再結成第二弾!生まれ変わったMR. SO & SO!


MR. SO & SO 「Truths Lies & Half Lies」'13  c0072376_19103291.jpg

美しいジャケに惹かれる彼等の再結成第二弾作、いきなりヘヴィでダークなGリフとグルーヴィーなリズムが飛び出してきて「CD間違えたか!?」と驚かされました(w

メンツは再結成時と変り無いので、4年振りとなる新作5thで聞けるダークでソリッドなタフさの増したこの音は、その間に培われたロードでの経験や発展進行のバンドなりの成長の現れなのでしょうね。

ネオプログレやポンプ系はUK産らしい繊細で柔和と言えば聞こえはいいけど、ややもすると感傷的で軟弱なkey主体な音のバンドが多かった訳で、このバンドもご多分に漏れず初期はその系統の音でしたが、今回の再結成第二弾では完全に別のレベルへクラスチェンジする事に成功していて嬉しい限りです。

とは言っても、彼等のトレードマークである男女ツインVoによるキャッチーなサビのリフレインや美しい清涼感あるコーラスハーモニーは相変らず健在なので、これまでの彼等のファンな方もご安心を(w

前作までは聞いていて苦痛を感じる事も多々あった男性Voも成長したのか聞けるレベル(巧い訳じゃない)になり、さらに前作時に提言(w)していた通り女性Voが楽曲の半分でリードを取る体勢に移行したお陰でか楽曲の全体の完成度も上がって聞こえ、この新作は美しい英国叙情が薫るダークなシンフォニック・サウンドを心ゆくまで堪能出来る名盤となっていますので、未聴な方にも是非お薦めしたい一品です。
[PR]
by malilion | 2013-05-30 19:02 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/20294656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 唯一作を残すバンドって、実... 雑然とした古臭いアメリカンプロ... >>