猿兄弟の新譜が早くも登場!!('(゚∀゚∩

Frost*「Frost Fest」'09c0072376_12425963.jpg

Frost*のWEBオンリー販売だった1000枚限定発売のライブアルバムを、ちょっと遅れて今頃GET!(w

フィラデルフィアで収録したライブ盤のようですけど、聴くまでもなく演奏等は文句なし素晴らしい。
この後ベースが抜けちゃって、再結成したばっかりなのにリズム隊がごっそり入れ替わっちゃった彼等ですけど、そんな影響まったく感じさせない「本当にコレがライブなの?」って感じな仕上がりにただ、ただ唖然(w やっぱり一級のグレ系プレイヤ達の演奏力はハンパないねぇ。
内容は09年5月2日のRoSFestでのライヴを7曲(内、アルバム未収録曲を2曲LIVEで)と、アルバム未収録のスタジオ録音1曲を収録した全8曲入りのミニ・ライブアルバムです。

グレ系というカテゴライズが信じられないくらい極めてメロディックで爽快なサウンドで、プログレ・メタルっぽい部分もありので、各メンバーのソロ・パートを織り込んだ緻密なアレンジとダイナミックな音が心地よい。
アルバム未収録曲はノリノリでストレートなロックチューンで、ちょっとこのバンドには意外かも。

勿論、他の普通のバンドが演ってる“ストレート”な、じゃないんで、色々なトコに仕掛けが施されてるけど、それでもかなり分かりやすいフツーなチューンですな。意外にもコレはコレでイケるんで、彼等のファンなら当然押さえておいて損のないアイテムですね。


BROTHER APE「Turbulence」'09c0072376_12431817.jpg

しょっぱなから今までの音像をガラリと変えて来た事が分かる、北欧期待の新世代グレバンド、BROTHER APEの4枚目の新譜が早くも登場!!

一聴するとどこか冷たくさめたジャズかフュージョンのように聞こえるこの新作のモダン・サウンドなアプローチに驚かされるが、旧来のファンの方もご安心あれ。
メタリックでダークな、テクニカルにうねるヘビィさやトライバルな音階や凝ったリズムなどはそのままに、ググッと所謂プログレ系と言われてイメージする音から離れ、ドラムンベース等の打ち込みリズムを前面に押し出して現代音楽へ急接近した新しい彼等の方向性が示された傑作ですよ、今回も。

個人的には前作までのKANSAS系のプログレハードな音に北欧系の繊細なシンフォ感覚を加味した、ヴォーカル主体の現代風のメロディアスロック、という方向性が大好物だったわけだけど、今回のような幻想的な浮遊感漂うヴォーカルメロやリリカルなアコギをまぶしたアンビエント系な味付けの音もなかなかイケてるので、コレはコレでアリかと。

まぁ、そういうわけでポップさはかなり弱まったけれど、それでも他のグレ系バンドに比べりゃまだまだ歌モノっぽいトコがメチャ多いんで、次にどういう方向へ彼等が突き進むのか今から楽しみなのであります。
[PR]
by malilion | 2009-10-31 12:47 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/12798681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 枯れた味わいもなかなか…… デジタルリマスターって、なにさ... >>