人気ブログランキング |

うだる梅雨から一気に真夏へ。そんな時は70’sサウンドがよく似合う。(謎


BIGELF 「Closer To Doom」'96 c0072376_5185319.jpg

先頃、遂に4th「Cheat The Gallows」も日本盤でリリースされ、夢劇場の太鼓サンにプッシュされたりで、今俄然注目を集めてる70年代風ヘヴィ・グロプレHRバンド(確実にHMじゃなくHRだと思います)BIGELF(LA出身!!!の4人組)をばご紹介を。
でもメディアの取り上げ方や夢劇場のMike Portnoyのプッシュを見て、このバンドに注目された方には悪いけど、絶対一般ウケしない音だしルックスだし、ポップでもメタルでもないんで、次はかなーりの確率で日本盤でリリースされないだろうなぁ、ってバンドなんで慌てて手を出さない事を忠告しておきます(w

まぁ、彼等の音の説明として「プログレ(オルガンkey中心なんでね)+70年代HR(HEEPとかPURPLE風)+サイケ」みたいな風に宣伝されてますし、70年代風な古くさいレイドバックした音や、アノ冴えない風貌(見事にヒゲヅラw)を見て『コレは違うんじゃね?』と、素人さんでもすぐ感づくくらい手を出しにくいだろうけどね(w

しかし、過去作も含めて全カタログ日本盤リリースは喜ばしいには喜ばしいんですけど、今回の3度目のリイシューで実は買い直しも3度目なんですよぉ…(´Д⊂
HR&HM系では全然だったでしょうし、当然の如くメロディアス系やメジャー系にも引っかからないこのファーストEP、グロプレ系ではデビューと同時にメロトロン使ってる事もあって注目され、その筋で紹介されてましたので、当然の如くオリジナル盤を購入してた訳ですよね…ハァ…
んで、北欧で一度リイシューされてその時にボートラが収録されてたんで、当然のように買い直してまて…『こんなドマイナーな非ポップなグロプレバンド日本盤リリースなんて無い無い』と、高をくくってたのが裏目に出てしまいました…(つд`)

1曲くらいの追加だったりしたら別に買い直さなくてもいいか、とか思ってるこっちの思惑を嘲笑うように大量のボートラが3作どれにもがっつり追加されてて……完全に読まれてるなぁ…orz

まぁ、HEEP風のオルガンや、重くウネル邪悪な重低音とか、PURPLEやSABBATHっぽい70年代風の疾走曲とか好きな方なら、間違いなく購入して損は無い、唯一にして孤高の音楽性と個性的な強烈なバンドなんで、こうして何度も購入し直してるわけなんですけどね。

あ、ビートルズとかフロイドの影響も伺えるとかタタキ文句でありますし、クィーンまで宣伝文句に名を連ねてますけど、殆どそんな音は聞こえてこないんでダマされないように(w

まぁ、USAバンドなんだけど完全に音はUKですから、その点を差してるのかも……とか、無理矢理好意的に理解出来なくもない、かも…?
ぶっちゃけボーカルは巧くありません。ヴォーカルメロ(裏声バックコーラスとか)もポップでもキャッチーでもありませんから。そのヘンは期待しないように。

しかし、今回のこのバンドの学割価格という企画はおもろいですね。
学生証を提示すれば2,700円を特別価格1,700円で購入することが可能とか、かなり思い切った販売戦略(羨ましい!)ですけど、今のCD購入しなくなった若者にどれだけ訴求するのか、ちょっと不安ではありますな…


MIDDLE AGING「THE CALL」'03c0072376_5191660.jpg

暑くて暑くてグダー、っとしてCDラックを漁ってたらボロリとこの爽やかそうなジャケが目にとまったので今頃、コレをまた聞いております。

'99年に結成されたイタリアのトラッド・フォーク系グループで1stに当たる03年デビュー作。
この前に自主制作の「Kingdom of desire」なるデモCD-Rをリリースしてまして、そのデモと収録曲は殆ど同じで、デモから1曲カットし、今回の1stアルバムには3曲の新曲を追加して曲順を変更してリリースし直した作です。
デモの音はヘロヘロな演奏に酷い録音状態(音飛びやらノイズやら)だったものの、朴訥なメロと繊細でリリカルな音が耳を惹いたのを覚えてまして、この1stを購入したわけですが、その辺りの問題はさすがに修正されてました(w

ブラックモアズナイトが好きなら気に入るんじゃないかという音で、フィメールVoメインの男声がコーラスだったり交互にVo取り合ったりの、バロック風古典サウンドをクラシカルかつ繊細(美しい音色のフルートがナイス!)に奏でております。
デモではヘロってた女Voも、本作ではドリーミィーで憂いのある艶やかな歌声でまったりと森の奥へ誘うかのように、囁くように唄っておりまして、ダルい夏の夜にこのアルバム鳴らしながらならぐっすり眠れるんじゃないかと(w

残念ながらその後の音沙汰が無いので、恐らくバンドは既に存在してないんじゃないでしょうか。
まぁ、この系統のバンドは他にも腐る程居ますし、めちゃ個性的って訳でもないんで、その筋が好きな方ならGETしておいても損はない、という程度じゃないでしょうか。
by malilion | 2010-07-18 05:19 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/14791820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< どうしてコレが日本発売されない... すごい大雨!いつから日本は熱帯... >>