STYX待望の新作『The Mission』を、待ち疲れて外盤で購入…

c0072376_02080779.jpgSTYX 「The Mission」'17

去年6月にリリースされていた本作だが、ユニバーサルから日本盤が出るかな~、と待って待って待ち続けて、遂に諦めて外盤を今頃購入しました…(つд`)

USAメロディアス・ロックバンドのベテラン6人組(Bが2人いる…)STYXによる、17年に自主レーベル Alpha Dog 2Tを設立して初となる待望新作の登場だ!('(゚∀゚∩

スタジオアルバムのリリースは05年のカヴァー集『Big Bang Theory』以来で、オリジナル・アルバムとしては03年の『Cyclorama』以来14年ぶり(間にClassic Styx Songsの再レコーディング作『Regeneration』'13があるけど)となる通算16作目で、本作は2033年の初の有人火星探査をテーマにしたコンセプト・アルバムになっている。

オリジナルメンバーは2人、メジャーになってからを入れても3人しか全盛期メンツはおらず、その内1人 Chuck Panozzo(B)は健康問題等でフルタイムの活動を控えるようになっている現状や、かってのリーダーだった Dennis De Young(Key&Vo)との決裂等の話や、半ばドサ周りの懐メロバンド状態とも言える近年の活動を知るファンは、なかなかリリースされる事のなかった新作の情報を知っても、その出来には期待より不安の方が大きかったのじゃないだろうか?

ご安心下さい。
久々のコンセプト・アルバムという事で触発されたのか、07年から15年の間、DEF LEPPARD、FOREIGNER、BOSTON、REO SPEEDWAGON、38 SPECIAL、YES、TESLA等のバンド達とツアーに継ぐツアーを続けたのが影響したのか、本作で聞けるキーボードの音色やコーラス、そして楽曲の方向性等、明らかにプログレの残り香を漂わせていた頃の中期STYXサウンドで、産業ロック過ぎるきらいのあった活動休止前のサウンドより断然STYXらしさが溢れた仄かにユーロテイストを感じさせる叙情感あるメロディアスサウンドで、初期から彼等を支持し続けてきたファンは大歓喜間違いない出来となっております(*´ω` *)

Tommy Shaw(Vo&G)と長年のコラボレーターであり本作ではプロデュースも務める Will Evankovich(SHAW/BLADES、THE GUESS WHO)が共作した全14曲が収録されるという前情報を耳にしておりましたが、確かにそのサウンドは中期STYX的作風なものの Tommy Shawカラーが全面に押し出されたアルバムで、もう一人のオリジナルメンバーである James "JY" Young(G&Vo)の影がいささか薄く感じる点を除けば、新たに加わったメンバー、特に Lawrence Gowan(Key&Vo)がコンポーザーとしてもプレイヤーとしても大活躍しており、前任者である Dennis De Youngの不在を全く感じさせぬパワフルな歌声(かなりDennis De Youngっぽいw)と華麗なキーボードプレイを聞かせ、新生STYXのニューカラーを強く主張するモダンでメロディアス、そしてカラフルなコーラスが活きる、クオリティの高い楽曲が光る一品に仕上がっていると言えよう。

現状のメジャーシーンでの彼等の訴求率は決して高いとは言えないだろうが、ベテランの彼等が無理して今風のヘヴィなサウンドのアルバムをリリースしてやらかすより、多少ノスタルジックな作風の完成度の高いアルバムを披露してくれる方がなんぼか精神衛生上よろしい、というのが偽らざるファンとしての心境ですよね(汗

ただ、諸手を挙げて大歓迎って事もなく、コンセプト・アルバムと言う事もあってか各楽曲のキャッチーさやコンパクトさは活動休止前に及ばない感は否めず、ちょっと聞き古っぽいサウンドに聞こえるけど実はしっかりモダンサウンドになっているものの、これでもう少し James "JY" YoungのカラーであるHR風味が全体に効いていれば文句無しだったのになぁ、とないものねだりをしてみたりして…

とまれ、このノスタルジア路線を続けていくと完全に懐メロバンドに成り下がってしまうので、せっかくリズム隊は新しい血を導入して若返り、キーボーディストも多彩なサウンドを奏でる派手なパフォーマンスが得意(w)な新人カナダ人へチェンジしたんだし、個人的にHR風味マシマシで大好き(Glen Burtnik大好き!)な90年作『Edge of the Century』を超えるハードドライヴィンなギターが活躍する彼等なりのメロハー・アルバムを是非とも聞かせて欲しいものです。

旧曲のリレコーディング作やカヴァー作でタップリ肩慣らしは済んだだろうし、今度はこんなに待たせず新体制の新作を届けてくれるのを祈って、今暫くこのアルバムを聞き込みますかね。



[PR]
by malilion | 2018-02-15 01:59 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29300845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 英国産メロハー・バンドNE... 冬の寒空に癒やしを求めて…アル... >>