英国メロディアス・ロックバンドDAREがデビュー作30周年を記念し、リレコーディング作としてリリース

c0072376_19513461.jpgDARE 「Out Of The Silence II」'18

記念すべきデビュー作『Out Of The Silence』リリース30周年を祝し、88年作を再録音したAnniversary Special Editin盤がリリースされたのでGET!

再録とは言っても当時のメンバーはもうリーダーでフロントマン、そしてキーボーディストの Darren Whartonと復帰したオリジナルギタリストの Vinny Burnsしか居ないので当然サウンドのタッチも変わる訳だが、新曲があるわけでなし、プロダクションもプレイもオリジナル盤に及ばないという、本当に熱心なファンから集金する為だけの再録記念盤と言えよう。

オリジナルにあったメロハー的なエッジや瑞々しい清涼感、そしてロック的なダイナミクスや雄大さがすっかり失せ、どっぷりとソフトケイスされ奥行きの無いサウンドのAOR作と言っても過言ではない実に穏やかに美しいメロディが蕩々と終始流れていく…('A`)

唯一評価出来るのは Darren Whartonのヴォーカルスキルが向上している点と、オリジナルより一段と円熟味の増した深みあるプレイや絶妙な“泣き”のフレージングを Vinny Burnsが垣間見せてくれる点で、その差を聞く為だけのアルバムと断言してもいい。

あ、7曲目の“King of Spades”だけExtended Editionとなって、オリジナルは4分後半台だったが6分30秒と大きく楽曲タイムが長くなっております。

手厳しい事を述べましたが、近年のすっかり牙が抜けて惰弱なAORバンドに成り下がってしまった彼等のアルバムしか知らぬファンの方ならば十分に受け入れられる穏やかで優しいメロディが終始奏でられている内容なので、実は未だにオリジナル1stが入手出来ていない、という方にはこの記念盤は嬉しいサプライズなのかもしれない…

元THIN LIZZYの Darren Wharton率いる新鋭ハードロックバンドのデビュー作! って、売り文句で当時は紹介されてたなんて、今のサウンドからは全く想像出来ないよなぁー…

いや、その前にオリジナル盤をリイシューすればよくね? やっぱレコード会社的な契約で再発出来無い、ってヤツですか? そんなにメチャクチャ売れた訳でもあるまいし、そう版権高くもないっしょ? ああ、権利どこぞの再発レーベルが買い取ってくれないかなぁ…('A`)

80年代末期のゴージャスでバブリーなHM全盛期の残り香を纏った期待の新鋭バンドだった頃の彼等を知る身としては、今の気の抜けたコーラみたいなサウンドが唯々悲しいのですが、まぁ、長い時を経て彼等はAORバンドになったんだ、と割り切れればそう本記念盤も悪い出来ではない…のかな…?

c0072376_19515383.jpg
しかし、このいバンドって再録が好きですねぇ。

以前も3rdアルバム『Calm Before The Storm』を再録してましたが、初期のロックテイストがあった楽曲を今の軟弱AORサウンドへ改変しないと気が済まないんでしょうか?

それともデビュー作故に色々と心残りがあって、それでこの穏やかなサウンドに?? それこそ、何故に??

つーか、この内容で Vinny Burnsは納得しているの? TENよりソフトなバンドに、どうして未だに在籍するの??

……これ以上何か述べても懐古ジジィの戯言みたいにしかならないので、本作の評価についてはどうぞ各自ご自身の耳で判断して下さい。




[PR]
by malilion | 2018-08-04 19:47 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29670335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ドイツ産だけどアメリカンロッ... テクニカル・オセアニアン・モタ... >>