ドイツ産だけどアメリカンロック?  E・Martinがゲスト参加なHARTMANNの新譜がリリース!

c0072376_09401388.jpgHARTMANN 「Hands on The Wheel」'18

元AT VANCEのフロントマン&ギタリスト Oliver Hartmann率いる4人組ドイツ産AOR&メロディアス・ロックバンドの2年ぶり通算6作目がリリースされたので即GET!

ドイツ産バンドなのに如何にもアメリカンなAOR風ロックサウンドが身上の彼等だが、前作よりカントリー・テイストも取り入れる事により益々アメリカン風味が増した彼等だが、本作もその路線は変わらず、言われなければドイツ産バンドのアルバムとは決して思わぬアーシーで埃っぽい枯れたサウンドが味わい深いオールド・アメリカンスタイルが顕著なメロディアスな作品だ。

サウンドがアメリカン路線だからか、以前から白蛇のデビカバ風っぽかったりMr,BIGの Eric Martin風っぽかったりの抜群に上手い歌心に満ちた渋いヴォーカルを披露する Oliver Hartmannだが、今作では遂にそのMr,BIGの Eric Martin(!)がゲストで一曲に参加となって、一気にバンドサウンド及びヴォーカル・スタイルの焦点が絞り込まれた感が強まっている。

それにしても Eric Martinをフィーチャーしての楽曲で、堂々と対等に渡り合ってデュエットしているのを聞くと Oliver Hartmannはホントに歌が上手いんだなぁ、とハッキリ再確認させてくれました。

これでギターの腕前もリードギタリストを兼ねられる程のテクニカルな技巧派ってのが、ホントに嘘みたい(*´ω` *)

無い物ネダリなのは分かっちゃいるけど、デビュー当初のHMバンドに相応しいハイトーンのパワフルシャウトで喉を唸らせていた Oliver Hartmannの歌声が実に格好良く好きだっただけに、この激渋路線の穏やかで深みある歌声ばかり披露する路線が少々残念だが、まぁ騒々しくスピーディーなHMサウンドと決別してソロバンドを立ち上げたんだし、今さらそれを言うのは野暮ってもんでしょうね…('A`)

埃っぽくアーシーなオールドスタイルのアメリカン・ロックをベース(EAGLESみたいなサウンドが飛び出してきて苦笑)にしつつ、AOR風なヴォーカルアプローチやカントリーテイストも隠し味に、少々メロハーっぽいギターサウンドやプレイなんかでダレそうになる楽曲を程良くキリリと引き締めてエッジとフックを加味したバランス抜群なそつ無いサウンドって、一番近いのはポピュラー系ポップスなんだろうけど、こちらの方が断然にサウンドが持つ躍動感が上だし、歌メロだったりバックの演奏に隠し味的にユーロティストが漂ってキャッチーさとウェットさも忘れていない、US産ポップアーティストには無い深い味わいが実に素晴らしい欲張りなバンドサウンドを披露してくれる。

バンドメンツに変動はなく前作と同一なものの、前作は意図してかカントリーっぽい乾いたギターの音色といい、かなりアメリカン・ポップスを意識したドライな音創りが耳を惹いた訳だが、本作ではもう一度以前のアメリカン路線だけどウェットさを残した音に戻っているのは微妙ながら個人的に気になるポイントでした。

まぁ、あんまりやり過ぎると只のアメリカン・ロックの劣化コピーになってしまうので、ユーロ圏バンドとしてのアイデンティティも保ちつつな各種要素をMIXさせてモダンに仕上げた音、ってスタンスなのかもしれませんね。

バランス重視で刺激強めな音楽性って訳でもないし、前作と同じくミッドテンポとバラードな楽曲が多く、ややもすると今時の若いロックリスナーにはダレて聞こえる渋過ぎなサウンドかもしれないが、適度にアップテンポな楽曲も挟みつつ、幅広い音楽性と抜群に上手い歌声の妙で聞く者の耳を惹きつけ、最後まで飽きさせぬのはお見事と言う他ないでしょう。

これだけ見事なアルバムをリリースしているのに知名度がイマイチなのは、やっぱりモダンでシャレオツな音楽性に反してムサい鬚ズラなオッサン達の風貌(汗)なせいなのか、分かりやすい刺激に乏しい味わい深い系AOR&ロックなせいでしょうか……(´・ω・)

そうそう、前作にあったアルバム本編が終わってからの隠しトラックを今回も期待しましたが、流石に二作続けてはありませんでした(w

白蛇好きな方やMr,BIG系のアメリカン・ロック好きな方は、ドイツ産と思えぬポップでキャッチーな高品質アメリカンAORサウンドですので是非チェックしてみて下さい('(゚∀゚∩





[PR]
by malilion | 2018-08-14 09:33 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29686893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブルガリアのHMバンド... 英国メロディアス・ロックバ... >>