3の2nd? いいえ、3.2なる新ユニットだけど、実質 Robert Berryのソロ作みたいなアルバムです。

c0072376_11211654.jpg3.2 「The Rules Have Changed」'18

米国プログレッシヴ・ロック界でも名うてのマルチ・プレイヤー、Robert Berryが Keith Emerson(Key)と Carl Palmer(Ds)とで88年に結成し短期間で消滅してしまった3を復活させて新作をリリースしたので即GET!

……したはいいけど、うーん…なんていうか、レビューするのに困ってしまう一枚なんですよね。

モヤモヤした気分を抱えて何度か繰り返し聞き続けて見たんですが…

“あの3”の続編という触れ込みで情報が飛び込んで来たものの、実際には Keith Emersonと Robert Berryのみのコラボレートで、そこに Carl Palmerは一切関わっていない、“3.2”なる新名義ユニットの作品という事実。

Robert Berryとのコラボレーション途中で Keith Emersonが自殺してしまった為に楽曲のアイディアが完成しているのは数曲のみ(Keith&Robertのクレジットからなる楽曲は全9曲中4曲のみ)で、まだまだアルバムは未完成だったという事実。

残されたアイディアや楽曲構想を Robert Berryが独力で再構築し、全ての楽器を演奏し、歌い上げ、まさに八面六臂の活躍でアルバムを完成させた、Keith Emersonのプレイは一切収録されていない、実際の所は Robert Berryのソロ作に近い状況な作品だという事実。

こういった情報を耳にすると、どうしたって感傷的な気分になるし、Keith Emerson生前最後の楽曲という価値も手伝って、本作を無下に出来かねる状況にならざる終えない訳なんですが…(汗

上記の情報を一切排除してアルバムの音だけに耳を傾けてみると、実際キーボードのフィーチャー具合もなんだかイマイチな、意図して3のデビュー作っぽいキーボードサウンドを再現しているけれどソレは結局音だけだというチグハグな部分(Keith Emersonっぽい音で他人が中途半端な再現度の演奏をしている、という印象)を感じる点や、盟友の死というヘヴィな状況を乗り越えてアルバムを完成させた疲労や苦悩からなのか Robert Berryの歌声が所々でいつになく疲れて荒れたような印象を受け、その為か肝心な歌メロも彼の他のソロ作と比べてキャッチーさや艶やかさが欠けて聞こえ、オマケにサウンドを3に近づければ近づく程 Carl Palmer不在が大きく影響したのかリズムに力強さやキレ、独自性が薄い、というなんとも煮え切らぬ完成度のアルバムに聞こえるのです。

なんて文句を垂れておいてなんですけど、冷静になって考えてみればオリジナルの3のアルバムだって、やたら大仰に鳴り響く弾きすぎなキーボードに、やたら自己主張の強いうるさいドラムスが耳につくバランス極悪なサウンド(当時はやたら Keithの大仰なキーボードイントロがTVでジングル代わりに使われてましたねぇ)であったのを、当時殆ど無名だったベースとヴォーカルの Robert Berryがそのプレイで懸命に繋ぎ止めてなんとか曲の態にしていた、と考えるとむしろ本作3.2のサウンドの方がバランスは重視されていて、よりヴォーカル・オリエンテッドで纏まってる作風と言えなくもないんですけどね(汗

とまれ本作の評価は、何を求めてこのアルバムを購入したかで大きく変わってくるのではないでしょうか?

幻の3の復活という幻影や、故 Keith Emersonの残した楽曲や、彼の残り香的なものを求めている向きには十分に本作を楽しめると思います。

3というEL&Pを現代的にブラッシュアップしたバンドが、さらに今現在のモダン・サウンドで蘇るハズ! と思っていた向きには少々不満が残る出来に思うのではないでしょうか?

GTR、3、へ参加した後、米MAGNA CARTAレーベルお抱えミュージシャンとなって多数のコラボやトリビュート作や数多くのバンドの作品への参加を知るRobert Berry個人のファンで、彼のコンポーズ能力が活かされたキャッチーでフック満載なAOR&メロハー的なサウンドを求める向きは、残念ながら殆ど愉しむ事が出来ぬ一作となってしまうのではないかと…orz

まぁ、本作を購入される殆どが、3の続きや Keith Emersonが残した最後の作品を聞きたい、という忠実なファンの方達でしょうから、これ以上何か言うのは無粋でしょうし、この辺りで終わりにしておきます。



[PR]
by malilion | 2018-08-01 11:14 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29664387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< テクニカル・オセアニアン・モタ... CHICAGO meet DE... >>