人気ブログランキング |

北欧ブリテイッシュ(ナニソレ!?)シンフォHRバンドMAGIC PIEが4年ぶりに新譜リリース!

c0072376_09360663.jpgMAGIC PIE 「Fragments Of The 5th Element」'19

着実にスキルアップとサウンドスケールを拡げる北欧ノルウェー産ツイン・リードヴォーカルを擁するHR風味な6人組シンフォ・バンドが4年ぶりに5thアルバムをリリースしたのを、ちょい遅れてGET!

相変わらずシンフォ系では珍しい濁り声で熱唱するリードVoをフロントマンに据えている彼等だが、久しぶりとなる本作は前作からのメンツに変動が無く、変わらぬオッサン6人組によるトリプルVoを活かしたメンバーが一丸となってのブ厚いコーラス・ハーモニーが実に爽快だ。

一時期シリアスなシンフォ路線へサウンド傾向が変化したものの、オリジナル・キーボーディスト Gilbert Marshallが脱退してシンフォ風味タップリな新バンドELEPHANT PLAZAを結成するのを横目に、新たなキーボーディスト Erling Henangerを迎えて初期からのブリティッシュHR風味なハードドライヴィンするシンフォ・ロックへ再び軌道修正した訳ですが、待望の本作では立体的に交差するSPOCK'S BEARD張りなブ厚いコーラス・ハーモニーはそのままに、時に官能的なメロディを紡ぎ時に切なく咽び泣きまくりと大活躍するハードエッジなギターと、HR風な刻むオルガンや煌びやかでシンフォ風味なシンセサウンドでセンス良くバンドサウンドを飾り立てるテクニカルなキーボードがスリリングにせめぎ合いながら北欧特有の美旋律を織り成し、ちょっとQUEENっぽい華麗な香り漂うドラマチックサウンドが駆け抜ける様が”正にHRバンド!”ってなスリリングなサウンドを叩き出しております('(゚∀゚∩

前作は軌道修正の意味もあったのか、常より強めにクラッシックなブリティッシュナイズされたHRサウンドっぽいタッチが楽曲のそこここから薫り立っておりましたが、バンドメンツが久しぶりに安定し活動も順調なのも影響したのか本作ではブリティッシュHR風味なサウンドをベースに、よりメロゥで繊細な音使いでリリカルさを増した感傷的なシンフォサウンドや、繊細な美旋律が如何にも北欧という寂寞感を漂わせる翳りある妖しいメロディがセンチメンタルな叙情を醸し出す楽曲等、これまで以上にバンドサウンドの幅を拡げた冒険作のように思える。

勿論、ブルージーな泣きのギターと訴えかけるハモンドが胸に迫る殆どHRな楽曲もキープしつつ、定番の変拍子&高速キメ&ハッタリの畳み掛けアンサンブル等々を垣間見せる弾き倒しプレイで疾走感バリバリに押しまくるパートもしっかり楽しめるので、彼等の初期からのコンパクトな楽曲と駆け抜ける鮮烈なブライト・サウンドが気に入っている方も安心だ(*´ω` *)

また、本作の多様なスタイルの楽曲を歌い上げる為か、音楽性の幅が拡がった故か、いつものダミ声シャウトを抑えた歌唱スタイルを Eirikur Haukssonが多用しており、ブ厚く複雑に交差するコーラス・ハーモニーとより一体化したヴォーカル・アプローチがこれまで以上に優美な感触を楽曲に与え、どちらかと言うとパワフルな“圧し”要素が多く耳についた彼等のサウンドに優美な“引き”の繊細さや気品という要素が加わって、より一層にバンドサウンドの“深み”と“格”が上がった印象を受けました。

この Eirikur Haukssonのヴォーカルスタイルの変化は、もしかしたら同郷のシンフォバンドKERRS PINK『Mystic Spirit』'13 にヴォーカリストとして加入したのと、今やブリティッシュHRの生き字引的存なURIAH HEEPでお馴染みな Ken HensleyのLIVEバンドであるLIVE FIREにフロントマンとして参加し、KEN HENSLEY & LIVE FIRE『FASTER』'11、『LIVE!!』'13 と、スタジオ作とLIVE作にそのパフォーマンスを残したバンド外の経験も、何らかの影響(今頃?)を与えたのかもしれない。

聞き込んでいくと気がついたのだが、売りのブ厚いコーラス・ハーモニーのスタイルが、以前はMOON SAFARIのようなYESに影響を受けたシンフォ系バンド定番な優美なコーラスではなく、パワー押しなSWEETのようなUKバブルガム・バンドの朗らかコーラスやHEEPばりの妖しさ満点な裏声コーラスを絡ませるスタイルだったのですが、本作では所謂普通のシンフォ系で良く聞かれるYES風な繊細コーラス要素が強まったように思え、それもバンドサウンドの優美さが増して聞こえる要因なのかもしれません。

デビューしたての頃は、SPOCK'S BEARDやTHE FLOWER KINGSの影響ばかり取り沙汰されておりましたが、ことここに至ってはGENESIS、KANSAS、EL&P、DREAM THEATER等の影響も伺えつつ、それら全てをブリティッシュナイズされたHRサウンドと北欧シンフォサウンドを絶妙にMIXして、他の誰でもないオリジナリティあるサウンドを確立するに至った彼等。

前作で活動十周年を迎え、まだまだ伸びしろを感じさせるそのダイナミックな北欧シンフォHRサウンドを一層に進化させ、末永く楽しませて欲しいものであります。

変拍子&高速キメ&畳み掛けのテクニカルでソリッドな演奏や、ブリティッシュHR好きでメロディアス、そしてキャッチーでブ厚いコーラス好きな方は彼等の新譜を是非チェックしてみて下さい!





by malilion | 2019-08-30 09:28 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/30426552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< LAの一流セッション・ギタリ... ハープサウンドをメインに据... >>