カナダのメロディアスHRバンドBOULEVARD、27年ぶりの新譜がイイ出来♪('(゚∀゚∩

c0072376_21352422.jpgBOULEVARD 「Boulevard IV ~ Luminescence」'17

サックスプレイヤーを含む6人組カナディアンAOR&メロディアスHRバンドの27年ぶりとなる再結成第一弾、通算三枚目のアルバムがリリースされたので、ちょい遅れてGET!

BOULEVARDは1991年に解散する前に、88年のセルフタイトルのデビューアルバムと90年の「Into the Street」の二枚のアルバムをMCAからリリースしていたドイツでシングルをリリースしてスタートしたカナダのバンド(スウェーデンにも同名の80年代風メロハー・バンドあり)で、それもあってデビュー当時からユーロ圏のAORファンやメロディアスHRファンに好評であり、居をカナダへ移してGLASS TIGERやBOSTONともツアーをして益々バンドの名声は高まったものの、時流の変化も影響してかメジャーな成功を収めるには至らなかった…

常にメロディアスロック・ファンの間では再結成の噂が囁かれてきた彼等だが、遂に14年に再結成し、その年のFirefestへ出演して好評を博す。
そして再結成作をリリースするより一足先に14年のLIVEを納めたDVD作「Live From Gastown」を15年にリリースしていた訳だが、待ちに待ったフルアルバムが満を持して今回届けられた訳だ。

因みに本作のタイトルに「Ⅳ」の文字があるのは、その映像作品も含めて四作目という事だろう。

このバンドを特徴付けている最大のポイントはサックス奏者をメンバーに含む事で、再結成作である本作にもオリジナルメンバーである Mark Holden(Saxophone)がちゃんと在籍して以前にも増して大活躍しているのでファンは一安心でしょう。

ただ、さすがにこれだけ時間が経っての再結成なのでオリジナルメンバーでのリユニオンは叶わず、デビュー作から2ndリリースの間にもリズム隊がゴッソリ入れ替わったが本作でもメンツに変動があり、オリジナル・ギタリストだった Randy Gouldに代わって Dave Cormanが迎えられ、2ndからベーシストだった Tom Christiansenに代わって Cory Curtisが新たに迎えられている。

作曲の中心人物であった Randy Gouldが抜けたのは痛手なものの、このバンドの顔である David Forbes(Vo)やサウンドのキーマン Mark Holden(Saxophone)や Andrew Johns(Key&Vo)は健在で、これまでのバンドサウンドを再現するだけでなくより現代的で魅力的なサウンドにリニューアルされた、カナダ産バンドらしい哀愁を交えた心地よくウェットなメロディ満載のアルバムを届けてくれているのが嬉しい。

以前のマイルドで甘い声質の David Forbesの優しい歌声に幾分か渋みが増してはいるが、分厚く爽快なハーモニー・ヴォーカルやソリッドで情熱的なリズム、そして煌びやかな美旋律を描き出すキーボードの音色の涼やかさは相変わらずで、ラジオフレンドリーでキャッチーなモダンサウンドが、ムーディーで優雅なサックスの音色を交えてシャレオツな調べに乗って繰り広げられるユーロティストな楽曲の数々は、長い長いブランクが嘘のような素晴らしい仕上がりだ(*´ω` *)

無論、さすがに90年代初期のようなポップでブライトなサウンドまんまではなく、長い創作活動を経て円熟味の増したサウンドにはAORテイストが多分に感じられ(特にキーボードとサックスに)るが十分に今でもロックのエッジを保っているし、経てきた年月が彼等のサウンドに渋みと枯れた味わいをもたらしているけれど、以前からのファンの期待にこたえるサウンドなのは間違いない。

ゲストで長年 Bryan Adamsバンドのギタリストを務めてきた Keith Scottが「Slipping Away」で如何にもといったワイルドでアーシーな音色を聞かせてくれているのもカナディアン・ロックファンにとっては話題の一つと言えるだろう。

またカナダはヴァンクーヴァーのスタジオエンジニアで裏方作業メインの Al Vermueなる人物もギターで「Slipping Away」に客演しているのは、解散後の各自の創作活動で地元で知り合った親しい友人を招いて、という事だろうか?

決してメロハー&AORのA級メジャー最高傑作とは言わないが、クラッシック・タイプのメロディロック・ファンやAORファンであるなら正しくこのアルバムは「必携」作で、併せてTOTOやCHICAGOなどの産業ロック系ファンにもお薦め出来る一枚とも言えるでしょう。




[PR]
by malilion | 2017-11-23 21:29 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/28343814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 爽やか北欧メロハー HOUST... バンドは鈍色、ソロは華やか... >>