バンド ECLIPSEのアルバムのプロデュースや Erik Martensson繋がりでか北欧メロハー・バンドHEARTWINDのプロデュースだけでなく、PRETTY MAIDSの Ronnie Atkinsと Erik Martensson率いるメロディック・メタル・プロジェクト・バンドNORDIC UNIONやスウェーデン産メロハー・バンドWINDING ROADのデヴュー作にギター・ソロパートでゲスト参加と同郷メロディアス系バンドとの繋がりがめっきり増えたスウェーデン人ギタリスト Fredrik Folkare、そしてその WINDING ROADのシンガー Jonas TyskhagenやECLIPSEやW.E.T.をはじめ数多くのバンドやプロジェクトに参加しワーカホリックぶりを発揮している Erik Martensson、さらにアメリカン・ファンクバンドDAN REED NETWORKを率いるシンガー Dan Reed、北欧ブルーズ・インディバンドEXPERIENCE DIMITRI KEISKIのギタリスト兼ベーシストでDOOMメタル・バンドSORCERERやNORDIC UNION等への楽曲提供もしている Peter Hallgren、パンク・バンドTHE PLASMATICSを皮切りにアメリカンHMバンドCROWN OF THORNSやVOODOO X、ソロ活動で多岐に渡って長年活動してきた事でも知られる米国人シンガーでマルチ・インストゥルメンタリストでもある Jean Beauvoir、英国ロックバンドSEVENのフロントマを務める苦労人 Mick Devineと、英米のみならず北欧勢も今回は数多く参加した豪華強力ソングライング陣と一緒になり Khalil Turk氏が主導して楽曲も仕上げたという、各ミュージシャンの個性的なプレイやフレーズなんかがチラホラ垣間見える爽快でキャッチーな美旋律目白押しの、どこを切っても笑っちゃうくらい極上のメロディアス・ロック・サウンドしか飛び出してこない良作なので、参加ミュージシャンが気になる方は『企画盤かぁ』と侮らずにシッカリと本作をチェックしておかないと絶対に後悔しますよ!?

個人的に気に入ったのはTOTOの Steve Lukatherの息子、Trev Lukather率いるロック・トリオ LEVARAのシンガーを務めるフランス人ヴォーカリスト Jules GalliのTOTOの Joseph Williamsと元KANSASの John Elefanteの歌声を足して二で割ってちょっとマイルドにした風な伸びやかで爽やかな透明感あるハイトーン・ヴォイスが実にキャッチーなメロハー・サウンドにマッチしていて、これはLEVARAの今後の活動もチェックせねば、と改めて思わせてくれました♪ (゚∀゚)

毛色の違う珍しい参加ミュージシャンとしては、80年代初期から活動を続ける中東はBahrain産のベテラン・シンフォニック・ロックバンドOSIRISでヴォーカルとギターをプレイする Mohammed Alsadeqiが今回ギターで客演しており、どの人脈繋がりで彼が招かれたのか興味深いですね。

同様に80年代ジャーマンHMの中心人物で後続に多大な影響を与えたHELLOWEENのオリジナル・ギタリスト、後にGAMMA RAYを立ち上げ、近年はUNISONICで精力的に活動し、最近はリユニオンHELLOWEENでも華麗なギタープレイとパフォーマンスで聴衆の注目を浴び続けている Kai Hansenがどうして彼にしてみれば場違いな本企画盤へ招かれたのか、誰の人脈なんでしょうか?

後面白かったのは普段はリードシンガーとして様々なバンドやプロジェクトに参加している米国人シンガー Mark Boalsが本作ではベーシストとヴォーカリストとして参加(他にもギタリストとしても参加してる作品も有る)しており、しかもクレジットも Mark Robert Boalsと通常と違う風に改められているのを見るに、彼の中で本作には他のバンド作の様にフロントマンとして参加したのではないという明確な意思のようなモノを感じます。

前作はどちらかと言うとソフト目でAORに傾いたタッチのサウンドでありましたが、本作はよりハードなタッチが強調された所謂メロハーに傾いた仕上がりのサウンドで、これは北欧系ミュージシャンが前作より多くの割合で本作の制作に関与している影響だろうと思われますが、どちらにせよキャッチーでフック満載なコンパクトに纏め上げられた楽曲の質は非常に高く、さらに各自いずれも実力派のヴォーカリストが招かれてエモーショナルで伸びやかでパワフルな歌声を聴かせ、加えてバックも実力十分なベテラン揃いの猛者ばかりがバラエティ豊かでそれでいてキャッチーでフックある楽曲を各自の印あるプレイを余裕タップリに奏で、本当に最後までアッという間に終ってしまう事だけが不満点な、メロハー愛好家にとって至福の時だけしかない素晴らしいアルバムだ♪ ('(゚∀゚∩

あんまり素晴らしい出来栄えなので、これは早くも第三弾に期待してもいいのかな? Khalil Turk氏がさらなる有名ミュージシャンや意外なジャンルからのミュージシャンを招いてくれるのを期待しましょう!

