人気ブログランキング |

北欧メロディアスHRバンド期待の新星PERFECT PLANが待望の2ndをリリース!

北欧メロディアスHRバンド期待の新星PERFECT PLANが待望の2ndをリリース!_c0072376_00213270.jpgPERFECT PLAN 「Time for a Miracle」'20

スウェーデン出身の5人組メロディアスHRバンドの、前作から2年半ぶりとなる2ndアルバムがリリースされたのを、ちょい遅れてGET!

まず、残念な事にメンバーチェンジが勃発してしまった模様で、ベーシストが P-O Sedinから、かつてキーボーディストの Leif EhlinとDESERT RAINというバンドで活動を共にしていた Mats Bystromへチェンジしての制作となっており、脱退した P-O Sedinのクレジットも記されている所を見ると、2nd制作途中でなんらかの理由で P-O Sedinが脱退したのが窺える。

ただ、本作のサウンドを耳にした方は既に承知の事でしょうが、そのメンツ変更はサウンドの方になんら悪影響を及ぼしておらず、まずは一安心といった所でしょうか。

結成から3年、セッションを続けて練りに練ったハイクオリティな楽曲満載な18年のデヴュー作『All Rise』は、80~90年代の伝統的なAOR&メロディアス・ロックから影響を受けた所謂メロハー・サウンドで、北欧バンドでありながらUSA産業ロックっぽいモダンさが優先された、定番の北欧系から少し距離を置いたサウンドだった訳だが、待望の新作では楽曲の洗練度とモダンさがさらに向上し、音楽性の幅を広げ、アンサンブルも数段に進歩したサウンドで表現されており、Rolf Nordstromが弾くハードエッジなギターが前作より多目にフィーチャーされた影響か幾分かハードタッチに感じられるが、前作を上回るキーボードの巧なアレンジと堅実なプレイ、そして伸びやかで抜群の歌唱力を誇る Kent Hilliの艶やかな歌声が見事にブレンドされた極上のメロディアス・サウンドは控えめに言っても前作を上回る出来栄えなのに異論を挟む人は居ないだろう。

デヴュー作には北欧メロハーっぽい叙情感の強いサウンドが幾分か漂っていたが、本作ではよりアメリカンHRに接近したドライでシンプル、そしてパワフルで煌びやかな王道のUSA産業ロック路線へバンドサウンドが大きく変化しているのが一目瞭然だ。

間違いなく Kent Hilliの抜群の歌唱力を生かした曲作りに重点を置いた結果と思われるが、ブルージーさの増した楽曲は非常にパワフルになり、高揚感のある素晴らしい美旋律、舞い上がるような爽快なヴォーカル、フック巧なヴォーカル・アレンジ、ビックで分厚いコーラス、スリリングでキレのあるギター・ソロなどが一体となり、前作より厚みのあるヘヴィでモダンなメロディアス・サウンドはメロディとエネルギーの優れたバランスを生み出し、加えてAOR的な落ち着きも時折感じさせ、それが各楽曲のスケールアップに確実に繋がっており、AORをベースにしたメロディアスHRを踏襲しながらもバンドの持つ音楽性の幅広さと独創性、そして柔軟性を十分にアピールしていると言えよう。

マイナー調の楽曲での歌メロ等にやはり北欧バンドだと感じさせる独特な哀愁や叙情感が漂うものの、メロディはよりメロディックでキャッチーに、リズムもよりダイナミックなエッジの効いたソリッドでパワフルなサウンドに仕上がっており、『前作より若干ヘヴィでブルージーになり、力強いメロディ、フック、アレンジを持つ、クラシックなAOR、ブルージーなロックやバラード、ハードな曲など多様性のある楽曲が含まれている』とメンバーが語るようにアレンジやメリハリも抜群で、全楽曲が見事に磨き上げられおり、それでいて決してスマートで洗練され過ぎて刺激の失せたAORや惰弱なポップスに陥る事もなく、メロディアスHRバンドに必要とされる硬質感と高揚感あるロック・サウンドを見事に提示しており、二枚目にして終始一貫して高品質な楽曲満載のアルバムをリリースするだなんて、こんなハイレベルに早々に到達して次のアルバムはどうするんだ、といらぬ心配をしてしまいたくなる程に完成度の高い作品だ。

特に一番驚かされたのは、バンドの看板でもある Kent Hilliの歌いっぷりの変化で、元FOREIGNERのフロントマン Lou Grammをリスペクトしている Kent Hilliですが、今回は楽曲が産業ロック路線だからか歌い方を少し変化させたからか、歌メロが前作以上にアメリカン風だからなのか、妙にSURVIVORの Jimi Jamisonっぽく聞こえる時が多々あって『まるでヘヴィでモダンに進化したSURVIVORみたいだな』とフッと思わされるくらいに文句なく素晴らしく出来の良いアルバムであります('(゚∀゚∩

いやー、正直彼等が2ndでここまでのレベルに急成長するとは予想していませんでした。

デヴュー作からして北欧メロハーのくくりで捉えるのに違和感がありましたが、本作で完全に別格レベルへ数段抜かしで勢いよく駆け上った感がありますねぇ♪

USA産業ロックの王者、SURVIVORを彷彿とさせるそのキャッチーでブライトなメロディアス・サウンドは、何日も耳の奥で鳴り響く美旋律の数々で構成されており、北欧メロハー・ファンよりも、寧ろ80年代USA産業ロック好きな方にこそお薦めな、長く聴き続けられる宝玉の一枚だと言えましょう。

早々に次作がリリースされる事が無いのは分かっているのですが、出来る事ならそんなに新作を待たせないで欲しい、そんな我儘を言いたくなる将来性のある実に頼もしい新バンドであります(*´ω`*)

PERFECT PLAN Musicians:
Kent Hilli   (Lead Vocals)
Rolf Nordstrom(Guitars)
Fredrik Forsberg(Drums)
Leif Ehlin   (Keyboards)
Mats Bystrom (Bass)


by malilion | 2020-10-27 00:16 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/31745276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 優美なイタリアン・フォーキー・... 後期ASIAサウンドを受け継... >>