まさかの復活!?QUASARアーカイヴ音源リリース!


QUASAR 「Live 1984 - 1990」'10 c0072376_04289.jpg

ポンププロジェクト等で引っ張りダコの、LandmarqやStrangers On A Trainで美声を聞かせるTracy Hitchingsがかって在籍し、80年代初頭にMarillion、IQ、Pallas、Solstice、Twelfth Night、Pendragon、Castanarc等やNWOBHM勢等と共に有象無象が入り乱れた中で英国次世代ロックムーヴメント・バンドの1バンドとして注目された、MIDIギターを操る日本人ギタリストも在籍していた事のあるジェネシス影響下のシンフォ・バンドの、84年~90年の未発表アーカイヴ・ライヴ・テープからの音源を収録した記念音源作品集。

83年と89年に2枚のアルバムのみを残した彼等だが、群雄割拠する次世代ロックムーヴメント・シーンの新バンドでは当然の如くメンバーチェンジが激しく、79年結成以来のリーダー(B)以外のメンバーは安定していない。

今回のアーカイヴ音源は予想通り音質はイマイチ(ブート並のシケシケですわ…('A`) )なものの、その頃在籍したものの残念ながらアルバムにその歌声を残さなかった女性ヴォーカリストSusan Robinson(二代目フロントマン)がリード・ヴォーカルを取る貴重音源や、90年のライヴでは若かりし頃のTracy Hitchings(三代目フロントマン)がよく伸びる美声を聞かせてくれる5曲も収録(当時からTracyは歌が巧いですわー)しているので、彼等のコアなファンには大変興味深い音源集となるだろう。

まぁ、音楽的にはB級も危ういC級シンフォになりかけな音(汗)なんで諸手をあげて誰彼にもお薦め出来る品じゃないけど、コノしょぼい薄っぺらい音がいいんだ! っていうマニア諸氏もいるにはいるでしょうからね…


QUASAR 「Live 2011」'12 c0072376_0423164.jpg

なんと20年振りに再結成し活動をスタートさせた彼等が、現在89年以来の新作(!)を制作中らしい!!

当然の如く、リーダー(B)以外のメンバーを一新して、今回新たに美声の新女性ヴォーカリストKeren Gaiser(五代目フロントマン)を迎え、以前の4人編成から5人編成になりパワー・アップしての2011年復活ライヴの模様を納めたLIVE音源をリリースしてくれた!

さすがに機材も進化したし、メンツもキャリアを積んだだけあって「Live 1984 - 1990」で聞かれるような危うく薄っぺらな演奏ではなく、英国叙情をたっぷりと含んだシンフォニック・ロック・サウンドを高音質で聴かせてくれる。

新ヴォーカリストKeren Gaiser嬢の歌声は、パワフルではないもののクリアでよく伸びる透明感ある歌声(典型的なフィメールVoに思える…)で、Tracyが聞かせたようなちょいハスキーで特徴的な舌っ足らずでコケティッシュなイメージはない。
この辺が良いか悪いかは個人的な好みになるだろう。
まぁ、現時点ではさすがに巧さでも個性でもTracyに軍配が上がるが、なんと言っても新人だしこの後の成長に期待しましょう。

Liveは89年の代表作『THE LORELI』からの曲を中心に新曲を1曲も加え、ドラマティックなサウンドを披露して十分に観客を沸かせているし、新編成ではkeyもVoを取る為、男女ツインヴォーカルとなって今までにない美しいハーモニーを来るべき新作で聞かせてくれるのを期待しよう。

しかし、どっちも自主CDR盤ってのがいただけない…ジャケもチープなカラープリントだし…
せっかくの活動再開を記念してのアーカイヴ盤ならちゃんとしたデュプリ盤で欲しかったなぁ…('A`)
[PR]
by malilion | 2013-01-24 00:44 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/19176514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ポンプの再興か!? 古くて新し... 新年早々、板起こし…('... >>