残念です。STRANGEWAYSの新作…('A`)


STRANGEWAYS 「AGE of Reason」'11 c0072376_2284335.jpg

英国産メロディック・ロックバンドに名ヴォーカリスト Terry Brockの復帰後2作目となる8thアルバムをちょい遅れて購入。

前作も期待とは裏腹な出来だったものの、まぁリユニオン作としてはまずまずかと納得していたんですが、さすがに今回はちょっと擁護出来ないかな…

A・O・Rとタイトルの頭文字が大きく表記されてるのを見る分に彼等的には「コレはAORだし、リラックスして聞いてよ」って事なんでしょうけど、AORは大人しくて退屈な音楽って意味じゃないぜ?

基本的には前作『PERFECT WORLD』'09 と同じ方向性で、ゆったりめのシンプルで渋めなプレイとAOR寄りの耳障りのいい楽曲が、蕩々と流れていく…というか、刺激も引っかかりも弱くて、なんとも言い難いふつーのロック(?)っていうか、既にポップスというかスーパーのBGMに近いような…気が付いたらアルバムが終わってた、みたいな…うぐぐ(汗

勿論、相変らずTerry Brockの歌は抜群に巧いんですけど「この気の抜けたコーラみたいな楽曲じゃ、そんなに力む事もハイトーンを張り上げる事も無いでしょ?」と言わんばかりに力を抜いたリラックスしまくったスタイルで軽ぅーく流してる感じなんですよねぇ…

好意的に見れば味わい深いアダルト向けのAORを、ゆっくりくつろいで聞けばいい、って事なのかもしれませんが…まぁ、それなら再結成STRANGEWAYSをわざわざチョイスする必要も、そもそもこの退屈な曲をTerry Brockに歌わせる必要もないんじゃないかと思えるんですけど…

諄いようですが、どうでもいいBGMを少量の音でつらつら環境音楽みたいに流しておく分には、気を散らさない心地よい音なのかもしれませんが、それをアノSTRANGEWAYSでやらなくても…と、思ってしまうのですよ。ええ。だったらラジオでも垂れ流しときゃいいじゃん('A`)

この内容じゃ、日本盤発売も流石に無いようだし、正直次作も期待は出来ないでしょう。残念。
まぁ、本作も1回聞いたら即ラック行きのコレクターズアイテムですね。本当に彼等のカタログを全部揃えておかないと気が済まないダイハードなファンのみ手を出すべきアイテムです。
[PR]
by malilion | 2012-05-24 02:29 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/18007436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2代目プレイヤ率いるバンド、成... いわゆる幻の音源、ってヤツ?(... >>