UKネオプログレ界の雄ARENAが、ダークでシアトリカルな続編コンセプトアルバムをリリース!

c0072376_14200135.jpgARENA 「Double Vision」'18

Mick Pointer(ex:MARILLION)と Clive Nolan(SHADOWLAND、PENDRAGON、etc...)率いるUKネオプログレ界の雄ARENAの、前作『The Unquiet Sky』以来3年ぶりとなる、異様なジャケが物語るようなシアトリカルでダークなイメージを漂わす9th(LIVEとか変則アルバム多数を含まず)がリリースされたので即GET!!

前々作で三代目フロントマンに Paul Manziを迎え、前作で三代目ベーシストに Kylan Amos迎え創作体制がバタついた彼等だが、本作ではメンツ変動はないようで一安心だ。

バンドは今年18年に3rdアルバム『The Visitor』リリース20周年を記念してアルバム再現ツアーを行う予定(既にツアーは開始済)で、同時にこの新作のプロモーションLIVEも行うと言う。

新譜タイトルが告知された時から本アルバム名と同名曲を含む『The Visitor』との繋がりが予想されていたが、本作収録の大曲『The Legend Of Elijah Shade』のコンセプト&テーマと関連する20年前のアルバムの続編的意味合いを持ち、その為か初期風なエピカルで壮大なネオプログレ・サウンドで彩られていて、近年のダークでヘヴィな要素の強い進化したモダン・シンフォサウンドに辟易していた初期ファンにこそ、是非耳を傾けて欲しいポンプならではの柔和で甘味あるメロディが随所で光るシンフォニックで叙事詩的な一作に仕上がっている。

“他人を踏みつけのし上がり、持っているモノを自慢げにひけらかす…それはただの紙の王冠だ”

“利害の衝突と翻弄される人々”をテーマにしたコンセプトアルバムとなっており、ここ数作のコンパクト路線から再び壮大なスケール感を漂わす初期スタイルへ回帰したサウンドがメインなものの単なる懐古サウンドの再現な訳もなく、近作に共通するソリッドで硬質なHM色を保ちつつ、このバンドらしいモダン・シンフォサウンドとディープなドラマティックさが光る音楽性なままに、『The Visitor』のダークな世界観と雰囲気(以前の爽やかさは見当たらないケド…)を継承した“動”と“静”の対比を活かす劇的な手法で重厚なコンセプトとシリアスなテーマを描ききる意欲作だ。

プログレ&シンフォのみならず幅広いジャンルで活躍するだけあって Paul Manziのヴォーカルはパワフルかつダイナミックな上にレンジも広く表現力豊かで、コンセプトアルバムに相応しく実に感情的なその歌声は『The Visitor』時のフロントマン Paul Wrightsonのシアトリカルな歌唱以上に楽曲を次のレベルに引き上げているし、『The Visitor』時以上にバンドへ貢献する John Mitchellのテクニカルなギター・プレイは、目まぐるしく展開するテーマを描き出さんとして、時にヘヴィにエレクトリック・サウンドをハードドライブさせ、時に叙情美漂わす繊細なアコギを爪弾く等々、幅広いスタイルで実に多彩なサウンドを響かせ、物語を克明にイメージさせる重要な要素としてアルバムの随所で強烈な気を吐いている。

そして、Clive Nolanは22分を越えるドラマティックなラストの長尺曲で一気にそのプレイヤースキルを開放し、ミステリアスで不穏な導入部分から始まり、息を呑む美しく優雅なキーボード・パッセージや流麗なテクニカル・プレイは勿論のこと、無限のテンポシフトでタイト且つハードに展開される壮大なスケールの物語を描き出すキーボードサウンドは怒濤の如く渦巻き、雄大でメロディアスなキーボード・ラインと長く複雑なインストゥルメンタル・セクションの果てに Richard Wakeman風な教会オルガン・サウンドを荘厳に鳴り響かせ、一転ハードになってからミステリアスな導入部分のテーマへ戻って締めくくる流れが個人的には気に入っております(*´ω` *)

うーん、ソロ活動や他バンド、そして幾つかのプロジェクトに裏方作業等で多忙(John Mitchellを余り待たせないで!)であろう Clive Nolanですが、やはり Mick Pointerと組んでいるだけあってARENAだけは別格なのか気合いの入りようが違いますねぇ♪

UKネオプログレ&シンフォ界のトップバンドたる面目躍如な強力作となった本アルバムを是非チェックしてみて下さい。



[PR]
by malilion | 2018-05-27 14:14 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29518873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 古典とモダンを融合させ進化を... オセアニアン・シンフォの美を極... >>