テクニカル・オセアニアン・モダン・シンフォバンドの期待の新星SOUTHERN EMPIREが待望の2ndをリリース!

c0072376_13060077.jpgSOUTHERN EMPIRE 「Civilisation」'18

解散・分裂したオーストラリアのメロディアス・シンフォニック・バンドUNITOPIAのキーボーディスト Sean Timmsが新たに結成した5人組技巧派モダン・シンフォバンドの15年デビュー作に次ぐ2ndが3年ぶりにリリースされたのをちょい遅れてGTE!

デビュー作はスタジオLIVE映像を収録したボーナスDVD付きの2枚組豪華仕様と大盤振る舞いだったが、続く本作もデジパック仕様なもののボーナスDISC等は付属していない通常の1枚ものだ。

洋上を行く帆船だったジャケデザ(KANSASっぽいサウンドかな?と期待したのは内緒だ)が、本作ではFINAL FANTASYを連想させる幻想的でSFチックな飛行船へ変更されており、その如何にもプログレ系という月夜を進む飛行船の美しくファンタジックな姿に弥が上にも期待が高まるが、そんな想いに応えるハード&テクニカル志向のスケール感抜群な上に爽快なキャッチーさ満点のプログHM&シンフォ・ロックサウンドを今回もバッチリ披露してくれている(*´ω` *)

デビュー作の触れ込みで比較されたバンドは、TRANSATLANTIC、MOON SAFARI、CIRCUS MAXIMUS、MIND'S EYE等だったが、それらのバンド群をより一段とモダンでシャープ、そしてフュージョンにも通じるテクニカル志向へシフトさせたそのサウンドは、Danny Loprestoのミドルメインでちょっと高域で掠れるけれど、ストレートで朗らか、そしてパワフルな歌声が実に魅力的で、US産バンド群より幾分ウェット感あるサウンドの上をしっかりとキャッチーな歌メロやメンバー達の流暢なコーラスがフィーチャーされていて、インディ・プログ系バンドがしでかすメロディそっちのけで無駄に展開が凝っているだけの楽曲を延々と披露するような自己満足的なアマチュア臭さは皆無な、冒頭から最後の一音に至るまでプロフェッショナルなミュージシャンシップが炸裂するメロディアス且つドラマティックな傑作でありました。

バンドを創設までしたのだから当然だが、デビュー作では華麗で煌びやかな Sean Timmsの軽快なキーボードプレイが俄然目立って耳を惹きつけていたが、シンフォ系定番のクラシカルで重厚な音の壁をキーボードが構築するような三流ポンプバンドのような無粋はせず、JAZZやAORっぽいムーディーさだったりエキゾチックなムードのフレーズやリズミカルなプレイが実に新鮮で、若干メタルテイストあるプレイやフレージングを聞かせる Cam Bloklandのテクニカル且つエモーショナルなギタープレイを筆頭に実力派インスト陣が織りなす巧みなプレイも総じてハイレベルで、歌モノ楽曲のようなヴォーカルをメインに据えたキャッチーさも兼ね添えたフュージョンチックでモダンな楽曲構成の一癖も二癖もあるスピーディーな切り返しや、バンド一丸になって畳みかける疾走感ある怒濤のアンサンブルは手に汗握るスリリングさで圧巻の一言('(゚∀゚∩

本作でもその妙は変わらず楽しめ、前作の音楽性を踏襲しつつダイナミックさと繊細さに更なる磨きを掛けたテクニックとセンス共に申し分なく聴き応え抜群なアルバムで、下手をすると前作以上に軽快で独特なファンキーでダンサンブルでさえあるリズミカルな楽曲が巧みなコーラスも配されたシャレオツなヴオーカル・オリエンデッドな作風で展開され、彼等が単なるバカテク集団なだけでない、まず第一に楽曲と歌をしっかりと聴かせる事に注力している本当の意味でプロフェッショナルなミュージシャン集団なのだと再確認させてくれる。

キャッチーでメロディアスなフックある Danny Loprestoの華やかな歌メロをメインにメンバー全員で幾重にもうっすらとコーラスを時間差で重ね織り成すポップスのような様や、デビュー作で要所要所をピリリと引き締めていたメタル・テイストなギターサウンドが減退している為か、全体的に前作よりサウンドがソフトになったかのようなイメージを一聴して受けるが、シンフォ度は本作の方が断然上で楽曲のスケールも一段と増し、所々に配されるKANSASチックなストリングスが紡ぐメロディは極上の美しさで、ハッタリ抜群のキメ技連打や高速ユニゾン・バトルも控え目ながらしっかりとフィーチャーされており、前作より引きのパートが多く感じるものの(ミステリアスなフレーズやリズムがイイ!)それがより一層にアルバムが語るストーリーのイマジネーションを掻き立て、随所で光るリーダー Sean Timmsの操る鍵盤が紡ぐシンフォ・アレンジもハイソで嫌味無く、実にモダンで優美なバンドサウンドの気品を増す一役をさり気なく担っているのは見事の一言に尽き、全てが高い次元で結実した結果、バンド2作目にして驚きの完成度を誇る爽快ドラマティック・サウンドなアルバムに仕上がったのだろう。

いやホント、これだけテクニカルでシンフォニックなサウンドなのにユーロ圏のバンドのような重厚さは程々でスタイリッシュに纏め上げられ、それでいてキャッチーな歌モノな印象が大きく残るモダン・ロックサウンド、尚且つ米国産バンドのようなドライさやポップスのような軽薄さは皆無に仕上げられているのは生半可なセンスやコンポーズ能力じゃ不可能ですよ。ええ。

ぶっちゃけ、このバンドのアルバムの国内発売が何故見送られているのか謎過ぎます(ツд`)

SPOCK'S BEARDやTRANSATLANTIC、MOON SAFARI等が国内盤リリースされているのなら、同じ客層に絶対に受けると言うのに…

近い将来、必ず国内盤がリリースされるだろう期待の新鋭バンドとして、是非皆さんも今は外盤を購入して彼等を応援してあげて下さいね。

また、前作に引き続き多国籍なメンバーが名を連ねるTHE SAMURAI OF PROGからヴァイオリン&フルートを操る Steve Unruhがゲストに招かれアルバムに華を添える、華麗にして艶やかなプレイを披露しているのもデビュー作を気に入った方には朗報ですね。




[PR]
by malilion | 2018-08-02 13:01 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29666242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 英国メロディアス・ロックバ... 3の2nd? いいえ、3.2な... >>