人気ブログランキング |

現GALAHADのギタリスト LEE ABRAHAMがポップな作風から一転、シリアスでダークなコンセプト作をリリース!

c0072376_07113760.jpgLEE ABRAHAM 「Comatose」'19

第二世代UKポンプとして未だ気を吐くGALAHADに05年から09年にかけてベーシストとして在籍し、脱退後ソロキャリアを再開し、近年再びGALAHADにギタリスト(!?)として再加入したポンプ系イギリス人マルチミュージシャンのソロ作7thがリリースされたのを幾分遅れてGET!

前々作で淡い色合いの如何にもデリケートなサウンドというポンプ系ソロアルバムをリリースし、次いで前作では一転して多数のヴォーカリストをゲストに迎えAOR寄りなポップ作をリリースと、これまでアルバム毎に様々な試みに挑んで来た Lee Abrahamだが、再び本作ではこれまで彼のアルバムで余り聴かれなかったダークでヘヴィなコンセプト・アルバムを制作と、自身が語るように『今までの作風と違った、別の何かを試し、成功させたかった』というプログレ・ミュージシャンらしい飽くなき挑戦心と冒険心を剥き出しにした意欲作だ。

さて本作の内容についてだが、タイトルが示すように自動車事故に遭い昏睡状態に陥った犠牲者が、医療スタッフが救命活動している最中に経験する記憶のフラッシュバックを綴っていく物語となっている。

また、挑戦作らしく近作でゲスト・ミュージシャンを大勢招いて制作されていたスタイルにも変化が見え、長年の音楽パートナーである Gerald Mulligan(CREDO:Drums)、Rob Arnold(Piano、Electric Piano)、そして前作でバッキングヴォーカルで参加しハートフルな歌声を聴かせていた Marc Atkinson(RIVERSEA、INE STONES CLOSE、MOON HALO、MANDALABAND:Vocal)が本作ではリードヴォーカルとして参加しているのみで、他には新しいゲストとしてTWELFTH NIGHTの7代目ヴォーカリストで現フロントマンな上に、サウンドエンジニア、プログラマー、アレンジャー、もこなす裏方作業メインでマルチパート・セッションミュージシャン Mark Spencerと、奥方の Diane Abrahamがバッキング・ヴォーカルで参加するだけの小編成で制作されており、『Black and White』'09 以来となる全てのギター、キーボード、ベースを Lee Abraham自身がプレイする久しぶりにソロ作らしいソロ・アルバムだ。

ダークでヘヴィなストーリーが紡がれて行くアルバムは終始硬質で鈍色のエッジ立ったギター・サウンドに彩られているものの、Lee Abrahamらしいポップなメロディの断片や、メロトロン系鍵盤サウンドや分厚い合唱コーラスも加えて織り成す物語には明るく朗らかな救いのようなフィーリングあるサウンドも垣間見え、サントラっぽいタッチやSE等が散りばめられたディープで複雑に感情が揺れ動くシリアスで緊張感ある物語に相応しいエモーショナルな Lee Abrahamのギターもタップリとフィーチャーされた、様々な音楽スタイルを取り込みながらも全体的にシンフォ&プログレッシブ・ロックなサウンドを保った今までにない Lee Abrahamの新たな一面が表現されたアルバムと言えるだろう。

Lee Abrahamのギタープレイは随所でセンチメンタルでメロゥなフレーズを奏でるものの、コンセプトに引っ張られたのかこれまでで一番攻撃的で自己主張が強く、どちらかというと本体バンドであるGALAHADで聴かれるようなプレイとサウンドに近いヘヴィなフィールも感じ、やはりGALAHADへ復帰した影響が本作に色濃く出ているようで、以前のポップでキャッチーなサウンドなアルバムでの控え目でそつない職人芸的プレイの対局的な作品と言えるかもしれない。

コンセプト作だからと変に助長にならず約47分と内容にしては短めな上に非常にコンパクトに纏められているので、意外な程にすんなり最後まで聞き通せるのは Lee Abrahamの抜群のコンポーズ能力故でしょう。

以前の淡いタッチのポンプ風味なサウンドや、ポップでキャッチーなアルバムのサウンドが好きだった方には、いきなりユーロ系の鈍色ヘヴィ・シンフォ作になったように思えてイマイチと感じるかもしれないが、Lee Abrahamが解き放たれたように伸び伸びと思うままにギターをプレイしているサウンドは意外な程に爽快感があるので、食わず嫌いせず一度チェックしてみて欲しいですね。

ヘヴィでダークなサウンドばかりな中で、軽やかで爽やかなアコギを紡ぐ Lee Abrahamのプレイは、変わらずデリケートな音色で実にポップなフィーリングを感じさせてくれるんですよね~♪(*´ω` *)




by malilion | 2019-10-30 07:01 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/30549357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< YESトリビュート・バント... オランダのメロディアス・フ... >>