寒すぎる!((((((;゚Д゚))))))ガクガクブル こ、これは熱いサウンドを聞かねば!


HIBRIA 「Silent Revenge」'13 c0072376_2257043.jpg

次世代のプリースト候補として目されているブラジル産正統派パワーメタルバンドによる通算4作目のフルアルバムをかなーり遅れてGET!

まぁ、彼等は絶対に音楽性が変化とかしないだろうし、聞く前からある程度どんな音か予想ついてたんで今の今まで購入を遅らせてしました(スマン!

で、その新作ですが本作よりツイン・ギターの片割れにメンバーチェンジが勃発したのと前作よりリーダー格だったベース(やたら音数多かったんだよなぁw)が抜けた影響でか、今まで耳にする事のなかった今風の所謂モダンヘヴィネスな香りがアルバムのそこかしこで嗅ぎ取れたり、これまでより若干“引き”的な要素が感じられてアレンジ等なども初期の愚直に男臭いメタルサウンドをひたすら暑苦しくストレートに叩き出してた頃に比べて幅が広がったように感じられ、結果として歌メロのキャッチーさが増して感じられる点は大きな進歩じゃないでしょうか?

と言っても、これまでのアルバムと比べての差というだけで、他の新世代パワメタバンド群と比べると相変わらずメロディやアレンジの引き出しが少ない不器用なバンドである事には変わりない(そこがまた熱いし王道の正統派でイイんですけどね)んですけどね(汗

初期2作ほどの愚直な真っ向勝負メタルサウンドから変化はしているものの、オブセッションやインギーんとこで唄ってたM・ヴェセーラを彷彿とさせる少し粗くザラついた声質の力強いVoの熱唱は相変わらずだし、パワー全開で疾走する小細工無しなピュアメタルサウンドは、今となっては希少種なんで是非このまま頑張って欲しいバンドの一つです。
[PR]
by malilion | 2014-02-15 22:52 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/21675512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 早くも北欧メロハープロジェ... チェック不足でした、迂闊!MA... >>