人気ブログランキング |

カナダのメロプロの雄SAGA 二年ぶり新譜リリース!('(゚∀゚∩


SAGA 「SAGACITY -Special Edition-」'14 c0072376_17103978.jpg
いつものパターンで暫く待って見たけれど、どうも日本盤リリースは無い(涙)いというような情報をチラ見したのでカナダのメロディアス・プログレ・ハード・バンド、SAGAの新譜(限定2枚組盤)を、ちょい遅れてを購入しました。

スタジオ・アルバム発表としては2012年の『20/20』以来となる通算22枚目のこの新作は、基本的には安心のいつもの定番SAGA路線サウンドなものの『これまでにも増して歌メロメインのインタープレイ抑え目なまったり感を強く感じるアルバムだなぁ』というのが一聴した感想ですね。

まぁ、ブックレットのメンバーの風貌を見るまでもなく、既に主要オリジナルメンバー達はかなりお年を召して(まんま、お爺ちゃんや…)おられる訳ですしキャリア40年で二桁もアルバムリリースしてる訳ですから、そうそうハードでスピーディーな溌剌としたフレッシュ・サウンドが聞こえてくるとは思っちゃいなかったものの、いつもの駆け上がる螺旋のような鋭いギターフレーズも聞こえず、お馴染みの小気味良く跳ね踊るような軽やかなkeyフレーズもなく、Michael Sadler以外のメンツがメインVoを取る楽曲や混声合唱がメインで穏やかに展開する楽曲(リードVoの印象が薄い…)などもあって、美しいメロディと爽快感あるフレーズを中心に柔和に展開する、ちょっとシンセが普遍的なロックより多目に活躍する翳りと憂いあるムーディなポップロックに落ち着いた(良く言えば成熟した)か…と、幾ばくかの物足りなさと一抹の寂しさを憶えたりして…

元々ミステリアスで魅力あるフレーズや凝った展開の楽曲を聞かせてくれるバンドだった訳だし、パワフルさで売ってたバンドでもないのでこの落ち着いたサウンドへの変化はさほど彼等の魅力を妨げる要素にはなっていないものの、意図して以前と違うアプローチを試みただろうこの新譜の楽曲群に、もう2、3曲はアップテンポのグイグイ突き進む緊張感ある楽曲があった方がアルバムに起伏が生まれるし構成が引き締まると思うんだけどなぁ…と、勝手な事を抜かしてみました(汗

限定盤にはLIVE CDが付属していて、2013年の『SWR1 Rockarena festival』より9曲の音源を収録しおりますので、ファンは迷う事なくこの限定盤をGETしましょう。
アナログLPもリリースされるとの事なので、LPにこだわりある通な方はそちらを是非!
by malilion | 2014-11-05 17:08 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/22972705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 木陰のライオン、34年ぶりに復活! 流行に流された末路…EVENT... >>