まさかの15年ぶりの復活! USシンフォバンドTEN JINNの新作は完全に別バンドの傑作だ!

c0072376_17151109.jpgTEN JINN 「Sisyphus」'17

まさかの復活を果たした4人組USA産シンフォ・バンドの、17年初頭にDL先行でリリースされていた15年ぶりとなる4thがプレスされ現物がリリースされたので即GET!

リーダーの John Paul Strauss(Vocals&Keyboards&Acoustic Guitar:有名なオーストリア作曲家の血脈に連なると自称)が3rdアルバム『Alone』'03を置き土産にスウェーデンへ移住するのに伴ってバンドは消失と思っていた訳ですが、実際は04年に米国へ戻り音楽学校で勉強を始めていたんですね…

数年後、音楽大学を無事卒業し、再びバンドを再集結させた彼が放つのは、ピアノとオーケストラの為に作曲された8つのパートから成る26分越えの交響曲『Sisyphus』の、ヴォーカル入りとインスト・ヴァージョンの2ヴァージョン、つまり楽曲としては1曲のみ、を2トラックだけ収録した変則的なアルバムだ。

ポンプの唸りも消え失せた1991年 John Paul Straussを中心に結成され、幾度かのメンバーチェンジを繰り返して97年に『Wildman』でデビューを果たすが、その1stアルバムに元HAPPY THE MANの Stanley Whitaker(G)をゲストに迎えるなど、70年代に活躍した同郷USAプログレ・バンドHAPPY THE MANの影響が、クリアーなフュージョン的サウンドを主体とするそのサウンドから色濃く窺える事は自他共に認める所だろう。

無論その他にも、GENESIS、GENTLE GIANT、JETHRO TULL、QUEEN、SAGA等といったバンドの影響も窺え、それら一連のプログレ&シンフォ系のサウンドにAORやニューウェーブ、その他にもハードロック要素や中世民族音楽等、様々な音楽要素をパズルのピースの様に組み合わせて加え、キャッチーなメロディ、緩急あるダイナミクス、巧みな楽曲構成、精巧なオーケストレーション、そして耳を惹くインストゥルメンタル・パッセージをコンパクトにまとめ上げ、アメリカ産バンドらしく鮮やかで爽快感のあるモダンでシャープな知性派シンフォ・サウンドをデビューアルバムでは披露している。

また、USA産シンフォ・バンドながらパワフルさやスピードといったサウンド要素は余り感じとれず、キーボードだけでなくMIDI Guitarも操るギタリスト Mike Matier(後にUS産YES系シンフォバンドHELIOPOLISとBOX OF SHAMANSへ参加)のプレイやChapman Stickやキーボードも操るベーシスト Matt Overholtzerのプレイもあってシンセサウンド主体なSAGAっぽいカナダ産ポップスっぽく聞こえ、その印象に拍車をかけるのがSAGAの Michael SadlerとVDGGの Peter Hammillを足して二で割ったような John Paul Straussの柔和で涼やかな歌声のイメージが大きくバンドサウンドのカラーを決定づけていたように個人的には思えます。

アッサリ気味だったデビュー作から打って変わり、Anne Riceのヴァンパイア誌『The Vampire Lestat』と『Damned of Queen』にインスパイアされた99年の2ndアルバム『As On a Darkling Plain』ではのっけから40分越えの大作を披露するなど、コンパクトなバランス重視から一気にシンフォバンドらしい大作志向へ路線変更し、JETHRO TULLとHAPPY THE MANを融合させたかのような、シャープでクリアーながら未だにポップさも保っているミステリアスなサウンドの、芝居がかったヴォーカルが好みを分ける出来には驚かされた。

バンドメンツに変動もなく、デビュー作に続き Stanley Whitaker(G)を再びゲストに迎えるなど総じて出来は悪くないものの、クリエイティビティの高まり故の大作だったのだろうが、教会オルガンやハープシコード、そして合唱団等で盛り上げているにも関わらずそのサウンドにはユーロ圏のバンド達が表現している“深み”や“艶”といったものが欠け(やっぱサウンドが軽いんだなぁ…インディ作だし仕方が無いけど)て聞こえ、また John Paul Straussのヴォーカルスキルもそういったコンセプト作的な物語を表現出来る程に高くなかった(声質はいいんだけどね…)のもあって、この手の重厚な大作に挑むのはバンドのポテンシャル的にも爽やかでスタイリッシュなサウンドが似合うバンドカラー的にも厳しいと当時感じたものです。

しばしのインターバルの後、03年に3rdアルバム『Alone』がリリースされたが、ここでアルバムデビュー以来初となる大きなメンバーチェンジが勃発し、ベーシストの Matt Overholtzerが脱退し、2ndリリース後に脱退していたギタリスト Mike Matierはバンドへ復帰、さらに新たにギタリスト Kenneth Skoglundを加え、ベースはドラマーの Mark Wickliffeが兼任でレコーディングするという変則的5人組編成になってしまう。

