人気ブログランキング |

SHINING LINE…まるで豪華なデコーレートされた砂糖菓子のよう…


SHINING LINE「same」'10 c0072376_3423671.jpg

最近流行、というかメロ系ではこの手の企画モノは多いけど、これもまた注目株な、イタリア人ドラマー兼ソングライターのPierpaolo Montiが、友人ベーシストのAmos Montiと共に立ち上げたメロディック・ロック・プロジェクトのデビュー・アルバム。
プロデューサーにAlessandro Del Vecchio(Edge Of Forever、Glenn Hughes、Eden's Curse、Axe)を起用し、ミックス&マスターはMichael Voss(Casanova、Mad Max、Voices Of Rock etc.)が手掛けている。

勿論、このアルバムの売りは豪華なゲストVo達で、メロハー好きな方なら必ずどのバンドの音を耳にしたか音源を所有してるだろうと思える程、巧いVoばかりが参加してる作品です。

Erik Martensson(Eclipse)
Harry Hess(Harem Scarem)
Robin Beck
Robbie LaBlanc(Blanc Faces)
Mikael Erlandsson(Last Autumn's Dream)
Michael Shotton(Von Groove)
Michael Voss(Casanova)
Bob Harris(Axe,Edge Of Forever)
Ulrich Carlsson(Million)2代目Vo
Michael Bormann(Jaded Heart)
Alessandro Del Vecchio(Edge Of Forever)
Sue Willets(Dante Fox)
Bruno Kraler(Brunorock)
etc…

等々が名を連ねているので、各自のファンならGETしておいても損にはならないアルバムでしょう。
ただ曲は至って平凡なAOR曲ばかりで、小躍りしそうな名曲満載とはいかなかった模様……
中心人物等の無名度から考えれば仕方がないのかもしれないけど、明らかに名ヴォーカリスト達の技量で救われてる感は否めない。
心地よく流れていくAOR曲群には難癖つけるような処は無く、垂れ流しで何時間もループさせて聞くにはもってこいなアルバムでしょうけど…
あ、ハードなアレンジは皆無な完全AOR作なのでメロハー(参加してるメンツは、ほぼメロハー系なんだけどね)を求める向きには、若干退屈に感じるかも。

あと一点気になったのが、音とか曲の良さがクローズアップされるAOR作だからこそノイズとか曲のフェイドアウト等はもうちょい気を付けて欲しかった……7曲目3:30以降のサビにデカイノイズ入ってて気になったので…

まぁ、同じように豪華なメンツで第二弾が出るなら購入しちゃう、そんなAORプロジェクト作でした。
by malilion | 2010-08-22 03:43 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/14990922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< BLIND GUARDIAN…... 期待の新鋭CARAVELLUS... >>