人気ブログランキング |

カバーバンドから転じて…イタリアン・ポンプの新星!


SILVER KEY 「In The Land Of Dreams」'12 c0072376_15441192.jpg

2006年にフィッシュとマリリオンのイタリア・ファンクラブで演奏を披露した初期マリリオン・カヴァーバンドから発展し、オリジナルを演奏するようになった彼等のデビュー作をGET!

初期マリリオンが出発点という事と、米国の作家H・P・ラヴクラフトの短編ホラー作『銀の鍵』からバンド名をいただいたと思しき点から伺えるように、如何にもダークでドラマティック、そしてドリーミングでヒネリの利いたポンプサウンドを聞かせてくれます。

とは言っても新世代バンドらしく旧来のポンプ勢とは流石に音の厚みが違い、のっけから如何にも今風なアップデートされた華麗にしてテクニカルなシンフォサウンドをブチかまし、少しも古くささを感じさせ無いのがポイント高いですね。

一聴して分かるフィッシュ・スタイルなVo(上手くはない…)ですが、声質が違うのと、お約束な芝居がかった語り系の歌唱法は用いず普通に歌い上げているので、安っぽいジェネシス系フォロワーやマリリオンの亜流のように聞こえない点と、この手のバンドが最初から放棄しているオリジナリティや音楽形態の焼き直しに対する新鮮味の欠如を巧みにカバーしようとしている気概のようなものが感じられます。
やっぱり新人バンドはこれくらいの意気込みじゃなくちゃね!

イタリアのバンドでありながら如何にもといったバタ臭いイタリアン・プログレの感触は少なく、お手本である80年代英国シンフォへの憧憬がありありと分かる、そんなスタイリッシュなサウンドを響かせる新人シンフォ・バンドですので、青田買い好きな方やグロプレマニアな方に是非!
by malilion | 2012-12-01 15:47 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/18941943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 原点回帰?(汗 SONATA ... 北欧メロハー期待の新星WIGE... >>