John Paul Straussと Robert NiemeyerのダブルキーボードにMIDIギターも操る Mike Matierがキーボード的ギターサウンドも添えるというSAGA的なキーボード偏重編成から、ツインギターに加えダブルキーボードという如何にもプログレ的な音の厚みとライヴパフォーマンスを重視したバンド編成で、しかも楽曲によってはギタリストとベーシストをゲストに迎えて制作された3rdアルバムのサウンドは、これまでのキーボード主体サウンドより明らかにワイルドでラウドなギターサウンドが活躍しているものの、けれどそれ程重厚にはなっておらず個人的にはこのツインギター編成には余り意味を見いだせませんでした…('A`)

またサウンドの方向性が今までのシットリしたウェット感とユーロテイストの色濃かったシンフォ系サウンドから様変わりし、朗らかワイルドなアメリカン・ロック要素が強く感じられる楽曲が多く、爽やかな分厚いヴォーカルコーラス等も今まで以上にフィーチャーされたり、キーボードの音色も妙にシンセシンセした明るいサウンドにアコースティックギターが絡むなど、今まで見受けられなかった要素が大きくクローズアップされた創りになっており、なんだかサウンドが散漫な3rdを最後に彼等は音信不通になる訳ですが、そのイマイチな出来を思うと当時そう寂しくもなかったように記憶しております(汗

そうそう、そんな方向性だったからなのか3rdには Stanley Whitaker(G)が客演していないのも妙に納得でしたね、当時。

さて、再始動した本作のバンドメンツですが、リーダーの John Paul Strauss(Vo&Key)は無論、 デビュー作以来ずっとリーダーを支え続けているドラマーの Mark Wickliffeも当然そこには居て、Mike Matierと Kenneth Skoglundのギタリスト2人も再び参加しているものの、キーボーディストの Robert Niemeyerの姿は既にそこには無く、未だにベーシスト不在なままの正式メンバーは4人のバンドとなっている。

当然、ベースはゲストプレイヤーが迎えられている訳だが、なんとここでも何度か紹介した事のあるドイツ人ギタリスト Derk Akkermann率いるポップ・シンフォバンドSARISの93年デビュー作『Dead End Street』にのみキーボーディストとして参加(!?)していた Stefan Kramer(まさかの同姓同名?)が本作ではベースとトロンボーンをプレイしていて驚かされた。

本当に同一人物だとしたら、一体どういった経緯でキーボーディストだった彼がベーシストとしてアルバム制作に参加したのか、ちょっと興味津々であります(w

その他にも Helena Skoglundと Evelyn Haddadなる2人の女性をバッキングヴォーカリストにゲストで招くだけでなく、メンバー全員が本作ではバッキングヴォーカルにも加わりこれまで以上にヴォーカルパートへの拘りが感じられる構成になっているが、時を経て放つ本作では再び2ndと同一路線の組曲形式の大曲を披露する方向へ軌道修正した模様で、一聴して全く別のバンドかのような華麗にして重厚な、正にENID張り(!!)のシンフォニック・サウンドになっていてこの大変貌にはファンならずとも度肝を抜かれる事だろう。

学校で音楽を学んだ成果が十分に発揮されたのか、まず最大の弱点(個人的には強みでもあると思っていたけど…)だった軽いサウンドが一気にユーロ圏のシンフォ・バンド群にも引けを取らぬ、クラシカルさとシアトリカルさが妖しくそして優雅に混ざり合った壮大な作風へと様変わりしていて、正に2nd当時に欲しかった艶やかさと深みを伴った殆どクラシック音楽と言ってもいい美旋律がど迫力のオーケストレーションで描き出されている(*´ω` *)

また John Paul Straussの歌声にも経年による変化が見て取れ、以前より幾分渋みを増したちょっとPENDRAGONの Nick Barrettっぽい歌声になっており、それがこの重厚にしてドラマチックなアルバムのサウンドに実にマッチ(お察しの通り、決して上手い訳ではない)していて、以前は聞く事のなかった優雅に軽やかに舞い踊るかのような入魂のピアノ・プレイも相まって、15年の隔絶は決して無駄ではなかったのだと証明してくれている。

ピアノやストリング中心でオーケストレーションがサウンドの根幹を成しているものの、バックのギターやリズム隊、そして女性バッキングヴォーカリスト達も目立たないながらも楽曲を適切に盛り上げる役割をしっかりとこなしており、これまでの彼等のアルバムを一切聞いたことなくとも本作だけでも十二分にその美しく幻想的なシンフォニック・サウンドを愉しむ事が出来ると言えましょう。

いや、ホントにもうコレって殆ど別バンドだから(w

ENIDファンは無論の事、クラシカルなサウンドが好きな方や重厚にして華麗なシンフォニックをお好みの方に是非お薦めしたい、そんな一枚であります!('(゚∀゚∩



[PR]
by malilion | 2018-07-09 17:09 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29623195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< まだLEPSコピーバンド... 謎に野郎のツインヴォーカル編... >>