人気ブログランキング |

おいィ? 春先からオレの喜び有頂天なんだが?


It Bites 「THE TALL SHIPS」'08c0072376_2275872.jpg

BAD HABIT、IT BITES、THE WISHING TREE、とまさかの再結成作が続いて狂喜乱舞! な、春先です。

前々から再結成が何かと画策されてた事が伺えるネオ・プログレの旗手と当時売り出されてた彼等の、まさかの20年ぶりな再結成作の登場ですよ!

以前にもちゃんとオリジナルメンバーでの再結成が一度試みられたようですが、何が不満だったのか中心人物のF・Danneryが一抜けた、して脆くも崩れ去ってしまったオリジナル再結成ですが、案の定「だったらダナリー抜きでいいよ!」な、再結成が成された訳ですね。

中心人物を欠いての再結成というと、嫌な予感しかしませんが彼等の場合は違った! ファンの期待を裏切らない逸品に仕上がってます! そこが大変喜ばしい!

無駄に曲を長くせず、不必要にパートを付け足さず、やたらテクをひけらかさず、さり気なく変拍子を入れたり、お馴染みな美麗コーラスとか、ポップなのに実は裏でかなり難しいことやってる、あのファン待望なIT BITESそのものなのが嬉しい!
そのクセ音はしっかり最近の音になってて全く懐古主義じゃないのがまた憎いのですよねぇ~~

ポップでカラフルな音の万華鏡とでもいう、全くもって驚く程素晴らしいこの新作。
高度なテクニックに裏打ちされたグレ感覚で名高い評価に恥じぬ、グレ系のみならずポップ系好きな方にもマジお薦めです!

ぶっちゃけ、過去作より今回の新作の方が好きかも(w こんな事言うと往年のファンに怒られるかもしれないけど(汗

音楽性の方向が同じようなASIAも再結成したけれど、新作の内容は往年を凌ぐ、とまでいかなかった今、彼等がそれを成してくれたのがたまらなく嬉しいのです。

新たに加入したヴォーカル&ギターのジョン・ミッチェル(KINOとかに参加してるんで、悪いわけない!)の個性を生かしつつ、キャッチーでポップでダンサンブルで、でもドコかヘンテコな独特なあの楽曲の完成度の高さと、鉄壁のアンサンブル、という唯一無二のIt Bitesの世界が繰り広げられて満面の笑みがこぼれますよ、ええ、ホント。

でも古いグレ観で凝り固まってるリグレッシブな人達には、なかなか彼らの音は受け入れられないようなのが哀しいのですよね。以前も、そうだったし…今度こそ、と願いたいですね。


THE WISHING TREE「OSTARA」'09c0072376_2283317.jpg

続いては、かれこれ12年以上前に1stがリリースされて、その後すぐにVoでありバンドの顔的な存在の美麗な巨乳歌姫ハンナ・ストバート(当時、学生だったはずなのに!)がバンドのDs(ex:ENCHANT)と結婚しちゃって、即ポシャってしまった、あのMARILLIONのスティーブ・ロザリーが中心になって組まれたプロジェクトバンドTHE WISHING TREEの復活作です!
前置き長いよ(w

幽玄で耽美なケルティックポップというか、英国トラッドな香りも仄かに漂うしっとり落ち着いたフォーキーなアンサンブルをバックに、ちょっと甘ったるく舌っ足らずな感じのハンナの独特の美声(年月による衰えは感じない!)が乗っかるスタイルに変り無しの新作は、前作を気に入ってる方なら間違いなく気に入る作品です。

グレとかメタルとか聞いて疲れた時に、一服の清涼剤になる、そんなアルバムですね。
by malilion | 2009-04-08 02:29 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/11278404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 待ち人来る……けど… 帰ってきた高速の男! >>