人気ブログランキング |

再結成してからはコンスタンスに良作をリリースしてくれるSYNDONE、新作発売!('(゚∀゚∩


SYNDONE 「Odysseas」'14 c0072376_1314019.jpg

'90年代初頭にVINYL MAGICレーベルからCALLIOPEと共にデビューし、伊プログレ・リバイバルの旗手として倍速EL&Pの如き怒濤のプレイでその名を轟かせた、イタリアン・シンフォバンド SYNDONEの2年ぶりとなる5th(再結成後の3作目)をGET!

初期の暑苦しくけたたましいサウンドが嘘のように、イントロからちょっとエスニックな香りのするKeyが滑らかに朗らかな音色を奏で、非常にカラフルな彩りを予感させる予想外の幕開けに驚かされた。

続いて再結成後の定番となったストリングスやブラスが導入された重厚なサウンドをバックに、哀愁漂う艶やかでクラシカルなKeyがエレガントに舞い踊り、そこへ芝居がかったVoが絡みながら複雑な旋律を刻むオペラティックな楽曲展開が始まって一安心だ。

テクニカルでスリリングなkeyプレイをメインにしつつ、フッとアコギや弦楽器を交えたゆったりとした叙情パートが不意に現れては消える事で、一層に楽曲の強弱のコントラストが強調されたよりドラマティックさに磨きのかかった本作の音楽性は、新生3作目にして彼等がさらなる高みへと飛躍を遂げた事を如実に物語っているように思える。

リズム隊は常にゲストを迎える形態が定着しつつあるトリオバンドの彼等だが、今回はなんとデスメタルからグロプレ系まで手広(無節操?)く参加する事で知られる、あのUKZでお馴染みの超絶ドラマー Marco Minnemann(Ds)をゲストに迎えての収録になり、今まで以上にテクニカルなリズム展開が繰り広げられているのは折り紙付き。

“押し”一辺倒だった解散前と比べ、再結成後はしっかりと歌い上げられる実力派Voを据えておざなりだった歌メロにも注力し、けたたましいだけだった楽曲も“引き”の美旋律を覚えて一層に洗練された彼等、断然再結成後のモダン・シンフォサウンドの方がレベル高くてお薦めです('(゚∀゚∩
by malilion | 2014-03-17 01:26 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/21840192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 白蛇もこれくらい暴れて欲しかっ... 重厚なコーラスに痺れるぅ♪ G... >>