人気ブログランキング |

意外な程に爽快でキャッチーなSPOCK'S BEARDの新譜がリリース!


SPOCK'S BEARD 「The Oblivion Particle ~Limited Edition~」'15 c0072376_035750.jpg

今や現代USシンフォニック&プログレ界の顔といった風格さえ漂わす彼等の二年ぶりとなる12thアルバムをGETしたのでご紹介をば。

三代目フロントマンにENCHANTの Ted Leonardを迎え、ドラムスに Jimmy Keeganを迎えての新体制になっての第二弾となる本作ですが、一聴してサウンドのイメージが変わったように思えます。

そう感じるのは勿論ヴォーカルの透明感ある声質と、いつにも増してアコギとピアノの調べが強調されてサウンド全体に爽快さが増しているからという点が一点。

そして、いつものメロディとリズム、そして分厚いキャッチーなコーラスが一体となって奔流の如く怒濤の展開を見せるテクニカルなポイントは保ちつつ、所々で音の隙間が前作より多く取られたよりヴォーカル寄りな楽曲と、それによってリラックスした雰囲気をアルバム全体が醸し出しているからなのが大きいかと。

二作目になって Ted Leonardも馴染んできたのか、KANSASっぽい歌メロを交えつつナチュラルなミドルレンジの歌声を中心に、これまでのフロントマンでは聞けなかった透明感あるハイトーンな歌声で一層にバンドサウンドにカラフルさを加える事に成功したのを聞くと、一時はどうなるかと思ったフロントマンの交代劇が結果的に大成功であったと今こそ断言出来る。

長く続くバンドに起こるマンネリズムは、ある意味どのバンドでも避けえない弊害なのだが、その度に望まぬメンバーチェンジでSPOCK'S BEARDはその危機(グレ系は特にメンバーのテクを求めるので難易度高め)を乗り越えてこられたのだから、彼等は本当にラッキーだ。

いつも以上に爽やかでキャッチー、それでいていつもの重厚にしてテクニカルなSPOCK'S BEARDサウンドもたっぷり堪能出来るハズレ無しの彼等の新作は、ファンならずともUS産モダン・シンフォ好きな方にマジでお薦めな一枚です。

限定盤は10曲収録で、最後にベースの Dave MerosがVoをとるサバスのカバー曲「IRON MAN」が収録されておりますので、マニアはこちらをどうぞ。
by malilion | 2015-08-31 00:31 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/24620756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 迸るパッションが暑苦しい初期... Jeff Scott Soto... >>