華麗に蘇ったオランダの貴公子Robby Valentine率いるVALENTINEが新譜をリリース!

c0072376_00585091.jpgVALENTINE 「The Alliance」'18

オランダの貴公子こと、Robby Valentine率いるVALENTINEの14年リリース『BIZZARO WORLD』以来約4年ぶりとなるスタジオ・アルバムがリリースされたのをちょい遅れてGET!

確か最初のソロを含めて10枚目くらいだったはず(汗

最初のソロをバンドと捉えるかどうかや、国内盤未発のトリビュートアルバム等でアルバムのカウント数が変わってくるのがややこしい…

本作制作の前にQUEENトリビュート作をリリースした事も関係しているのか、やり切ったと思ったのか、今作のサウンドはいつもよりもQUEEN的なカラーが弱まっているように感じる。

いや、勿論未だにそこかしこでQUEEN張りな重厚なコーラスだったりフレーズなんかが聞けるけれど、初期のような露骨なフォロワー臭さは薄れているのは彼個人のオリジナリティの確立という点を考えても非常に良い事でしょう。

QUEENからの影響だけでなく THE BEATLES、MUSE、ELO、等がMIXされた本作は、一時のダーク&ヘヴィ路線から初期の作風へ戻った流れの末に一気にソフトポップ化しており、これまでで一番ハードなロック要素の薄いアルバムと言え、今までの彼のディスコグラフィを考えるとコレは大事件なのではないでしょうか?

ライナーで告白しているが Robby Valentineは過去数年間、重度のウイルス感染による片目の視力喪失など、プライヴェートで心悩ませるいくつかの問題を抱えていて、それが引き金になったのか鬱病も併発し、精神的に創作が厳しい時間が長かったと言う。

数作前のダークでヘヴィだった作風当時、その手の問題を抱えていた事が反映して、あの暗く粗い陰鬱な作風だったのだとすれば頷ける話だ。

その手の問題を本作創作中に乗り越えられたからなのか、前作までに漂っていた重苦しく張り詰めた雰囲気がアルバムから消え失せ、代わって初期のような若さ故の才気走った焦燥感とも違う、実に落ち着いた穏やかな何かゆったりとした空気感が本作のサウンドには漂っているように感じられるのは大変喜ばしい。

やっぱり彼のパワーは無いけれどデリケートで優しげな歌声やメロディックでキャッチーな音楽性には、ダークで陰鬱な要素は似つかわしくないものね(*´ω` *)

ただ、Robby Valentine自身が語っているが、David Ickeなるニューエイジ系などのUFO的な“キナ臭い”モノに絡んでいる英国ジャーナリストの提唱するレプティリアン宇宙人陰謀論が本作に色濃く反映している様子で、病や心の苦しみの救いをニューエイジ思想へ Robby Valentineが求めた結果、本作のどこか悟りを開いたような穏やかなサウンドへ音楽性が変化したのだとしたら、ちょっと先行きが心配だったりして…

サンタナもそうだったけど、昔から特定の思想やオカルトにハマる音楽家は結構いて、その結果サウンドが一気に解脱してあさっての方向へリスナーを無視して飛んでいってしまう事があるのがね…(汗

今の時点でニューエイジ思想の影響はまだ穏やかなサウンドのバックボーンになっているに過ぎず、QUEENからの借り物ばかりだったサウンドに一大変革をもたらす切っ掛けになったのだとしたら、ロック的な熱いスピリットは弱めな本作のサウンドだけれど全否定する事も出来ぬだろう。

SF的ファンタジーやシニカルな思想も垣間見える、美旋律と壮大なスケールで綴られたソフト・ポップな本作は、QUEEN張りの重厚なコーラスをフィーチャーし緻密に構築されたドラマティックな楽曲と内省的でデリケート、それでいて道化のようにナルシスティックな妖しい華やかさも併せ持った Robby Valentineというアーティストの個性が余すこと無く詰め込まれた、久しぶりに快く耳を傾ける事が出来る美しい芸術的作品だ。

ここまで褒めていてなんですけど、華麗さや美しさにのみクローズし、ロック的なダイナミクスやハードさ、スピードといった心躍る“熱い”要素が非常に薄い本作は、寧ろAOR作に近いと個人的には感じますね。

ファンの期待を裏切らない、とハッキリ言い切れないのが少々もどかしいが、良質なメロディアス作である事には間違いない。



[PR]
by malilion | 2018-07-30 00:53 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29660259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< これがバンド最終作!? 結... まさかの復活! 米国産メロデ... >>