人気ブログランキング |

Jeff Scott Soto率いるSOTOのゴリッゴリなモダン・ヘヴィネスサウンドに変化の兆し。メロディアスさが増した新譜をリリース!

c0072376_17515147.jpgSOTO 「Origami」'19

Yngwie Malmsteenに見いだされ、以降長きに渡って様々な世界中のプロジェクトやバンドに参加してきたUSメロハー界きっての働き者ヴォーカリスト Jeff Scott Soto(現SONS OF APOLLO、ex:Yngwie Malmsteen Band、ex:TALISMAN、ex:JOURNEY、etc…)が自身のリーダー・バンドとして始動したUSモダンHMバンドSOTOの、前作『Divak』'16 から3年ぶりとなる通算三作目がリリースされたのを、ちょい遅れてGET!

それまで甘いメロディ主体なキャッチーなユーロ系のメロハー・バンドにばかり参加してきた反動でか、ゴリッゴリのダークネスな鈍色USモダンHMサウンドを披露して彼の活動を80年代から追い続けていたファン達を落胆させたデビュー作の苦い苦い記憶が、未だにこのバンドの日本国内での人気をスポイルしていると個人的には思っとります。ハイ('A`)

キャリアも実力もメロハー系に置いては人気だって申し分無い割に報われる事の多くない Jeff Scott Sotoでしたが、アメリカンHM界の凄腕メンツ等が結成した新ス-パー・プログHMバンドSONS OF APOLLOに近年フロントマンとして迎え入れられたのが心理的にも経済的にも余裕をもたらしたのか、フラストレーションの塊を叩きつけるかの如き一切甘味の無い無愛想な怒号サウンドに前作で幾分メロディアスさが感じ取れるようになり、続く本作でもメロディアスさが幾分か増して(1曲目のダンサンブルでデジタリー、そしてポップでキャッチーなメロディアスな楽曲には驚かされた)感じられ、お得意のファンキーさを封印し、上から下まで存分に伸びる強靱な喉を轟かす、パワフルでエモーショナルな Jeff Scott Sotoの骨太ヴォーカルを存分にフィーチャーした、テクニカルでソリッドなモダンUSヘヴィサウンドを本作でも披露している。

現行のUS産モダンHMバンドらしいソリッドでヘヴィなダークサウンドは、依然として硬質でドライ、そしてマッチョでタフな雰囲気に満ち満ちているものの、前作よりさらにポジティヴなエナジーが充満して感じられ、重々しいリフでゴリゴリ攻めまくるテクニカルでエッジあるギターをメインにしつつ、キャッチーなコーラス・ハーモニーも時折交え、グルーヴィなボトムのウネリとうっすら哀愁漂うウェットなメロディが甘過ぎぬ絶妙のバランスで配合された、パワフルなシャウトだけでなく深みあるディープヴォイスを活かしたバラード調の楽曲もしっかりと披露して Jeff Scott Sotoのスキルの高さを十二分に実感させる、良くプロデュースされたUSモダンヘヴィネス作に仕上がっていると言えるでしょう。

元々 Jeff Scott Sotoのソロ・アルバムの楽曲をLIVEで披露する為に集められたバンドがスライドしてSOTOに成った訳ですが、残念ながら本作で初のメンバーチェンジが勃発してしまい、ベーシストが David Zから Tony Dickinsonへチェンジしている。

ただ、メンバーチェンジがあったものの本バンドのキー・プレイヤーである、目立たないけれどしっかり味あるフレーズとテクニカルなリード・プレイを披露するスペイン人ギターリスト Jorge Salan(G)とソリッドでタイトなドラムでバンドの土台を支えるブラジリアン・ドラマー Edu Cominato(Ds)の2人は変わらず在籍しておりサウンドへの影響はほぼ感じられないので、前作が気に入っていたファンの方はご安心を。

そうそう、地味ながらしっかりサウンドに厚みと彩り(ブラスをフィーチャーした楽曲は、恐らくキーボードのサンプルだろう)を加えている BJ(Guitars & Keyboards)の存在も決して忘れてはならないと思っとります(*´ω` *)

心機一転、SONS OF APOLLOと同じソニー傘下のInsideOut Musicへ移籍しての初のアルバムとなる本作には、Jeff Scott Sotoの長年のキャリアに裏打ちされた揺るぎ無い自信と、SONS OF APOLLOともソロ作とも、これまでFrontiers RecordsやESCAPE MUSICフィールドで参加してきたユーロ系メロハー・バンド達とも違う、独創的で現代的なヘヴィ・サウンドが深く刻まれているので、彼のファンは無論の事、USモダンHMサウンドが好きな方にも是非一度チェックしてもらいたいアルバムであります。



by malilion | 2019-06-30 17:46 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/30343311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 唯一無二の強烈なハイトーン・ウ... UKベテランHRバンドT... >>