人気ブログランキング |

華麗なるヴァイオリン・シンフォサウンドは健在!('(゚∀゚∩ SOLSTICE新譜!


SOLSTICE 「Prophecy」'13 c0072376_23192717.jpg

スタジオ・アルバムとしては3年ぶりとなる通算5枚目、ヴァイオリンをフィーチャーした女性ヴォーカル・UKシンフォ・バンドの新譜をGET!

このバンドはアルバム毎のインターバルが短くないので常にメンバーが変化して来た訳だが、ついに初めて(!)前作と同じメンツの6人編成によるスタジオ盤のリリースと相成った。めでたい!('(゚∀゚∩

ジャケからも窺えるコンセプト作の為か、これまでの作品より若干音の方が変化しているように感じる。
まぁ、随分と長いキャリアを誇る彼等な訳だし、そりゃいつまでもデビュー当時のYES + RENAISSANCE と言われた華麗にして叙情派な音のまんまな訳はないですよね(汗

で。一聴してすぐ気がつく変化は、相変わらず透明感と清涼感を漂わせるドラマティックなケルティック・シンフォニック・サウンドを聞かせてくれるものの、Gの音が今回はいつになく渋い泣き泣きのブルージーなトーンが前面に押し出されているという点。
これだけでもYES風味は薄れ、むしろCAMELっぽさが強く感じられるように思えますね。

その辺りの変化は、今回ボートラとして収録されている1stアルバム(84年作)のリミックス曲を聞いてみればすぐ分かってもらえるでしょう。

個人的にはこのバンドにはブルージーなテイストは求めてないので今回の変化は余り嬉しくは無いんですが、それでも従来通りの幻想的でメロディアスなシンフォサウンドは未だ健在ですので、これまでのファンの方も十分楽しめる一品なのは間違いありません。
by malilion | 2013-11-26 23:13 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/21008660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< かなーり遅れてBADHOVEN... 地味な一品ながら、次作に期待が... >>