人気ブログランキング |

80年代サウンド最後の輝き…USAクリスチャン・ハードポップバンドFIGHTERのアルバムがデジタルリマスターで待望のリイシュー!

c0072376_17312646.jpgFIGHTER 「The Fighter Demos」'19

88年に結成され90年代初期にUSAアイオワ州をベースに極短い期間だけ活動したキーボード入り5人組クリスチャン・メロディアス・ハードポップ・バンドの1st、2nd待望のデジタル・リマスター再発に合わせ、デビュー前のデモ音源も今回初お目見えしたので即GET!

キャッチーでブライトなサウンドが特徴な80年代メインストリーム・サウンドが身上の本バンドですが、フロントマンである Amy Wolter嬢以外にドラマーを務める Sean Murphyもリードヴォーカル(AOR向きな良い声!)を半分程担っており、クリスチャン系バンド定番な分厚く爽やかなコーラスに加え、男女ツイン・ヴォーカルという武器も持つ、正にフック満載なハードポップサウンドを演るのにピッタリなバンド編成と言えましょう。

クリスチャン・バンドという事もあってか当時余り輸入盤が出回らなかった(今は亡きLong Island Recordsがディストリビユートしてたなぁ~)マイナーなバンドなれど、その筋では当時から有名なバンドで、正に今回は待望といった感の強いリイシューです♪ いやー! ホント、目出度いっ!('(゚∀゚∩

当時、日本盤がゼロコー辺りからリリースされても少しもおかしくない、煌びやかなキーボードがフィーチャーされ、エッジあるハード目なギターサウンドがピリリとキャッチーでコンパクトな楽曲を引き締める、ハイレベルな完成度の爽快USAサウンドなれど、クリスチャン・ロックというカテゴリーとインディ・レーベルからのリリース、そして折しも全米を覆ったグランジーの波に呑まれた為か敢えなく2ndリリース後間もなくして解散してしまった彼等、今回リイシューされたデビュー作『The Waiting』'91と続く『Bang The Drum』'92 のたった二枚しか音源を残していないのが非常に非常に残念です…・゚・(ノД`)

さて、本デモ音源集ですが、基本的に後にデビューアルバムに収録される楽曲が納められており、デビュー作制作過程で数曲がカットされたその音源も含んでいる(デモに未収録で1st録音課程で追加された曲は含まず)点と、アレンジの違いやコーラスが無い等の完成前の彼等の“素のサウンド”を知る事が出来る、といった資料的な価値以上があるとは余り思えない作品(音はお世辞にも良いとは言えない、まぁデモテープの音だし)なのは間違いありません、が、だからこそファンにとっては堪らないマニアックな音源とも言えますね(*´ω` *)

今回のリイシューにあたって1st、2nd共にボーナストラックとして未発音源をプラスしてリリースしてくれたのは、オリジナル盤を持っているファンにとっても大変嬉しいサプライズであります。

あと、細かい違いで言うと1stのジャケのカラーの濃淡が濃い目で陰影がキツ目になっているのと、バンドロゴが今回のデモと同じ手書き文字風になっている変更(2ndのデザインは同じ)がありますね。

またデジタルリマスターの効果でかボトムの音が少しアップした輪郭のハッキリした音になっておりますが、元からオリジナルアルバムの音がそこまで悪くはなかったのでリマスター効果絶大、とまでは言えないマイルドな仕上がりかと個人的には思いますね。

それにしても今聞き直してもホントにいいサウンドを聴かせてくれるバンドだったなぁ~、と嬉しくなってしまいますね。
2ndの方がサウンドのハードさがアップし、ピロピロとテクニカルなギターパートや Sean Murphyのヴォーカルパートも比重が増えて、よりパワフルでマッシブになった熱唱とキャッチー・サウンドがクローズアップされた作風で、ホントにこれが最後のアルバムとは思えない素晴らしい出来なのがまた…・(ノД`)

また、フィメール・ヴォーカルながら太くパワフルな下から上まで綺麗に伸びる可憐な歌声を披露した Amy Wolter嬢がFIGHTER解散後、94年に『Hit me in the Heart』なるソロアルバムをリリースした他、バンドの他メンツが表立って活動をしたという情報は伝わっていないのが悲しい限りですが、きっと地元のローカルシーンでは未だに音楽活動を続けているものと信じております…

80年代後期のキャッチーでブライトなUSAメインストリーム・ロックサウンドがお好みの方なら是非GETしていただきたいバンドのアルバムですので、もし未聴な方がおられましたらサンプル音源等ネットに上がっているので、一度チェックしてみて下さい。

今回のリイシューは限定盤との事なので、お求めの方はお早めに!

このリイシューに合わせてオリジナルメンバーで再結成! ってなニュースが飛び込んで(年齢的に無理かなぁ)こないかなぁ~、とか尽きぬ妄想が膨らむばかりです…ホント、80年代から90年代初頭にかけては素晴らしい時代だったなぁ…





by malilion | 2019-10-23 17:23 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/30520705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリンをフィーチャーし... ポップでキャッチーな北欧フ... >>