遅れてきた70年代の新人グレバンドRAYBURN 復活!


RAYBURN 「Your Mind」'12 c0072376_1762644.jpg

Jackson -Steve- Stephens (organ,moog,vo)を中心に'70年に結成され、RCA傘下Mega Recordsと契約しながらデビュー出来ず音源を発表出来なかった幻の北米プログレバンドが復活して、再デビュー作をリリース!

実際は09年に'72年に録音されていた幻の未発表音源が発掘音源としてCD化しリリースされている訳だが、まぁ今回のアルバムを正式なデビュー作と捉える事にしましょう。

で、本作ですがその未発表音源の曲を新たに再録しているからと言うわけじゃなでしょうが、まるでHMもポンプも通過していないかのような、完全に70年代British Rockに傾倒するアメリカのバンドらしからぬ繊細にしてダークでウェットなメロが弾むように踊るアンダーグラウンドな初期USグレ系“まんま”な音です(w

26人編成のオーケストラによるドラマチックで大仰過ぎるストリングスが大活躍するクラシカル・シンフォが飛び出してきて思わず仰け反ってしまう(w)くらい、あの当時のオーケストラとロックの融合を試みていた時代まんまの音で、ホント70年代フリークスには堪らないサウンドです!

「煌びやかな軟弱シンセなんぞクソ喰らえ!」とばかりに暴れまくりのグルーヴィでハードな泥臭いハモンドが変幻自在に唸りを上げるのがメチャ格好良いんだコレが♪
そもそもVoが全然シャウトせず朗々と歌い上げるだけでかなり古臭く感じられるんですが、リフを刻まず叙情的なメロをひたすら紡ぐエモーショナルなギターや初期STYXばりのゴスペルチックな重厚なVoコーラスも相まって、もうこれでもかってくらい混じりっけ無しモロ70年代の香り満載のビンテージサウンドに喜色満面ですわ♪

自主制作ながら凝った見開きジャケといい、綴じ込みブックレットといい、ホント70年代当時の"アートロック"を憧憬する創りにはそのサウンドのみならず、徹底的なこだわりを感じますねぇ♪

70年代ロックやアートロックを愛する方に、是非!
[PR]
by malilion | 2012-09-11 17:07 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/18442681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< まさか再結成第二弾リリース!B... モナコからの新たなる息吹!LO... >>