7年経ったら音楽性もメンツも変わるよねぇ…('A`)


LIZARD 「Master & M」'13 c0072376_4222118.jpg

ポーランドのクリムゾン、と巷で騒がれてる(た?)彼等の新作5thが7年振りにリリース!

期待に胸膨らませCDを聞き始めたんだけど……あれ? なんかコレ、違くね? という残念な結果に…orz

まぁ、随分前作から間空いたし音楽性も変化するよねー、と思いつつも何か物足りないと思ったら、このバンドの前作ですごく気に入ってたエキセントリックなVlinが聞こえて来ない!?
よくよくクレジットを確認するとKey(Vlinも兼任してた)とGもメンバー・チェンジしてるんですね…あー、道理でなぁ…

で、新作はダークでまったり感を増した、いわゆる東欧風な今風の渋いモダン・サウンドに様変わりしてました。
こういう方向性になると、以前の清涼感も合わせ持ったエキセントリックで奇妙な作風ならさして気にならなかったマズイVoがかなり足を引っ張ります。
まぁ、元よりグロプレ系は巧くないVoが多いし、音楽形態的にVoが余り耳に残らないようなバンドも多々あるんですが、アルバムのコンセプトも関係してるので一概にVoだけを責められないものの、鬱で悶々と重苦しい歌メロをさして巧くないVoに怪しく歌い上げられても…ねぇ?

シンフォ風味は抑え目で、ダークにうねるBと怪しい音の壁を作るKey、そしてハードな耳障りなメタリック音を掻きむしるように刻むGサウンドが交錯するアルバムは、所謂グロプレ系お約束の華麗でカラフルなシンフォサウンドをお求めの向きにはお薦め出来ないですね。

ただ、アルバムの完成度自体は低い訳ではないし、間違いなくユーロ系でしか耳にする事の出来ない甘みが薄くモノクロに感じる独特なダーク・サウンドではあるので、暑苦しいイタリアンや北欧のリバイバル系、そして英米のスタイリッシュなサウンドに飽きたらず、新たなサウンドを求める探求者なら手を出しても裏切られる事はないでしょう。

まぁ、実際は以前の路線に戻ったと言うか、前作だけが特に彼等の作品の中で異質に明るくポップでキャッチーだった、と捉えれば元からの彼等のファンに取っては嬉しい変化なのかもしれませんね…
[PR]
by malilion | 2013-06-27 04:23 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/20422452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 現在風古典サウンド(!?)の... 全くチェックしてませんでしたorz >>