謎に野郎のツインヴォーカル編成へ。チェコ産シンフォHMバンドSYMPHONITYの2nd!

c0072376_15345399.jpgSYMPHONITY 「King Of Persia」'16

北欧ドゥームHMの開祖CANDLEMASSの前身バンドNEMESISと同名ながら人脈的も音楽的にも一切無関係ないHM辺境国チェコ共和国(旧チェコスロバキアのドイツ寄り側)から03年に日本盤デビューを果たした後、08年にフロントマンの交代やメンバーチェンジ、さらにレーベル移籍を経てバンド名をSYMPHONITYへ改めデビューし直したkey入り5人組バンドの、前作『Voice from the Silence』より約8年ぶりとなる2ndアルバムを今頃ご紹介。

アルバムのリリース間隔の長さもさる事ながら、バンド名の変更や音楽性の変化、そして情報の入って来難い東欧マイナーHMバンドと言う事で、既に彼等の事を忘れてしまっている方も多いかもしれないが、18年現在まだちゃーんとバンドサイトも残っている、デビュー以来地道な努力と活動をコツコツ続けるマイナーHMバンドのお手本のようなバンドであります。

NEMESISのデビュー作『Goddess of Revenge』は、HELLOWEEN風ジャーマンHMをベースに北欧シンフォニックHM風のマイナー調でメロディックな臭メロをまぶした北欧メロハーの雄 SONATA ARCTICA“っぽい(ココ重要)”スタイルで、その実にB級臭メロ映えするDARK MOORやHEAVENLYと同系統の拙い演奏&クサクサB級メロスピ定番ツーバスドコドコ疾走シンフォHMサウンドに、ここ日本の愛好家達も泣いて喜び好評を博した訳でした。

続く改名後の第一弾作では、ドイツ人の元DIONYSUSのフロントマン Olaf Hayerを迎えた事で一気にヴォーカルパートのレベルが上がり、線は細いながらも甘い声質でなかなかマイナー北欧疾走HMにマッチしていた Vilem Majtner(Vo)に無い太く力強い歌声と暑苦しい圧しの強さ(汗)が加わってバンドサウンドがさらに進化発展し、NEMESIS時代の東欧産らしい叙情感あるマイナー臭が減ってスタイリッシュでテクニカルな近年のSTRATOVARIUSサウンドへ接近した、よりメジャー志向でモダンなメロディック・パワーHMへとサウンド路線を微調整した一作で、それでも未だにクサメロスピのウェット&マイナーな残り香がそこかしこからプンプン発散され、大仰な表現と劇的展開で怒濤の如く圧しまくるマッチョな濃密さが少々鼻につく、メジャーHMバンドが失ってしまったマイナー臭を未だに漂わすが故に東欧産バンドというアイデンティティと相まってテクいモダン・ジャーマン&イタリアン・メロパワと近似サウンドだけど微妙に唯一無二のオリジナリティを保っている、A級までもうチョットな遮二無二に突っ走るB級HMアルバムを個人的に今でも大変気に入っております。

で、長らく待たされた末にやっとリリースされたこの本作ですが、この短くないインターバルも影響したのか残念な事に再びメンツに変動があった模様です。

SYMPHONITY改名と前後して、後にCRADLE OF FILTHやMASTERPLANに加入する事になる名手 Martin Skaroupka(Ds)と、DIONYSUSで活動した Olaf Hayer(Vo)、そしてやっと専任ベーシストの Tomas Celechovskyを迎え入れてバンド体制の充実とサウンドの軌道修正を図った彼等ですが、本作制作中の12年に不幸にして Tomas Celechovskyを病で亡くすアクシデントに見舞われ、替わって Ronnie Konigなる新ベーシストを迎えるゴタつきでアルバム制作が遅れたのと、なんとHELLOWEEN、そしてBLIND GUARDIANの遺伝子を継承するジャーマン・メロディック・パワーHMバンドSINBLEEDの Herbie Langhans(Vo)が新たに加わったツインヴォーカル編成(!?)の6人組となって初めて制作されたアルバムとなっている。

311やZEBRAHEADなんかの所謂ミクスチャー・ロックバンド系なら見かけるし、ゴス系なら男女ツインヴォーカル編成は定番なものの、MH系で、しかも野郎のツインヴォーカル(楽器兼任ヴォーカルでない)というのはなかなかお目にかかれないので、やはりこの点が本作の一番の話題なのは間違いないでしょう。

しかも、タイプや声質や毛色の違うフロントマンで差を出すという作戦なら分かるが、熱唱系の比較的似ているヴォーカルスタイルと声な二人をフロントに迎えた意味って、正直コレありますぅ? ってのが初めてこのアルバムに耳を傾けた時の偽らざる感想だ。

