人気ブログランキング |

美メロに酔え! 意外な伏兵来る!('(゜∀゜∩


KARMAKANIC 「Who's The Boss In The Factory」'08c0072376_13412833.jpg

ご存じフラキン、カイパのベーシストで最近は有名な(実は参加作がハンパない器用貧乏さん!?)JONAS REINGOLDのシンフォバンドの新作が思いがけず早くに登場! あ、コレ3枚目ね。

んで、内容はというと……メチャ化けました!(w

前作で軌道修正というか、かなり聞きやすく耳に残るメロな方向へシフトしだしていた彼等なので、その次が(あるなら!)どのような路線へ進むのか注目してわけですが、結果大化け!(*‘ω‘ *)

元々、The Flower Kings絡みで紹介されたバンドだっただけに、ここまでのオサレ感バリバリなポピュラー系へのシフトは前記のバンドの絡みから聞き始めた所謂グロプレ系好きな方にはイマイチになるかもしれない新作ですけど、個人的には大喝采です!

いやぁ、聞きやすくて耳に残るメロディって方がテクひけらかすような曲よりよっぽど作るのが困難だと思うんで、さすが老獪のテクニシャン揃いは一味違うなぁ~、と感心しきり。

まぁ、もっとも1作目はメロのつまんない、いわゆるグレ好き向けのテクばっか系な作品だったんだけどね(汗

とはいえ、元々JAZZやフュージョン寄りな音だったわけだから、それが洗礼されてメロに磨きが掛かりポピュラリティを上げれば簡単にこの方向を示せたんだとは思うけど、やはり元がテクぃ集団だけに、そーいういわゆるフツーのロック系へ近づくのが難しかったのかしらん?(w

今回は豪華なゲスト(非ロック系)を迎えている事も幸いしてか、より一層にオサレ感漂うまるでAORテイストの、ポップで美しいメロあり曲が多くて一気に聞けてしまうアルバムなので『グレ系っていうと、難解でダラダラ曲が長くてノリの悪い、何か訳わかんないアンキャッチーなアレでしょ?』って思ってる方にこそ、このお洒落なフュージョン寄りの軽めな音をお薦めしたいデスね。

あ、勿論メリケン人が演ってるような脳天気なポップさじゃない幽玄なメロもそこかしこに優雅に漂ってるんで、元からのファンの方もご安心を。
by malilion | 2008-11-14 13:42 | 音楽 | Trackback
トラックバックURL : https://malilion.exblog.jp/tb/10133234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 期待はずれ…(’A`)  年末は新作リリースラッシュで財... >>