新世代ハイブリッドHRサウンドに酔え!DEGREEDの2nd!('(゚∀゚∩


DEGREED 「We Don't Belong」'13 c0072376_18515486.jpg

北欧スウェーデンのメロディアス・ハード・バンドDEGREEDの約2年半ぶりとなる2ndアルバムを今頃GET!

1stの時にも述べましたが、彼等の楽曲は全てが非常にコンパクトで無駄が無く、まるで3分間ポップスのように呆気ないまでに歯切れ良く終わってしまうという、およそ他の北欧HR系バンドには見受けられない特徴があった訳ですが、この新作でもその点に全く変りはありません。

しかし、北欧の新人HRバンドなのにここまで徹底してインタープレイらしきものを廃してるなんて、ちょっと信じられないですね~(w
若手ミュージシャンだったら少なからず自己顕示欲があるだろうにそんなものを微塵も感じさせず、完璧に整合性の取れた冷徹ささえ感じるそのバンドサウンド形態は、まるで老獪なAOR系職人プレイヤ達が小洒落たアレンジでHR曲を演奏してるかのように感じられますから(汗

なんというかバンド全体から漂う雰囲気がHRバンドというよりAORバンドのように感じられるのは、本作の4曲目にCHICAGOのBill Champlinが参加して歌っている事だけが原因じゃないと思うんですよ。ええ。

前作と聞き比べると若干、HRテイストが弱まりよりAOR的なアーバンでポップな(US系でなく飽くまでユーロ系のウェットなポップさね)雰囲気が増したかのように聞こえますが、決してそれはマイナスに感じられません。
強いて不満を上げるなら、曲が短いって事と(w)迸る情熱の為に突っ走っちゃったHR的なバランスの悪さが無い、っていう殆ど難癖付けでしかない点ですね(w

ともかく現時点では他に比べられるバンドが余り見当たらない、非常にスタイリッシュでモダン、それでいてHR的な熱さやエッジも感じさせつつ、キャッチーなフックも満載という、多種多様なジャンルのイイトコ取りのようなバランス・サウンドを高次元で融合し無理なく再構築している点を見るまでもなく、非凡なセンスを感じさせまくる正に新世代の名に相応しいハイブリッドな未来派HRバンドの一つと言えましょう。

早くも次作が楽しみです♪ ('(゚∀゚∩
[PR]
by malilion | 2013-09-04 18:52 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/20697542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 甘々な美メロとコーラスに酔いし... 切り捨てたマイナーな音楽性が受... >>