人気ブログランキング |

イタ公シンフォにしちゃ優等生サウンド過ぎ? SILVER KEYが2ndリリース!


SILVER KEY 「The Screams Empire」'15 c0072376_16492258.jpg

MARILLIONとFishのイタリア・ファンクラブ・カヴァーバンドから発展しデビューを果たしたイタリア・ミラノの5人組バンドの3年ぶりとなる2ndが発表されたので即GET!

残念な事にメンバーチェンジが勃発した模様で、ギターとベースをチェンジしての新譜リリースとなった。

デビュー作からして80年代UKポンプを憧憬しつつ新世代らしさを感じさせるモダン・サウンドだったが、本作はメンバーチェンジも影響したのかよりサウンドの進化が加速し、唯一のオリジナルメンバーであるヴォーカリスト Yuri Abiettiの歌唱に出発点だったMARILLIONの臭い(と言うかFishか)が感じ取れるくらいで、バックのサウンドはイタリアモノ特有のバタ臭さ皆無のスタイリッシュな00年代ユーロ・シンフォサウンドとなっている。

このよりモダン化した新サウンド、海外ではIQとARENAとの類似点が指摘されているらしいが、彼等の出発点がMARILLIONだった事を考えると実に興味深い。

本作はSF仕立てのストーリー作品で、人類との共謀で地球に侵入した爬虫類エイリアンが帝国を築き、そこではより大声で叫ぶ人は誰でも正しく、より多くの支持者を得られる、というマスメディアの操作を通して世界を支配する特権階級の人々へ対する皮肉を込めた設定らしいが、この辺がいかにも青臭い新人プログレバンドっぽくていい(w

ただ問題点が無い訳でも無く、新人バンドにしてはバランス優先な平均的にまとまっているユーロ・シンフォサウンドなので特に“コレ!”という強烈な個性が感じられない優等生作なのが弱点と言えば弱点かも…

次作ではその辺りを改善した、イタ公ならではの迸るパッション(w)か、何か独特な個性を感じられる作品を届けて欲しいものである。
by malilion | 2015-12-09 16:40 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/25039365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 活動が存続されて良かった! ス... 凍てついた優雅なサウンドにメ... >>