人気ブログランキング |

15年ぶりとなる通算4作目AMAZE ME新譜リリース('(゚∀゚∩


AMAZE ME 「Guilty As Sin」'13 c0072376_430142.jpg

スウェーデン産メロディアスHRデュオの、スタジオ作品としては実に1998年以来15年ぶりとなる通算4作目オリジナルアルバムをGET!

まぁ、元々バンドでなく全ての楽器を手がけるPeter Bromanとシンガー Conny Lindによる二人組プロジェクトだった訳だし、これだけインターバルが開いてしまっては前作「Wonderland」'98 より参加していたドラムプレイヤーの名は当然の如くこの新作では見当たりません。
ドラムマシンじゃ音が平坦になるしダイナミクスもイマイチだから、と加入させたんだろうに…結局、また元の2人組に戻ったのね…('A`)

で、久々の新作の内容はというと、以前までの彼等のアルバムは打ち込み多用の弊害も多々感じられたものの北欧らしい透明感とキャッチーなメロディの良さが実に心地よく長らく愛聴盤であったのだけれど、さすがにこの長い休止期間が影響したのか以前は感じられた溌剌した突き抜けるような爽快感が著しく減退してしまっていて非常に残念でした…

Conny Lindの歌声に衰えは見えないものの実際二人とももういいお歳な訳だし落ち着いて当然(アルバムの頭3曲の地味でイマイチな印象の曲が悪いんだよなぁ…)なんで、3rdで一時ハードネスな方向へ進んだものの、再び軌道修正してよりアダルトテイストなAOR志向のサウンドに変化した、と捉えればいいのでしょうけれど…時の経過とは無情ですねぇ…

実際アルバム中盤から後半にかけては、以前のような北欧的な透明感と爽快さバッチリのメロディアスな叙情美の感じられる楽曲が聞け、往年の洗練されたキラキラ感満載なKeyがたっぷり聞ける哀愁の北欧ハードポップサウンドを思い起こさせてくれて実に心地よいんですよね(*´ω` *)

ただアルバム全体で見ると、どうにも地味で落ち着いた印象が大きく、引っかかりが弱くて聞き流してしまいがちな耳を惹くメロやフックが少ない大人しく淡泊な作品、という感想に落ち着いてしまうんですよねぇ…('A`)

以前の作品は日本盤も発売されていたんですが、この新作での国内盤の情報は今の所聞こえてこないので、もしかしたらこの内容では発売は見送られてしまったのかも…以前の彼等のアルバムが気に入ってただけに口惜しいのですが、この4thに関してはそう決定されてもおかしくはないイマイチなアルバムだとしか…orz

まぁ、もしかしてマイナーレーベル(以前もメジャーじゃないけどさ…)からボートラ付きで極少数プレスでリリースされるかもしれないので、彼等のファンはここしばらくは新譜リリース情報をこまめにチェックしないといけませんね…
by malilion | 2014-04-01 04:26 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/21926584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 毛色の違うマイナー・イタリアン... 80年代風メロハー好きは要チェ... >>