人気ブログランキング |

80年代風バッドボーイズが80年代風北欧HMサウンドへ変化!? CRAZY LIXX

c0072376_17191945.jpgCRAZY LIXX 「Ruff Justice」'17

スウェーデン出身のツインGを擁する5人組スリージーHRバンド3年ぶりの新作となる5thを1年遅れでご紹介。

個人的にそれ程バッドボーイズ系ロックンロール定番のスリージー・サウンドが好みでないので余りこの手のバンドをチェックしたり購入したりしないので、前々からご紹介しようと思っていたのですが遂々今の今まで遅れてしまいました。

既にココでも紹介している“北欧のSKID ROW”こと DYNAZTYの09年デビュー作をチェックした時に同一路線で一足先に06年にデビューを果たしていた同郷バンド CRAZY LIXXもチェックしアルバムも購入済みでしたが、まぁこの手のL.A METAL系をよりお好きな方が他サイトで紹介してるし、わざわざロックンロール系が主食じゃない自分が浅い紹介せんでもいいか、とっずっとアルバムを購入してたのに怠慢ブッコいていただけなんスけどね(汗

デビュー以来メンバーチェンジが絶えず、出戻りがあったりリズム隊がゴッソリ抜けたりと落ち着かぬ状況が多い彼等ですが、本作も Chrisse Olsson と Jens Lundgrenへゴッソリとギタリストをチェンジしてのスタジオ作となっております。
デビュー10周年作である本作を聞くまでもなく、リーダーでバンドの顔である Danny Rexon(Vo)さえ居ればバンドの態は保てるという事はこれまででも証明されているんですけど…

新世代の北欧バッドボーイズ系バンドに共通している、そのサウンドのルーツがMOTLEY CRUE、GUNS N'ROSES、SKID ROW等の華やかでゴージャス感あるサウンドがトレードマークな80年代風アリーナ・ロック&グラムHMである事は疑う余地もない訳だが、アルバム毎に着実に音楽性の幅を拡げ楽曲のクオリティを上げてきている彼等が、本作ではサウンドの方向性を哀愁漂う80年代風北欧HM&メロハー・サウンドへググッと接近させたのでここでご紹介せねば、と思った次第です。

これまでのアルバムはメインがキャッチーな80年代風グラムHM路線なハードライヴィンする楽曲で、その楽曲に仄かに80年代風北欧メロディアスHM要素の哀愁感が香る作風だったとすれば、本作はギタリストの交代が大きく影響したのかウェット感あるマイナーなメロが光る80年代風北欧メロディアスHM路線な楽曲がメインで、端々に80年代風アリーナ・ロック&グラムHM要素が散りばめられた、という風に大きくバランスが変化した作風で、北欧HM定番な煌びやかなキーボードと透明感ある爽快でキャッチーなメロディだけ聞いているとECLIPSEやH.E.A.Tと同ジャンルのバンドじゃないかと思える程で驚かされました。

個人的には北欧HM要素が増えるのは大歓迎なんですが、彼等の元からのファン層であるバッドボーイズ系ロックンロール定番のタフでスリージなサウンドが好みな方からすると、コーラスも控え目になったし勢いも緩んで曲調もマイルドになった上、小綺麗になり過ぎて少々ダーティーさやワイルドさが減退したように感じられ不満に思われるかもしれません。

まぁ、とは言ってもデビュー当時からUSA産バッドボーイズ達が奏でるドライなサウンドでも、無軌道で馬鹿みたいにマッチョでパワフルな毒のあるサウンドって訳でもなかったんで、ソレ系がお好みな方は最初っから“紛い物”でないUSA産バンドのみを聞いてたかもしれないけど…

そのルックスからバッドボーイズ系な要素ばかり注目される彼等ですが、元からBON JOVIを筆頭にDANGER DANGERやFIREHOUSE等のブライト感ある80年代風アリーナ・ロックも大きなサウンド要素であったのは周知の事実なので、そこへ北欧要素が結びつく事でよりキャッチーでフック満載なメロディアス・サウンドへ接近するのは何ら驚く事でないのかも(*´ω` *)

ただ、勢い重視なダーティー・ロックンロールならさほど問題にならないんですが、歌唱力や声質なんかも問題視される北欧HMサウンドへ接近すればする程に Danny Rexonのちょっと音域狭い、ザラつき気味な歌声と歌唱力が不足して感じられてしまうという新たな問題点が本作で浮き彫りにされてしまったのがなんとも……(汗

とは言えバンドの顔のみならず、作詞作曲、そしてプロデュースも引き受ける Danny Rexonは今やバンドの頭脳、バンドそのものとも言える立場なので、メンバーチェンジで早々に解決、ってな訳にはいかないんですよねぇ…('A`)

せっかく本作で合成っぽい分厚いバッキングコーラスを控え目(Danny Rexonがヴォーカルに自信を持ったって事かな?)にした彼等にこう言うのも何なんですが、新たに歌えるギタリストか歌えるベーシストを加入させハモらせるか、もしくはMOTLEY CRUEみたいにバックコーラス・ガールをズラリと従えでもしないと、現状のままでは北欧風味も香る80年代風アリーナ・ロック&グラムHMな方向性の楽曲を完全に歌いきれるヴォーカル・パートは聞けないんじゃないかと、個人的には思いますね。

なぁーんてこんな失礼な心配をよそに、あっさり前作の合成コーラス満載な人工甘味料的グラムHM風へ回帰するかもしれないし、まさかの Danny Rexonのヴォーカルスキルが劇的に上達して音域が拡がったりって事もなきにしもあらずなんで、ここは静かに次作を待つとしましょうか…



by malilion | 2018-02-04 17:11 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/29234345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ウリ・ジョン・ロートの実弟、... カンダの一人プログ・ポ... >>