大体、それぞれが独立して歌う楽曲が殆どで、掛け合いだったりハモりを効かせたり、二人でデュエットしたり、というパートは殆ど聞かれない、またはソレを強く押した楽曲の造りではない、なんて一体なんの為のツインヴォーカル編成なのか甚だ疑問であります。

もしかして、楽曲の制作は殆ど終わっていたけど話題性を考えてレーベルと政治的な取引で Herbie Langhansが新たにバンドへ加入した、だから楽曲ではツインヴォーカルの利点は活かされていないんでしょうか? デュエットしてるはしてるけど、2曲だけじゃなぁ…しかも、殆ど効果を生み出してない構成っていう…

つーか、8年も待たせたんだし、今更多少遅くなろうとファンは気にもしないし、そもそも存在を忘れてるくらいだったんだろうから、ちゃんとツインヴォーカルを活かした構成の楽曲を収録したアルバムを届けて欲しかったなぁ…('A`)

寧ろ、ハモりやツインの構成を活かしてるのはリーダーの Libor Krivak(G)が奏でる自由奔放なリードギター・プレイだったりキメのメロディアスなフレーズばかりで、これまでに無いくらい爽快でポップなフィールの、フュージョンにも通じるクリーンでモダンなギターサウンドが飛び出してきて驚かされるばかりでした。

ギタープレイがそうだから、と言うだけの理由ではないだろうが、これまでの北欧HMスタイルを取り入れた、シンフォニックで力強く、そしてドラマティックな曲調が特徴な疾走感溢れるクサメロが仄かに香るメロディック・パワーHMな作風に変化が起こり、従来の北欧風な透明感と哀愁漂うマイナーなユーロテイストある繊細なメロディや遮二無二突き進む疾走感が大きく後退し、ググッと男臭くタフなヘヴィネス・サウンドが強まって、荒々しいダークでパワフルなサウンドが強く押し出されたドイツ産モダン・ヘヴィネス・バンドお得意のミドル&ファストな鈍色パワーHMサウンドに接近したイメージで、バンド結成以来メインとも言えた臭メロのメロスピ・タイプな楽曲は完全に脇役に押しやられてしまっている。

ただ失うモノもあれば得たモノも大きく、キャリアに裏打ちされた確かなバンドサウンドとアンサンブルの質は高く、デビュー間もない頃の殆ど差異の無い音楽性が本作においては多様になり、曲調も幅が拡がって、オペラチックな大仰なコーラスをフィーチャーした重厚なシンフォHMやポップでキャッチーなフィールあるメロ・ハーHM、そしてメインのザクザクしたリフで重く鈍く攻め立てるミッドテンポ主体なパワーHM等と、実にバラエティに富んでおり、アルバムにしっかりとした起承転結の流れと深い叙情の陰影を生み出していて、一気に最後まで聞き通させる魅力を放っている点には驚かされた。

この手のデビュー作の疾走感と勢いが売りだったマイナー・バンドがキャリアを重ね、サウンドの幅を拡げて音楽性の深みを増したサウンドを披露した時、大抵感じるガッカリ感と新しい魅力が与えてくれる喜びの差が問題な訳ですが、残念ながら彼等の場合はガッカリ感の方が少々大きかったかな、というのが正直な感想であります。

やっぱり、曲調の変化以上にパワフルに歌えるヴォーカリストを二人も備えた贅沢とも言えるツインヴォーカル編成の効果が殆ど活かされぬ楽曲への失望が大きいですね…うーん…orz

所で、『Voice from the Silence』でも聞く事が出来き、本作でもアルバムタイトルになるくらいでバッチリ楽曲中でも奏でられてもいる、アラビックなフレーズやミステリアスなメロディ展開は恐らくリーダーの Libor Krivak(G)の嗜好によるものだろうが、東欧産のメロディック・パワーHMバンドが中近東風メロディを頻繁に奏でるのって中々興味深いですよね。
デビュー当時からお手本にしてるHELLOWEENやSTRATOVARIUS、そしてSONATA ARCTICAでは余りそんなサウンド要素は聞けない事を考えると、もしかしてコレって彼の叙情味溢れる技巧派プレイスタイル的にインギーの影響を受けたって事なんじゃ、とか妄想は尽きませぬ(w

ともかく作を重ねる毎に焦点を絞り、少しづつサウンドの幅を拡げて到達地点へ愚直に邁進してきた不器用な彼等が、本作で一気にサウンドの幅を拡げた副作用でかサウンドの焦点がボヤけてしまい、なんだか迷走しているように思えて仕方がありません。

出来る事ならば、次作はそんなに待たせずに疾走感を取り戻した、まとまりある新作を届けて欲しいものであります。



[PR]
by malilion | 2018-07-06 15:27 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29617521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< まさかの15年ぶりの復活! U... これが最終作なの? UNRUL... >>