Track List:
01. No One Knows Your Name
02. Come On
03. Destiny
04. I Am Ready
05. Crazy
06. Hold Your Future
07. Future
08. Higher
09. Don't Surrender
10. Fahrenheit 451
11. Throwing Bones
12. We Carry On

Participating Members:
Robin Mc Auley : Lead Vocals (BLACK SWAN、ex:MSG、Solo、etc...)
James LaBrie : Lead Vocals (DREAM THEATER、Solo、etc...)
Dino Jelusick : Lead Vocals (JELUSICK、TRANS-SIBERIAN ORCHESTRA、DIRTY SHIRLEY、George Lynch)
Marc Storace : Lead Vocals (KROKUS、Solo)
Jeff Scott Soto : Lead Vocals (SONS OF APOLLO、ex:Yngwie Malmsteen Band、ex:TALISMAN、ex:JOURNEY、etc…)
Ralf Sheepers : Lead Vocals (PRIMAL FEAR、ex:GAMMA RAY、etc…)
Jean Beauvoir : Lead Vocals (CROWN OF THORNS、ex:THE PLASMATICS、ex:VOODOO X、Solo、etc...)
Jerome Mazza : Vocals (PINNACLE POINT、ex:ANGELICA、ex:Steve Walsh、etc...)
Dan Reed : Lead Vocals (DAN REED NETWORK)
Tony Harnell : Vocals (TNT、MORNING WOOD、WESTWORLD、STARBREAKER、Solo、etc...)
Mark Robert Boals : Bass、Lead & Backing Vocals (RING OF FIRE、ex:Yngwie Malmsteen Band、ex:Ted Nugent Band、etc...)
Jules Galli : Lead Vocals (LEVARA)
Andrew Freeman : Lead Vocals (LAST IN LINE、DEVIL’S HAND、ex:HURRICANE、ex:LYNCH MOB、ex:LIES,DECEIT & TREACHERY、etc...)
Lee Small : Vocals & Backing Vocals (LIONHEART、SIGNAL RED、ex:SHY、ex:THE SWEET、ex:PHENOMENA、etc...)
Mick Devine : Backing Vocals (SEVEN、THE ROADS、DIVINE INTERVENTION、etc...)
Kai Hansen : Lead Guitars (HELLOWEEN、GAMMA RAY、ex:IRON SAVIOR、ex:UNISONIC、etc...)
Paul Logue : Bass (EDEN’S CURSE、James LaBrie)
Keith Atack : Guitars (ATACK、Bonnie Tyler、David Cassidy、etc...)
Mohammed Alsadeqi : Guitars (OSIRIS)
Billy Sheehan : Bass (Mr.BIG、THE FLOOD、WINERY DOG、ex:TALAS、ex:David Lee Roth Band)
Marco Mendoza : Bass (THIN LIZZY、ex:WHITESNAKE、ex:BLUE MURDER、ex:SOUL SIRKUS、etc...)
Rudy Sarzo : Bass (QUIET RIOT、ex:Ozzy Osborne Band、ex:WHITESNAKE、ex:Yngwie Malmsteen Band、ex:DIO、etc...)
Wayne Banks : Bass (BRAZEN ABBOT、MESSIAH'S KISS、ex:HEARTLAND、ex:Robin Gibb、etc...)
Takeaki Itoh : Bass (PINNACLE POINT)
Mike Slamer: Guitars (SEVENT KEY、SLAMER、DEVIL’S HAND、ex:CITY BOY、ex:STREETS、ex:Steve Walsh、etc...)
Dennis Stratton: Guitars (LIONHEART、ex:IRON MAIDEN、ex:PRAYING MANTIS、etc...)
Laurence Archer: Guitars (ex:STAMPEDE、ex:Phil Lynott's GRAND SLAM、exUFO、ex:THIN LIZZY、Solo、etc...)
Ben Cristo: Lead Guitars (THE SISTER MERCY、NIGHT BY NIGHT、DIAMOND BLACK、etc...)
Fredrik Folkare: Guitars & Bass & Keyboards (UNLEASHED、etc...)
Peter Hallgren : Guitars (EXPERIENCE DIMITRI KEISKI、etc...)
Steve Newman : Guitars (NEWMAN、COMPASS)
Paul Taylorv : Keyboards (ex:WINGER、ex:Alice Cooper Band、ex:Steve Perry、etc...)
Tommy Denander : Keyboards (RADIOACTIVE、 JK's All STAR EXPERIENCE、ex:SPIN GALLERY、ex:IMPERA、etc...)
Steve Mann : Keyboards (LIONHEART、ex:MSG、ex:THE SWEET、etc...)
Steve Morris : Guitars & Keyboards (HEARTLAND、LONE RIDER、ex:EXPORT、ex:Ian Gillan Band、etc...)
Charlie Calv : Keyboards (SHOTGUN SYMPHONY、ANGEL、ex:LIBERTY N' JUSTICE、etc...)
Michael T.Ross : Keyboards (HARDLINE、ex:MISSING PERSONS、ex:Axel Rudi Pell、ex:Terry Ilous's XYZ、ex:Lita Ford、etc...)
Nick Foley : Hammond Organ (ATACK、etc...)
Kjell Haraldsson : Keyboards (HASSE FROBERG & MUSICAL COMPANION、etc...)
Josh Devine : Drums (LEVARA、ex:ONE DIRECTION、etc...)
Johan Kullberg : Drums (ex:DARK ILLUSION、ex:HAMMERFALL、ex:THERION、etc...)


by malilion | 2023-07-31 17:20 | 音楽 | Trackback
<< 北欧スウェーデンから期待のス... 爽やか北欧スウェーデン・メロ... >>