まだLEPSコピーバンド丸出しだった頃のGRAND DESIGNの2ndがリイシュー!

c0072376_13360846.jpgGRAND DESIGN 「Idolizer Re-issue.ver」'18

北欧スウェーデンのLEPSコピーバンド(当時)と話題になった彼等の2ndにボートラが加えられ、今年4月末にリイシュー済と小耳に挟んだので今頃GETしてみました。

オリジナル・リリースはAOR Heavenからでしたが、今回から契約を本国レーベルSHARP Music Swedenへ移してのリイシューとなっております。

Track List
01.Get On With The Action
02.Change Me Up
03.Oughtograuph [2017]
04.Your Love's A Runaway [2017]
05.Stealin' My Love
06.Let's Rawk The Nite
07.Addiction For Love
08.Idolize Me
09.Rawk Back To The 80s
10.You're Gonna Dig On It [2017]
11.Oughtograuph [Original ver]
12.Your Love's A Runaway [Original ver]
13.You're Gonna Dig On It [Original ver]

Remastered&Remixedでのリイシューにあわせてジャケット・デザインが新たに変更されております。

オリジナルのデザインも悪くなかったんですが、まぁ、抽象的過ぎると言えばいそうなのでもっと分かりやすいイメージへ変更したのでしょう。

どうやら今後はヒョウは登場させず、SFというか宇宙的なイメージ、もしくはサイバーなイメージで以後はバンドカラーを纏めようとしているのかもしれません。

またトラッリストを見れば一目瞭然ですが、ボートラとはオリジナルバージョン音源の事で、今回のリイシューに合わせて全体のサウンドをリマスタ-、そして3曲を17年リミックスヴァージョン音源に差し替えただけのアルバムです。

オリジナルリリースからそんなに時間が経過しておらず元々音がメチャメチャ悪くもなかったので、聞き比べれば分かりますが別段驚く程にリマスターとリミックスの効果でサウンドが変わっているとか楽曲イメージがガラリと変わるって事もないので、ダイハードな彼等のファンか音源マニア以外は手を出す必要はないでしょう。

具体的な変化でいうとリミックス音源は大まかに、ギター・サウンドが少々追加され前に押し出されたMIXなのとハーモニー・ボーカルのヴォリュームが上げられている点、そして Janne Starkによる新しいギターソロが追加され、80年代のポップヒットメーカー LILI&SUSIEの Susie Paivarinta嬢によるバッキングボーカルがトラック04に追加れている点が特に大きな変化と言えるでしょうか?

勿論、彼等の2ndをまだお持ちでない方はこちらのリイシュー盤をお求めになった方がお得ではあります。

なんでも本国を中心にDEF LEPPARD懐古サウンドがユーロ圏各国で大受けしたらしく、既に1stはレーベルでも完売だとか。

まぁ、元々DL中心な今の市場を考えるとそんなに数はプレスしてなかったんでしょうけれど、それでも北欧の弱小マイナー・コピーバンドのデビュー作が完売とは恐れ入ります。

そんな好評もあってレーベルを本国へ移しての本作のリシューという運びなのでしょうが、ドイツを中心に昔からSWEETやSAGAなんかのポップでメロディアス、そしてキャッチーなバンドが好まれていた層の需要に、本家DEF LEPPARDが再現しない旧ゴージャスサウンドを臆面もなくパクりまくるという禁じ手(笑)がドンピシャでハマったって事なんでしょうかね?

とまれ本家LEPSのサウンドを下地に遂にオリジナリティある魅力的なサウンドを構築しはじめた彼等の新作が早く聞いて見たいものです。



[PR]
by malilion | 2018-07-16 13:30 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29635449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 南国の風、で連想するのがSEB... まさかの15年ぶりの復活! U... >>