人気ブログランキング |

NAZARETH、Dan McCafferty最終参加作リリース! もうあのダミ声は聞けない!?(ツд`)


NAZARETH 「Rock‘N'Roll Telephone -Deluxe Edition-」'14 c0072376_21422423.jpg

前作「Big Dogz」'11 以来、3年ぶりとなる通算27か28枚目(編集モノやLIVEにBESTが大過ぎるw)の NAZARETH新作「Rock‘N'Roll Telephone」をGET!

1968年結成から今年で活動46年という長い長いキャリアを誇る彼等、それこそ出入りしたメンツを上げたらキリが無い訳だが、中でも印象に残っているのは 「No Jive」'91 でオリジナル・Gの Manny Charltonが脱退して代わって出戻りでBilly Rankinが加入し、結局「Boogaloo」'98 で無名の Jimmy Murrisonを迎えてようやくリードギタリストの座が安定した一件だろうか。
只でさえその時点で彼等の活動は低迷期と呼べる地味な状況だったのだが、ともかくそれでやっとバンド活動が安定したかと思った矢先、今度は1999年にオリジナルDsのDarrell Sweetが急死してしまい、結局ベースのPete Agnewの息子 Lee Agnewが新ドラムスの座に納まるという、ツイてるんだがツイてないんだか微妙な彼等(汗)だが、またしてもバンド史上最大にして最悪のメンバーチェンジが勃発してしまった。

2013年にステージ上で2回ほど倒れるというニュースをチラリと見て知っていただけに、いつかは来るんじゃないかと予想していた NAZARETHを唯一無二の存在たらしめているバンドの顔であり声であるオリジナル・シンガーの Dan McCaffertyが2013年9月、健康上の問題の為バンドを正式に脱退してしまったのだ・゚・(ノД`)ウァー!

既にバンドは後任に Linton Osbomeなる新人シンガーを迎え入れている為、Dan McCaffertyは今回のアルバムが最後のスタジオ参加作という事になるらしい……orz

うーん…余りこんな事言いたくは無いけれど、ぶっちゃけ非常にベーシックで奇をてらう訳でもない彼等の渋い渋いサウンド、Dan McCaffertyの独特なしゃがれ声がNAZARETHをその他幾多の凡庸なバンドと区別させていた最大の武器だっただけに、それを失ってしまった彼等の未来を思うと…この先余り明るい展望は予想出来ませんよねぇ…

不幸が重なったとは言え、結局NAZARETHはオリジナルメンバーの Pete Agnewだけが残るAgnew親子中心バンドになってしまった訳で、殆ど若いメンバー構成になった事から、恐らく次作ではサウンドがガラリと変化するんじゃないのかなぁ…それはそれで楽しみではあるけど…

で、そのDan McCafferty の最後の熱唱が刻まれた新譜ですが、内容はいつも通り妙な変化も売れ線への色気も窺えぬ、シンプルで渋いストレートなロックサウンドが聴けます。
強いて言えば幾分ボトムがヘヴィな鳴りで、彼等にしてはマイルドで軽やかなアコースティカル風味の多いキャッチーな楽曲(ちょっと80年代を彷彿させるポップさ)が多いかな、というくらいで、知らなければコレがDan McCafferty最終参加作と思えない、無駄な気負いが一切感じられない普段通りな作風が如何にもベテランの貫禄を感じさせ、彼等らしいと言えば彼等らしいですかね(w

今回購入した限定盤は2枚組で、ボーナスCDの方にはアルバム未収録の曲が2曲に加えライヴ音源5曲が納められていますので音源マニアの方は間違いなくこちらをGETしておきましょう。
そして今回もアナログ盤がリリースされ、そちらにも興味深いボートラが収録されるそうですので、ファンは要チェックでっせ!

なんだかんだと文句を垂れましたが、次なる新作で彼等がどんな変化をするのか今から実に興味津々なのであります(*´ω` *)
by malilion | 2014-06-16 21:38 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/22241862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 特異で唯一無二なBUCK-TI... イタリアン・メロハーバンド... >>