UKシンフォ界のスーパー・グループ KINOが13年ぶりに復活!!

c0072376_00231892.jpgKINO 「Radio Voltaire ~Limited Special Edition~」'18

幻の如くアッという間にその姿を消したUK産モダン・ポンプ&メロディアスロック・バンドKINOが、まさかの13年ぶりとなる2ndをリリースしたので即GET!!

各メンバー達は有名バンドに所属しているし、常々本人達から『KINOを復活させることは考えていない』と語られていただけに、長い長い空白期間の後のまさかの復活に欣喜雀躍なポンプ&シンフォ・ファンは多いのではないでしょうか?

ただ念願の新作なのですが、残念な事に完全なるリユニオンは叶わず John Mitchell(G,Vo)と Pete Trewavas(B,Vo)は前作に引き続き参加し中心的な役割を担っているものの、John Beck(Key,Vo)はFISHとの仕事の為にゲスト参加扱い(本作のキーボードパートの大部分はJohn Mitchellがプレイ…なので、残念ながら1stのような華麗なプレイは少ない)となり、ドラマーの Chris Maitland は不参加で、本作では Craig Blundell(Ds:FROST*、Steven Wilson、ex:PENDRAGON)が新たに迎えられているが、サウンドの方はファンの皆が待ち焦がれていたアノのKINOサウンドに間違いないのでご安心を!('(゚∀゚∩

04年、John Mitchell(G,Vo:ARENA、FROST*、IT BITES、etc)、John Beck(Key,Vo:IT BITES)、Pete Trewavas(B,Vo:MARILLION、TRANSATLANTIC)、Chris Maitland(Ds:PORCUPINE TREE)等によって突如として結成されたUKシンフォ界のスーパー・グループKINOは、名うての猛者揃いというインフォに恥じぬ、そのコンパクトでキャッチーながらインテリジェンスで洗練されたテクニカル・メロディアス・サウンドが大絶賛されながらも、たった一枚のアルバム『Picture』'05 とデモや未発音源、そしてLIVE音源を収録したコンピレーション・アルバム『Cutting Room Floor』'05 を残して呆気なく姿を消してしまう。

で、久しぶりの2ndとなる本作だが、“私は君の意見に反対だ。しかし、君がそれをいう権利は生命をかけて守って見せる。”とか“男がありとあらゆる理屈を並べても、女の一滴の涙には勝てない。”なんていう名言が有名なフランスの哲学者、文学者、歴史家であるヴォルテール(Voltaire)こと、本名フランソワ=マリー・アルエ(Francois-Marie Arouet)の、言論の自由と宗教の自由を支持した思想やヴォルテール自身が死に魅了されていたという逸話にインスピレーションを受け製作され、さらに政治全般のような見える虚偽を切り取って人々へ伝える、人生観を反映したラジオ局というコンセプトに導かれてアルバムは幕を開ける。

因みにドイツ人文学者フーゴー・バルによって1916年にスイスで開店したキャバレーの名前は、キャバレー・ヴォルテール(Cabaret Voltaire)で、作家や各国から亡命者が多く集い、反芸術運動(ダダイスム)の発祥の地となった事で有名。

さらにさらに、その名前をまんまバンド名にしたのが、70年代の英国産インダストリアル・ミュージック・グループCABARET VOLTAIREで、後にエレクトロニック・ダンス・ミュージックユニットへ転じた。

本作の『ラジオ局ヴォルテール』なるアルバムタイトルには、この辺りの事も当然関係していると John Mitchellがインタビューで語っております。

そういったコンセプチャルな要素を含みつつ、デビュー作でのコンパクトでキャッチー、そしてスタイリッシュなテクニカル・メロディアス路線を踏襲しながら、ハートフルなヴォーカルをフィーチャーしたメランコリックでミステリアスな浮遊感と壮大なスケールを感じさせる、複雑な構築美が活かされた英国叙情漂うシンフォ・サウンドをしっかり聴かせ、さらにタイトなギターを前面に押し出したシャープ且つ洗練されたギター・オリエンテッドな作風に幾分か変化していて、John Beckが本格的に参加していない事も大きく影響してか、かなり John Mitchellのカラーが大きくフィーチャーされた(楽曲クレジットも殆ど John Mitchell)サウンドだと一聴してすぐ分かるだろう。

たた、それでも John Mitchellの関わる他のバンドやソロ作のサウンドとは明らかな差異があって、このユニット独特のカラーとも言える、クリア且つスタイリッシュなメロディアスさにハードエッジなエネルギッシュさとマジカルでモダンなブリティッシュ・ポップサウンドが奇妙に交錯する唯一無二な陰影がクッキリとサウンドに浮かび上がり、ダイナミックでスケールの大きなサウンドや独特の浮遊感あるデジタリーなアンビエント具合も相まって、焦がれ続けたKINOサウンドがタップリと味わえる、待たされたファンの期待を裏切らぬ復活作に相応しい一作に仕上がっていると言えましょう。

デビュー作からしてそうだから当然だが、この手のスーパー・バンドが陥りがちな各メンツの腕前を見せつけるような稚拙さは微塵もなく、当初のネオ・プログサウンドを00年代に相応しくモダンにアップデートさせるというポイントをしっかり堅持しつつ、より音楽性の幅とクオリティを上げたテクニカルでスタイリッシュなサウンドの完成度はかなりなものながら、耳に残るのはどこか懐かしく親しみやすいキーボードの音色やエモーショナルなギターのメロディー、そして John Mitchellのハートウォームで深みあるボーカルとコーラス、それら全てのハーモニーが織り成すロマンチックで繊細な美旋律には英国バンドらしい気品が漂う、という80年代黎明期から続く第二世代ポンプ・ミュージシャン達の才能と手腕が遺憾無く発揮された“洗練の極み”とも言える渾身の一品なのは間違いない。

まぁ、ポップさで言うと前作の方がキャッチーだったし細かなアレンジも効いていたのは確かですが、新作は新作でまた違ったティストとストレートな勢いを感じさせ実に小気味良いサウンドが堪らんのですよ。ええ。

なんだかんだと小難しく考えずとも、この心地よいメロディに身を任せて素晴らしい楽曲を愉しめばいいのです(*´ω` *)

3面開きデジパック仕様の限定盤にはBonus Tracksが4曲追加収録されているので、音源マニアは当然こちらをGETしましょう。

因みにBonus Tracksは、Temple Tudor(Piano Mix)、The Dead Club(Berlin Headquarter Mix)、Keep The Faith(Orchestral Mix)、そしてThe Kino Funfairの4曲となっております。

『13年したら、また再結成するよ』と、冗談めかして John Mitchellが語るように、今後本ユニットが継続して活動するのか甚だ不透明ではありますが、出来る事なら John Beckを早く呼び戻してLIVE活動や次なるスタジオ・アルバムの製作をしてもらいたいものです。



[PR]
by malilion | 2018-03-26 00:17 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29393149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ベテラン・ブリティッシュH... フランス産コンテンポラリー寄... >>