人気ブログランキング |

6年ぶりのMAN ON FIRE新作!('(゚∀゚∩ イイ!!


MAN ON FIRE 「Chrysalis」'11 c0072376_554145.jpg

カナダのプログレバンド、MAN ON FIREが6年振りに新作4thを届けてくれました! いやぁ、まだちゃんと存続してたのね。てっきり解散してしまってると思ってました(汗

元々80年代の産業ロック的なキャッチーさだったり、ニューロマンティック的なデジタリィなアレンジを効かせメロディアスなUKポップさと、知的なプログレ風味やシンフォ・アレンジを効かせる音を軽すぎず重すぎず、そして難解にならぬバランスで巧く融合させるという(SIMPLE MINDSやDURAN DURAN、そしてIT BITESやACT、或いは80年代のRUSHがMIXされたような音、と言えば少しは伝わるか?)非凡なポップセンスが光る、実に玄人好みなサウンドを鳴らしていた彼等だが、最新作ではより一層の洗練さが深まり、一聴すると小洒落たコンテンポラリーモノのようなスタイリッシュなアレンジでインテリジェントに構成されたサウンドを、男女ツインVoで交互にメインを取ったりメロディックにハモったり、ソロで歌ったりとそれだけでも楽曲がポップで華やか、その上バラエティに富んだ楽曲をコンパクトに纏めるという、有りそうでなかか出来ない高いオリジナリティと完成度を誇る傑作アルバムをまたもや届けてくれて、マジ歓喜!('(゚∀゚∩

そんな小難しい事を考えずとも、モダンなサウンドに散りばめられたリリカルでハイソなピアノ、クラシカルにしてエレガントなヴァイオリン、エキセントリックで華やかなトランペット、ウネるフレットレス・ベースにハードさを演出する泣きのギターの音々にただ耳を傾けるだけで、おもちゃ箱をひっくり返したような小気味よい楽しさとカラクリじみた刺激があって、何度繰り返し聞いても飽きない作品ですよ。

そうそう、KANSASのVlnがサポートで前2作は参加していた(ソコもセールスポイントだった)が今回はちゃんとVlnが構成員に含まれている模様、というかいつの間にかフィメールのセカンドVoやトランペット、作詞オンリーのメンバーなど含む7人組の大所帯になってますね。

まぁ、これだけのアルバムを造り上げるのには相応しいメンバー集めと時間が掛かったのも納得な出来なので、グロプレファンだけでなく80年代UKポップスなんか好きだった方にもお薦めな一品であります。
by malilion | 2011-09-24 05:05 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/16890306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 南米コスタリカからの変わり種バ... 第3のアストゥーリアス、来るっ... >>