人気ブログランキング |

ネヴァネヴァ、トゥゴーホームゥ! って、あの声で叫んで欲しい♪


ASTRAL DOORS 「Requiem Of Time」'10c0072376_2051359.jpg

ちょっと遅れたけど、ロニー・ディオの後継者と目され、“徹底的にムサ苦しく、コテコテに暑苦しい、コレでもかってくらい男臭く力み過ぎに熱唱するDIO”風(笑)で、お馴染みのニルス・パトリック・ヨハンソン率いるスウェディッシュ・正統派HRバンドの5thアルバムを今ごろGET!

その音楽性には相変わらず微塵もブレは無く、未だにパープル系のメロハー熱が冷める事無いお国柄の北欧らしい、今回もがっつりDEEP PURPLE、BLACK SABBATH、RAINBOW、DIO、という古典的HRバンドの音を継承した、スウェーデンらしいウエット感満載の情緒溢れる熱い正統派様式美メロディアスHRに仕上がっていて一安心。

しかし、ホントに2010年のバンドの新譜なのかと疑いたくなるような、ひたすらレトロで暑苦しい、なんのギミックも無い真っ向勝負な骨太HRを何の衒いもなく演奏しております。もうちょい北欧らしいネオクラ風味があってもいいのになぁ(w

今回、特にKeyの古臭いハモンドがアルバム全編で大活躍しており、その傾向が顕著ですね。
懐古主義じゃないけど、あの頃の古き良き時代の正統派70’HRが好きな方なら大喜びで飛びつき虜になるだろうには充分過ぎるほどの要素満載な音ですなぁ、ええホントに(w

勿論、どこかのライオンさんをジャケに登場させてたバンドみたいに(汗)丸パクってわけじゃなく、その音は確実に今風へアップデートされていて、70年代HRよりいくらかヘビィでメタリック、そして曲調がちょっと早目(スラッシュ要素は皆無)で疾走感満載、という早さだけのスピードや過度なギミックやトリッキーなテクに頼らず、あくまでも曲の本質で勝負している所なんかも特筆すべき点でしょう。

特別なオリジナリティや分かりやすいキャラを売り出してる訳ではないが、奏っている楽曲のレベルはかなり高いし、このバンドが今現在進行形な新世代バンドとして、古典的な音を"今”奏でている意味が十分にあるんじゃないでしょうか。

その上、コンスタントにリリースされるアルバムの全曲に渡って激しい出来の差は無く(逆を言うと、コレ!というキラーソングは無い…)総じてクオリティの高い楽曲を提供してくれている、という点を見るだけでも、現在活動してる古典風HRバンドの中ではかなり貴重で、上質な部類として数えられるのは間違いないでしょう

只、問題が無いわけでもない。

ディオも真っ青な熱い熱い超絶ボーカル、正統派メタル風な力強く骨太なリフ、キャッチーな歌メロが特徴的なメロディックハードロック、ベタなツインギター、と字面だけ見ると人気が出ないわけがないのに、astral doorsの人気と認知度は内外でもイマイチなんですよね。

やはり全体的な音の印象が相変わらずの、売れ行きイマイチだった頃な後期BLACK SABBATH路線なのが悪いのか、パワフル過ぎるVoは飛び抜けている一級品レベルなのに、バックの演奏(Gリフがツマラナイ事多し)が歌に比べて圧倒的に地味に聞こえてしまうのが悪いのか、古典HR好きでもない今の若いロックファンには刺激的でもない、AC/DCのように「マンネリ」な古くさい音、と捉えられやすいのが原因なのか……

ミッドテンポの楽曲が多目で、それゆえアルバムが地味に聞こえ、オマケにそのミッドテンポの曲がどうにもイマイチだったり、本来なら正統派HRを引っ張るべきギターがリフ・ソロ共にゾクゾクするようなスリリングさと華やかさとが足りかったり、相変わらずリズム隊が一本調子でヒネリ等の工夫がなかったりと、そろそろ5作目なのに、この手の明らかすぎる問題が未だに未解決なのが悪いのか…

まぁ、この深刻な問題がホイホイと解決出来る訳もないんですけど。ホントに解決出来たらマジでastral doorsは古典HRの大先輩と同格に成れちゃうんでしょうしね(w


とはいえ、数少ない70年代王道HR愛好家にはたまらないセンスを持っているバンドなので、これからもこのスタンスを崩すことなく、コンスタントに良いアルバムを生み出し、頑張って欲しいものです。


因みに日本盤にはボートラ2曲と輸入盤より収録曲は多いものの、外盤の方が明らかにジャケットがカッコイイです。日本盤はなんかCULTのジャケみたいなんだもん(wc0072376_20513280.jpg
これじゃ、バンドの音楽性が伝わらないよなぁ……古くさいし、定番かもしれんけど、騎士とか魔術師とかジャケに登場させとけばよかったんじゃないんですかねぇ…
by malilion | 2010-03-16 20:51 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/13961112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 待ち人来る。しかし……orz 蝶々がバンドシンボルというのが... >>