AFTER CRYING久々の新作はサントラ………!?(´・ω・)


AFTER CRYING 「Creatura」'11 c0072376_0591354.jpg

もう2011年が終わろうかというここに来て、90年代以降のハンガリーを代表するシンフォニック・ロックバンドとなった彼等の『After Crying Show』'03 以来、8年振りとなる新作が登場!

タイトルトラックからも伺えるが、アルバム全体が「東西南北」の4つに分けられたコンセプト作らしい。
相変わらずのド迫力なオーケストレーションがのっけから炸裂して「おお、いつもの怒濤の展開が始まるのか!?」と、思わせておいて今回は急にナレーションが入ったりで、どうにもサントラチックな創りになっていて、乗るに乗れないというか…いえ、スケールの大きいシリアスな映画を見てるように浸ればいいんでしょうけどね。まぁ、そーいう聴き方以外を拒否する造りですもんね、コレ(汗

アルバムとして考えるならこの一連の切れ目無い繋がりの造りもありだと思うものの、曲ごとの印象ってのは弱くなると思うんだが…まぁ、ハナからキャチーさやポップさなんぞ求められちゃいないバンドだし、それはいいのかな…?(汗
うーん、せっかく久しぶりに大物が音源を発表してくれたんだけど、この音楽形態作は一般的なリスナーへの訴求力、悪いけどかなり低いと思います…

元々、オーケストレーション的な要素を内在させてたバンドなので、こういうコンセプト作はすんなりハマってると思うものの『EL&Pの再来か!?』みたいに注目された初期の頃のような、JAZZ+グロプレ×ロックみたいな造りのアルバムもまた聞いてみたいですね。
[PR]
by malilion | 2011-12-21 00:56 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/17227667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< カナダの変わり種・期待の新鋭... 待望のDC復帰!ROYAL H... >>