人気ブログランキング |

祝リイシュー!PETER GEEのソロがこれで簡単に入手出来る♪('(゚∀゚∩


PETER GEE 「Heart Of David」'93 c0072376_0231865.jpg

元はSIミュージックから出ていたファースト・ソロで、長らく廃盤だったがこの度目出度くリイシューとなった模様(いやー1stはなかなかブツが出回らなくてねぇ…)
実は現在までにソロ作を5枚もリリース(全て今回リイシュー! ('(゚∀゚∩ )しているのに、目まぐるしいばかりに活動する同僚keyのClive Nolanの影に隠れてしまってか余り目立たないけど、その人脈を生かしてソロ作にはポンプの有名所を招聘し地味に(失礼!)キャリアを重ねてるペンドラゴンのベーシスト・PETER GEE氏。

基本的にずーっとソロ作はそんなパターンで制作され、しかも音楽性もベーシストのソロなのにファンクでもなくフュージョン風味もない(笑)どちらかと言うとアコーッスティカルだったりサキスフォンが活躍したりのムーディで穏やかまったり風味な曲ばかりなので、派手なインタープレイの掛け合いやら超絶技巧のソロを期待してる向きには今まで余り注目されなかったのかもしれませんが、このゆったりとしたメロを大事にする美しい音像は非シンフォ系の静かなポンプ・サウンド好きな方なら十分チェックしても損の無いアルバムばかりじゃないでしょうか?

まぁ、ちょっとこの1stソロはメインVoを担当してる方がか細いヘロヘロハイトーンを聞かせるんで、余りいい印象はないんですけどね…そのVoの問題点も続く2nd「A Vison Of Angels」'97 では解消されてるので、前回のミスに自身で気が付いたって事なんでしょうか?(汗

本家ペンドラゴンは完全にニック・バレットの乗り物なので彼の音楽的なインプットは殆ど生かされていない模様ですが、この仄かに哀愁漂う美しくも爽やかな音像は十分にペンドラゴンでプレイしてもおかしくない音楽なんですけどねぇ…最近のペンドラゴン作はイマイチメロが美しくないので、ちょっとそんな事が気になってしまいました…

続く爽やかな美メロはそのままに、ちょっとシンフォロックへ傾いた作風の3rdではJADIS人脈がサポートし、4thではスティーヴ・ソーン、ダミアン・ウィルソン(相変わらず歌めっちゃ巧いなぁ…)、スティーヴ・クリスティらが参加し、今までの地味な作風だという評価を払拭するかのように今風の派手な音造りとキャッチーなコーラスやポップな歌メロ、お洒落でモダンなアレンジで、これでもかと攻めて来て(この方向性でペンドラゴンが進んでくれたらなぁ…)驚かされましたけどね(w

いずれも小躍りするような派手な出来では無いもののグロプレファンなら納得の堅実な創りなので、終始ポンプ系やプログレ系人脈がサポートしてる事もあってそっち系のバンドメンバーの参加作をこまめにチェックしてる方や、穏やかで美しい音楽による癒しを求める方なんかにもお薦めなPETER GEEの一連のソロ作です。
by malilion | 2011-08-26 00:24 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/16771795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 27年振りの、まさかの再結成作... 久しぶりのIONAの新作!(&... >>