人気ブログランキング |

アバンギャルドなインストもいいけど、もっとロックな作品が聞きたかったなぁ…TREVOR RABIN新作!


TREVOR RABIN 「JACARANDA」'12 c0072376_465755.jpg

Trevor Rabinが前作『CAN’T LOOK AWAY』からは23年ぶりとなる新作をリリース!

YESの大ヒットアルバム『90125』'83 の立役者であるものの『Talk』'94 を最後にバンドを脱退し、近年では映画音楽の作曲家として日本でもお馴染みの映画『Armageddon』'98 『National Treasure』'04 をはじめ、数々の映画の音楽を手掛けて成功を収めているTrevor Rabinが、久しぶりにソロ名義のアルバムを発表したの今頃知って、慌てて購入(汗

内容の方は、前作ではTrevor RabinのVoが全面にフューチャーされたハードポップ風な作風だった訳ですが、今回は基本的にリラックスな雰囲気を漂わせるロック&フュージョン・インストルメンタル・アルバム、という趣になってます。

んが、勿論彼が眠たくなるアンニュイなインストアルバムなんか制作する訳もなく、お約束の流れるような躍動感あふれる劇的な速弾きの曲もあれば、ドブロギターが活躍したり、アコースティックGで攻める大陸的な趣のある曲などなど、バリエーションに富んだ多様な楽曲の随所で冴え渡る独特のハーモニーGが斬り込んできて(ラビン節炸裂!)ますますの多才ぶりを発揮するTrevor Rabinのソロ・アルバム以外の何モノでもない、という快作に仕上がっていますので、彼の一級品のGプレイや高いコンポーズ能力を知る人は迷わず購入しても損はありませんぜ!

まぁ、以前のようなキャッチーな歌モノを期待していた向きには少々期待外れな作品かもしれませんが、彼の独特のGトーンとマルチに楽器を奏でるその多才さと、楽曲の完成度は一聴の価値ありなのですよ。

次はもっとロックな歌モノアルバムがリリースされる事を祈りつつ、彼のますますの活躍を期待しましょう。
by malilion | 2012-08-29 04:07 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/18394038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< レトロな英国風がいい。え…? ... 非情に残念な出来…('... >>