バンドは鈍色、ソロは華やか、ってハッキリ鮮明。JEFF SCOTT SOTOが久しぶりにソロ作リリース。


c0072376_23212303.jpgJEFF SCOTT SOTO 「Retribution」'17

相変わらず多忙なセッションワークの他、自身のリーダーバンドでのアルバム発表がここの所続いていたが、ソロとしてのアルバムは5年ぶりとなる7作目がリリースされたのをちょい遅れてご紹介。

自身のリーダーバンドSOTOが、ヘヴィでダーク、そしてマッチョで男臭い今風モダンHMな方向性であり、バンドで存分に時流とUSマーケットを意識したサウンドを披露している事もあってか、ソロ作は全く別の方向性、もっと言えば彼のこれまでのキャリアの主戦場であったオールドタイプのメロディアスHM路線を前作に引き続き本作でも追求したアルバムを製作してくれて、これは彼の旧来からのファンにとっては正に望んでいた通りの新譜と言えるだろう。

多彩な音楽的バックボーンを持つ Jeff Scott Sotoのソロ作はいつもバラエティに富んだ楽曲が収録されているが、本作もその例に漏れず、ちょい今風なハードサウンドな楽曲や、お約束のポップなAOR風だったり、これまた定番のしっとりバラードだったりと、彼の幅広い歌唱力を存分に活かしたキャッチーでコンパクトなメロハー風楽曲を楽しむ事が出来る、安心印がバッチリのアルバムだ。

まぁ、その分意外性だったり強烈な刺激だったりは希薄だけれども、彼のソロ作にソレを求める向きは居ないだろうから何の問題もないでしょうけど。

本ソロ作は、Jeff Scott Sotoを中心に、初期からJeffのソロ作に参加し、TAMPLINやALCATRAZZに在籍し、TVコマーシャルや映画のサントラ等でその手腕をふるってきた凄腕ギタリストで、本作でもその華麗なギターワークを披露するのみならず Jeffと共同プロデュースも行っている Howie Simon(G、B)、そしてSOTOのドラムスでもあり、以前からソロ作にも参加しているJeffのお気に入りドラマー Edu Cominato(Ds)の三人を基本構成として、多数のゲストを迎えて製作されている。

有名所では、Dennis De YoungのSTYX曲演奏LIVEに参加していたギタリスト Stephen Sturmや、ダブルベース・プレイヤーの名手でジャズ、ポップ、ファンクとジャンルを超えて多数のセッションに参加している Carlos Costa、そして元々北欧バンドのドラマーだったファンク系ギタリストで、本作ではキーボードやベースもプレイし、その多彩な才能で愉しませてくれる Paul Mendoncaだろうか?

収録曲の『Retribution』のPVでは、バックに美貌のベーシスト Julia Lage嬢を筆頭に美人ドラマー Emily Dickinson嬢やJeffの奥様 Elena Sotoがキーボードを担当した華やかでセクシーなバンドを従え軽やかな歌声を披露する Jeff Scott Sotoの姿に驚かされたけれど、まぁメジャーで明るいイメージのソロ作ならでは、って感じの画面構成で、憤怒の顔で轟音が叩きつけられる中、燃え上がらんばりにシャウトを張り上げる暗いイメージのSOTOでの姿とのギャップにちょっと苦笑してしまいました(w

とまれ、ファンは当然ですが80年後期から90年代スタイルのサウンドで、抜群に上手いヴォーカリストの歌が聴けるキャッチーでメロディアスなサウンドを好む諸兄に安心してお薦め出来る一枚なのは間違いないでしょう。



[PR]
by malilion | 2017-11-17 23:16 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/28284924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< カナダのメロディアスHRハ... ポーランドから再び! BE... >>